司法試験に強い!司法・行政書士を目指すなら「伊藤塾」を選ぶべき理由

司法試験に強い!司法・行政書士を目指すなら「伊藤塾」を選ぶべき理由
対象学年 大学1~4年生、社会人
授業形態 集団指導塾、オンライン授業
塾タイプ 資格受験
塾の規模 大手塾
東京、神奈川、京都、大阪に校舎を構える伊藤塾は、司法試験合格者数No.1を誇る法律学習に特化した学習塾です。

「真の法律家、行政官を育成する」ことをモットーに掲げる伊藤塾は、他の学習塾と何が異なるのか。

今回は、特徴、教育方針、合格実績などから伊藤塾の強さを分析したいと思います。

伊藤塾の特徴

まず伊藤塾が法律学習に向いている理由を分析するために、特徴から確認してみましょう。

伊藤塾3つのポイント
  1. 独自メソッドを徹底した授業
  2. 生徒への手厚いサポート
  3. 幅広い法律学習に対応

独自メソッドを徹底した授業

毎年多くの合格者を輩出している伊藤塾では、塾独自の指導法である「伊藤メソッド」を用いて生徒を指導しています。そしてこのメソッドには、大きく分けて以下の3つのポイントがあります。

  • 盤石な基礎を形成
    法律家・行政官を目指すには、膨大な知識を基礎として身につけなくてはなりません。そしてこの基礎は、応用力や思考力を身につけるうえで欠かせないものです。しかし大量の情報を暗記するとき、バラバラに記憶してしまうと基礎が安定せず、いざというときに使えない知識となってしまいます。そこで、伊藤塾ではインプットとアウトプットのバランスを大切にしています。まず知識を覚えるときには、それぞれを関連付けてインプットします。次に演習を通じて学んだ内容をアウトプットし、そしてまた新たな知識をインプットします。これを繰り返すことで、生徒は体系的に学習できるため、法律学習の基礎を着実に身につけられます。
  • 未知の問題への対応力を養う
    試験に出てくる問題には、必ず初見のものがあります。この時求められるのは、未知の問題への対応力です。この力を身につけるためには、日々自分の頭を使って考える訓練が必要です。そこで伊藤塾では、複数のものごとを関連付けたり、共通点と相違点を考えたりするような思考力を鍛える練習をカリキュラムに取り入れています。生徒たちはこれらの訓練を通じて、答えを生み出すための頭の使い方を習得するのです。このように伊藤塾では、試験でも実務でも役立つ未知のことへの対処能力を身につけられる機会を多く提供しています。
  • 自分の言葉で表現する力を養う
    試験に合格した後の実務において大切なのは、相手の立場を考え、論理的に他者を納得させて信頼を得ることです。これはどの職業でも重要ですが、特に法律を扱う法律家・行政官にとっては、その専門的な知識を他者にどれだけ説得力をもって伝えられるか、がカギです。そのため伊藤塾ではこの力を、講義の演習や合格後の取り組みを通じて確実に習得し、将来活かせるようにするのです。

この3つを柱に持つ「伊藤メソッド」を底した授業が、多くの法律家を輩出できる秘訣の一つと言えるでしょう。

生徒への手厚いサポート

資格受験を目指す生徒にとって一番大きな障害となるのは、モチベーションの低下です。モチベーションは一度下がってしまうと再び上げることが難しく、結果として諦めてしまうこともあります。

そこで伊藤塾では、生徒のモチベーションを高く維持するために、生徒のフォロー体制・サポート体制を充実させています。以下はその一部です。

  • 24時間対応の個別質問制度
  • 講師・合格者とのカウンセリング制度
  • 自習室の開放
  • 講義の録音🉑
  • 振替受講🉑

また伊藤塾ならではフォロー体制として、生徒の合格後を見据えたサポートも挙げられます。

その代表的な例が、「スタディーツアー」です。
これは、法律と人権を実際に自分の目で見て体感し、学習するために、伊藤塾が毎年行っているイベントです。

国内外へとフィールドトリップに行き、現地の司法関係者の生の声を聴いたり、日本社会においての法律家の役目を考えたりします。この結果、法律家を目指す理由を再確認できるだけではなく、合格後どのような法律家になりたいのか、具体的な将来像を思い浮かべる貴重な機会にもなるのです。

