ErduorenのAI共創アートプログラムで子どもの創造力を育む

ABOUT US
スタスタ研究部
スタディスタジオ株式会社の研究部です。 最新の教育情報やテクノロジー情報、生成AI情報を調査・研究しています。

こんにちは!スタスタ研究部です。 本日はこちらのニュースを論説したいと思います! Unleashing Creativity: Art Education Fuels Children’s Independent Thought, Innovation | Realpreneur Tales

中国の「Erduoren(エルドゥオレン)」が、AI技術を活用した新しいアート教育プログラムを導入しました。創設者のTian Taiquanさんは、子どもたちが自分で考え、新しいものを生み出す力を育むことを目指しています。伝統的なアート技術とAIを組み合わせた教育アプローチが特徴で、オンラインデジタル絵画クラスも提供されています。Erduorenは、国際的にも注目されており、子どもたちの創造性を広げる場として成長しています。

AIとアート教育の融合

中国では、AI(人工知能)を使った、子どものための新しいアート教育が始まっているんだって!

AIって聞くと、なんだか難しそうに聞こえるかもしれないけど、これからの未来では、AIを使いこなせるようになることが、とっても大事になるって言われているよ。

そんな中、中国で生まれた「Erduoren(エルドゥオレン)」という子ども向けアート教室が、AI技術を導入した新しいアート教育プログラムを開発して、注目を集めているんだ。

AIとアート教育の新しい潮流

Erduorenの創設者は、現代中国美術のアーティストであるTian Taiquan(ティエン・タイクアン)さん。

Tianさんは、子どもたちがアートを通して、ただ絵を描くだけじゃなくて、自分で考えたり、新しいものを生み出す力を育むことを目標にしているんだって。

そして、そのためにAI技術が役立つとTianさんは考えているんだ。

ErduorenのAI共創アートプログラム

Erduorenが2023年に導入した「AI共創アートプログラム」は、AIを使って子どもたちの創造性をさらに広げようというもの。

具体的にどんなことをするの?って思うよね。

実は、詳しい内容はまだ発表されていないんだ。

でも、AIを使って、子どもたちが今までに見たこともないような新しいアート作品を作ったり、想像力をもっともっと広げられるようになるプログラムかもしれないね!

Erduorenの教育アプローチ

Erduorenのアート教育は、AIだけを使っているわけじゃないよ。

伝統的なアートの技術とAI技術の両方を組み合わせているところが、Erduorenの特徴なんだ。

伝統技術とAIの融合

Tianさんは、「AIが子どもたちよりも賢くなるのではなく、AIを効果的に使う子どもたちが賢くなる」と考えているんだ。

だから、Erduorenでは、絵を描くための基礎的な技術を学ぶことはもちろん、AIを使ってどんなことができるのか、どうすればもっと面白い作品を作れるのかを、子どもたちに考えさせているんだ。

多様な活動と個人表現の重視

Erduorenでは、子どもたちが先生と同じ絵を描くだけじゃなくて、いろんな方法でアートに触れられるように工夫しているよ。

例えば、

  • いろんな素材を組み合わせるコラージュ
  • 工作
  • 有名なアート作品を鑑賞する

など、年齢や発達段階に合わせたプログラムが用意されているんだ。

これは、日本やドイツなど、世界中で取り入れられているアート教育の方法なんだって。

Erduorenも、子どもたち一人ひとりの個性を大切にして、自由に表現できるような環境を作っているんだ。

オンラインデジタル絵画クラスの導入

Erduorenは、教室でアートを学ぶだけじゃなく、オンラインでデジタル絵画を学べるクラスも開講しているんだ。

このクラスは、10歳くらいの子どもたちを対象にしていて、

  • 伝統的な絵画
  • デジタルアート
  • AIを使った創作活動

の3つの要素を組み合わせた内容になっているんだって。

それぞれのクラスは、

  • アートへの興味や関心を高める「アート啓蒙」
  • 表現方法や技術を学ぶ「変革的テクニック」
  • 自由に発想する「創造的表現」

の3つのパートに分かれていて、子どもたちは、楽しくアートを学べるようになっているんだ。

Erduorenの成長と影響

Erduorenは、2011年にたった12人の生徒から始まった小さな教室だったけど、今では大きく成長して、重慶市に2つのキャンパスを持つ大きな教育機関になったんだ。

Erduorenの歴史と成長

Tianさんは、もともと四川美術学院の卒業生で、美術教師として働いていたんだ。

そんなTianさんが、Erduorenを設立したきっかけは、息子さんのアート教育だったんだって。

Tianさんは、従来の子ども向けアート教室では、息子さんの創造性を十分に伸ばせないと感じて、自分でアート教室を立ち上げることにしたんだ。

そして、Tianさんの指導の下で、息子さんは素晴らしいアート作品を作り出し、オンラインでたくさんの人に評価されたんだ。

この経験から、Tianさんは、もっとたくさんの子どもたちに、同じような成長の機会を提供したいと考えるようになり、Erduorenを設立したんだって。

国際的な影響とオンラインコース

Erduorenの評判は、中国国内だけにとどまらず、オーストラリアや日本にも広がっていて、Erduorenで学びたいと考える家族が、わざわざ海外からやってくるほどなんだ。

また、Erduorenは、オンラインコースも提供しているので、世界中のどこからでも、Erduorenの授業を受けることができるんだ。

さらに、Erduorenは、子どもたちの作品を、

  • 地元の会場
  • 文化公園
  • 商業地区
  • 国際的な美術館

などで展示する機会も提供しているんだって。

子どもたちにとっては、自分の作品をたくさんの人に見てもらえる、素晴らしい機会だよね!

さらに、Erduorenは、子どもたちのデザインを商品化することもしているんだ。

例えば、子どもたちがデザインした絵が、ワインのラベルになったこともあるんだって!

親向けの教育プログラム

Erduorenは、子どもたちだけでなく、保護者向けの教育プログラムも提供しているんだ。

例えば、アートツアーや展覧会を通して、保護者がアートについて理解を深められるようにサポートしているんだって。

Tianさんは、「社会が進化するにつれて、私たちはより創造的で、自立した思考を持つ人を必要としています。アート教育は、多様で多面的であるべきであり、幅広い芸術形態を受け入れるべきです」と述べているよ。

Tianさんは、Erduorenが、次世代の子どもたちが自分の芸術的な可能性を発見し、発展させるための道を切り開くことを願っているんだ。

小学生必見

オンライン塾徹底比較

中学生必見

オンライン塾徹底比較

高校生必見

オンライン塾徹底比較

忘れないうちにシェア

  当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。