塾生の97%が満足!自立型個別学習「G-PAPILS」の秘訣とは?

塾生の97%が満足!自立型個別学習「G-PAPILS」の秘訣とは?
対象学年 小学5~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生
授業形態 映像授業
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅校〜難関校向け
塾の規模 大手塾
70年以上の歴史を持つ学研グループに属する「G-PAPILS(ジー・パピルス)」は、自立型個別学習を取り入れている学習塾です。

受講生に実施したアンケートでは97%もの生徒が「満足」と回答しています。G-PAPILSがそこまで満足される理由とは何なのでしょうか?

今回は特徴や教育方針を中心に確認しながら、G-PAPILSの強さの秘訣を分析していきます。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

G-PAPILSの特徴

G-PAPILSが満足される理由を分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

G-PAPILS3つのポイント
  1. 実力派講師陣による映像授業
  2. AIを用いた学習提案
  3. 生徒を支える「メンター」

実力派講師陣による映像授業

講師から直接講義を受ける授業では、クラスごとに講師の質が異なってしまいます。そのため、せっかく塾に通い始めたのにも関わらず、良い講師に巡り会えず成績が上がらなかったというケースは少なくありません。

そこでパピルスは、映像授業を導入しています。70年以上の歴史を持つ学研の実力派講師陣が指導するので、どの教室でも質の高い授業を受けられるのです。

また映像授業には、対面での授業では得られないメリットが他にもあります。それは「講義を巻き戻せる(=復習しやすい)」ことです。どんなに優秀な生徒でも集中できる時間は限られているため、重要なポイントを聞き逃したり、理解の浅い部分が出てきたりします。そのため、授業の様子をあらかじめ収録して映像化すれば、仮に一回で理解できなかったとしても、もう一度聞き返せます。

対面での授業にはない映像授業ならではの利点を生かした指導は、効率の良い学習を実現させるでしょう。

AIを用いた学習提案

多くの学習塾では、模擬テストの結果に基づいて学習計画が組まれます。しかしその時々の運によって、テストの点数は高くも低くもなります。そのため、テストの結果のみをもとに作ったカリキュラムは、真の学力にぴったり合っているとは限りません。

そこでパピルスは、AIによる学習提案を導入しています。生徒が普段から取り組んでいるプリントを、学習データとしてAIに蓄積させます。通常授業から千種記された膨大な量のデータをAIが分析して、生徒に最適な学習を提案するのです。データは蓄積すればするほど正確に提案できるようになるので、模擬テストの結果に一喜一憂しすぎず、最終的な目標に向けてじっくり勉強できます。

自分の学力とマッチした問題を解いていき、着実に成功体験を積み重ねることで、楽しく勉強できるようになるでしょう。

生徒を支える「メンター」

これまで「映像授業」や「AI」といったワードを聞いて、G-PAPILSで子どもがのびのび勉強できるか不安に感じた保護者の方も多いのではないでしょうか?

AIによって組まれた映像授業のみの塾生活だったとしたら、生徒のやる気も続かないでしょう。しかしパピルスには、生徒を支える役割を持った「メンター」がいます。生徒一人ひとりと密にコミュニケーションを取って、勉強へのモチベーションを維持できるようにしています。メンターがAIの分析に基づいて学習管理を行っているため、個々の学習状況に応じて的確にアドバイスします。本来メンターは高水準のスキルが求められますが、G-PAPILSは研修制度や共通のメンタルメソッドを通して、良質なメンターを取り揃えています。

「最終的な結果は生徒任せ」にされることなく、精神的なサポートも受けられるので安心して通わせられるのではないでしょうか?

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

G-PAPILSの教育方針

G-PAPILSは、「自ら考える力を育む」という教育方針を掲げています。またそのスタートダッシュとして、「子どもが自ら現状を認識して机に向かうこと」を目指しています。

AIから提案される生徒一人ひとりに最適化された問題を解くことで勉強する楽しさを実感でき、メンターからの支えが勉強へのモチベーションにつながっています。

このような取り組みによって「能動的」「前向き」な姿勢を作ることで、勉強に対する自発性を引き出していると言えるでしょう。

G-PAPILSの合格実績

残念ながら、G-PAPILSは合格実績を公表していません。

詳しい情報を知りたい方は、教室まで直接お問い合せください。

G-PAPILSのコース

G-PAPILSは対象となる全学年を2つに分けて、異なる受講スタイルを提案しています。以下で、それぞれの内容を確認してみましょう。

コース名 内容
学びシンプルコース 学習内容をしっかり理解できるように、「1教科週2回の受講」を基本としています。生徒の都合に合わせて、好きな時間に2回の授業を受けられます。
学びフリーコース 1教科週2回に加え、学習理解度に応じて追加受講が可能です。このコースは定額制を採用しているため、追加料金なしで無制限に受講できます。

G-PAPILSの料金

残念ながら、G-PAPILSは料金を公表していません。

詳しい情報を知りたい方は、直接お問い合わせください。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

G-PAPILSの分析結果のまとめ

G-PAPILSは、なぜ受講生から満足されるのか?今回は特徴や教育方針などから分析を行いました。

結論、「最先端技術と手厚いメンタルケア」だと分かりました。映像授業やAIによって学習面での支援、メンターを活用して精神面までもサポートしているので、モチベーションを維持しながら良質な授業を受け続けられます。

従来の塾のように「入ってからついていけるか不安」「講師が合わなかったらどうしよう」という不安を抱えることがないので、非常にオススメな選択であると言えます。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

カテゴリから記事を探す