将来の夢に向かって資格勉強に励む生徒のモチベーションを高く保つために、合格後まで考えた万全なサポートをすることが、伊藤塾から社会で活躍する多くの実務家が輩出される理由だと言えます。

幅広い法律学習に対応

「法律学習」と聞くと、「弁護士や検察官を目指す方達に必要なもの」というイメージを持つかもしれません。しかし実際には、学習目的によって様々な種類があります。

伊藤塾では、司法試験や行政書士試験対策以外にも、生徒の目的に応じた法律学習を提供しています。

例えば、公務員試験を突破するために、公務員試験に関わる部分の法律学習をする生徒や、アメリカで働くために、アメリカ法を学びたい生徒など、実務に生かすための法律学習を行う生徒にも幅広く対応しています。

また伊藤塾の各コースは、初めて法律学習をする人にも、既に学習したことのある人にも対応するために、生徒がそれぞれの状況に合った講座を選択できるようになっています。自分のレベルにあった講座を、豊富なラインナップから選び受講することで、無理なく学習を進められるので、その結果生徒にとって最適な法律学習ができるのです。

 

伊藤塾の教育方針

伊藤塾は「幸せの総量を増やすことのできる実務家の育成」を教育方針を掲げています。この教育方針には、生徒に「世の中に貢献できる人材になってほしい」という伊藤塾の願いが込められています。

そのため、「伊藤メソッド」を徹底した指導や24時間体制での生徒のサポートを通じて、生徒の法律学習に寄り添うことで、生徒一人ひとりを実務でも活躍できる存在へと育てあげるのです。

多くの合格者を輩出するだけでなく、合格後のサポートまで徹底している伊藤塾は、この教育方針を体現した指導を行っていると言えるでしょう。

伊藤塾の合格実績

伊藤塾は2018年の司法試験、公務員試験、司法書士試験の合格者数を公表しています。

行政書士試験の合格実績、またはその他詳しい情報について知りたい方は、お問い合わせください。

伊藤塾合格実績

試験名 合格者数
司法試験 1,088名
司法試験(予備試験ルート) 274名
国家総合職(法律区分)1次試験 58名
国家総合職(法律区分)2次試験 44名
司法書士試験 334名

伊藤塾のコース

伊藤塾のコースは「司法試験」「公務員試験」「司法書士試験」「行政書士試験」「アメリカ法/LL.M留学」「その他法律学習」の6つがあります。

コース名 コース概要
司法試験コース 法律既習の方はもちろん、初めての方でも司法試験合格の基礎力が身につき、司法試験予備試験合格・難関法科大学院合格が狙えます。
公務員試験コース 国家総合職、国家一般職、地方上級、裁判所職員一般職など幅広い公務員試験対策ができます。
司法書士試験コース 実務でも活用できる司法書士の知識を学ぶことができます。
行政書士試験コース 9,000種以上の書類を扱うことのできる行政書士の資格を、合格後の資格の活かし方なども含めて学ぶことができます。
アメリカ法/LL.M留学コース アメリカ法理解の土台となる基礎知識を、日本法と比較し要点を押さえながら学ぶことができます。
その他法律学習 資格取得が目的ではなく、法律を学びたい方のための、国際法やビジネス法などの知識を学ぶことができます。

伊藤塾の料金

伊藤塾の料金はコースによって異なりますが、他の塾と比較すると平均的と言えます。

しかし、料金はコースによって、かつ初学者/学習経験者/合格者などによっても変わりますので、詳しい情報についてはお問い合わせください。

伊藤塾の分析結果のまとめ

伊藤塾はなぜ多くの合格者を輩出できるのか?今回は、「特徴」「教育方針」等から分析を行いました。

結論、「法律を学ぶ人への万全のサポート体制」が強味であるとわかりました。
生徒一人ひとりの法律学習の目的に応じて、将来像を思い浮かべられるような指導をすることで、伊藤塾の生徒は世の中の役に立つ人材となるのです。

将来社会に貢献できる実務家を目指す人にとって、伊藤塾はぴったりの塾と言えるでしょう。

カテゴリから記事を探す