本物の実力が身につく!「ヘウレーカ」の指導をわかりやすく解説

本物の実力が身につく!「ヘウレーカ」の指導をわかりやすく解説
対象学年 中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 個人塾
JR飯田橋駅から徒歩3分のところに校舎を構える「ヘウレーカ」は、難関大学受験を目指している中学生・高校生を対象にした進学塾です。

「本物の実力」を身につけさせることで難関校合格に導いてきたヘウレーカの指導は、他塾と一体何が異なるのでしょうか?

今回はヘウレーカの特徴、教育方針、合格実績などを中心に確認しながら、その強さの秘訣を分析していきたいと思います。

ヘウレーカの特徴

ヘウレーカは、なぜ本物の実力を身につけさせられるのか?まずは、特徴から確認していきましょう。

ヘウレーカ3つのポイント
  1. 成長し続けるメカニズム
  2. 生徒に合わせた個別設計指導
  3. 戦略的な大学別対策

成長し続けるメカニズム

ヘウレーカでは、目標設定の方法や目標達成のプロセスが成長し続けるメカニズムとなっています。

年間計画に基づいて、生徒は自ら毎授業の目的や目標を定め、授業後に成果や課題を把握します。その成果の要因や課題の原因について分析し、次回授業までの宿題を自ら計画します。講師は生徒の計画やプロセスについてアドバイスを行うのみで、基本的には生徒自身がこのサイクルを回します。

ヘウレーカでの学習を通して、勉強が長続きしない生徒でも学習習慣を定着させられるでしょう。

生徒に合わせた個別設計指導

「学校と塾で学んでいる内容が異なる」という経験をしたことがありませんか?学ぶ内容が分散しすぎると、深い学びにはなかなかつながりにくいと言われています。

そこでヘウレーカは、なるべく生徒が通っている学校の学習進度に合わせた授業運営を行っています。学校で使用されているカリキュラムを最大限に活用し、分野ごとにさらに深掘りを進めていくスタイルで、質の高い定着学習を実現しています。

学校の勉強をしっかりやることも大切ですが、ヘウレーカで学ぶことで更にその質を高められるでしょう。

戦略的な大学別対策

大学ごとに出題傾向は異なるため、入試本番に近づけば近づくほど大学別の対策が重要になってきます。

大学ごとに専用コースを設けている塾も数多くありますが、ヘウレーカは生徒の自主性を最大限に重んじながら大学別対策を行っています。具体的には、各大学や各学部の出題傾向を確認しながら、生徒が自ら対策プランを設計し、講師はその設計のサポートを行います。

受験対策においても生徒が戦略的に計画を立てられるように支援しているヘウレーカは、まさに生徒の自立力を伸ばせる塾であると言えます。

ヘウレーカの教育方針

ヘウレーカは「受験をプロジェクトとしてとらえる」という教育方針を掲げています。

受験対策を行っている塾の多くは、難しい問題の解き方や得点力アップに有効なテクニックだけを教えているそうです。しかし、ヘウレーカは”今”だけでなく”将来”も使える計画力や学習力を伸ばすことに重きを置いています。

まさに受験を「一大ライフイベント」ではなく、「一つのプロジェクト」としてとらえているからこそ成せる技と言えるでしょう。

へウレーカの合格実績

ここまでヘウレーカの強さの秘訣について紹介してきましたが、実際どれほどの合格者を輩出しているのでしょうか?2018年の大学受験の合格実績を確認してみましょう。

2018年|ヘウレーカ 大学受験の合格実績

学校名合格者数
京都大1名
早稲田大3名
東京理科大2名
埼玉大1名
法政大1名
立教大1名
東洋大1名
福島県立医科大1名

学校名合格者数
昭和大2名
東京医科大2名
日本大1名
東京女子医科大2名
杏林大2名
星薬科大1名
北里大1名
日本医科大1名

へウレーカのコース

残念ながら、ヘウレーカはコースについて詳しく公表しておりません。

ただし、志望大学が「医学部系列か」「それ以外の学部か」でカリキュラムが変化するそうです。

詳細を知りたい方は、教室までお問い合わせください。

へウレーカの料金

それではここから、ヘウレーカの料金設定について確認していきましょう。ヘウレーカでは、授業頻度によって受講料が異なります。

※1回の授業は180分になります。

授業頻度月謝(税抜き)
週1回40,000円
週2回80,000円

へウレーカの分析結果のまとめ

ヘウレーカは、なぜ本物の実力を身につけさせられるのか?今回は特徴、教育方針、合格実績などから分析を行ってきました。

結論、「難関校合格という目先の結果だけではなく、将来も使える能力の向上に取り組んでいるから」だと分かりました。

自ら計画を立てて実行したり、自ら設定した目標を達成できるように試行錯誤したりすることで、結果として合格以上の成果を得られるでしょう。

カテゴリから記事を探す