【100%成績UP!】桜進学会で「勉強しなさい」が無くなる理由

【100%成績UP!】桜進学会で「勉強しなさい」が無くなる理由
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅校向け
塾の規模 個人塾
東京都武蔵野市にある「桜進学会」は、小・中学生を対象とした個別指導塾です。

成績を必ずアップさせると謳っている桜進学会は、他の学習塾と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴・教育方針などから魅力を分析したいと思います。

桜進学会の特徴

まず桜進学会が必ず成績をアップさせられる理由を分析するために、特徴から確認してみましょう。

桜進学会3つのポイント
  1. 勉強の取り組みやすさを工夫
  2. 正しい勉強法をレクチャー
  3. 勉強の習慣付け

勉強の取り組みやすさを工夫

桜進学会では、勉強に取り組みやすい環境が整えられています。

例えば、学習をゲーム形式で行ったり、対話形式で雑談を挟んだりします。そうすることにより、生徒は「机の上で勉強している」という感覚を味わうことなく、楽しんで学習内容の定着が図れます。

また生徒に対して専任の講師が付きます。そのため応用問題などの難易度の高い問題にも、充分な質問をぶつけることができるので、わからない問題をわからないままにしておくことはありません。

このような環境が整っているため、まだ勉強することに慣れていない生徒でも安心して授業に臨めると言えます。

正しい勉強法をレクチャー

本来学習は、一人ひとりに合った学習法を実践することで、高い効果を発揮できます。しかしながら多くの学習塾では、どの生徒にも同じカリキュラムで授業を進めてしまうため、生徒が行う学習法は画一的です。

一方で桜進学塾は、生徒に合った「正しい学習法」を1からレクチャーすることにより、「何から勉強をはじめていいのかわからない」といった悩みを解決しています。

はじめは教えてもらっていた学習法も、中学卒業時には生徒一人ひとりが自分に合った学習法をそれぞれ確立し、勉強を主体的に進められるようになっています。

勉強の習慣付け

成績向上を目指すうえで、勉強を「継続すること」は必要不可欠です。英語を例に挙げれば、膨大な量の単語は時間をかけなければ覚えられません。また数学や算数でも、長い時間をかけることで計算スピードを上げられます。

特徴1・2でも紹介したように、桜進学会には「継続する」ための環境が揃っています。継続して勉強時間を確保できれば、当然成績は上がっていきます。

そしてこの成功体験が、勉強へのモチベーションを高め、勉強が習づくのです。この習慣づけこそが、成績アップし続けるコツであり、ひいては志望校合格にも繋がると言えるでしょう。

桜進学会の教育方針

桜進学会は教育方針として「桜進学会でキミの成績は必ず上がります!ことを掲げています。

特徴で紹介したように、どのように勉強すれば成績が上がるのかを、生徒に合わせて1から指導し、短期間での成績アップを目指しています。そのため生徒は、成功体験を繰り返し、学習習慣も身につきます。

生徒一人づつを大切に育ててくれる桜進学会は、魅力的な学習塾だと言えるでしょう。

桜進学会の合格実績

2019年度の公立高校入試では、国立高専・小金井北・調布北・昭和・井草・小平南・石神井・上水・杉並・東大和・西武文理・日大櫻丘といった高校に合格実績を残しているようです。

さらに詳しい合格実績を知りたい方は、教室へお問い合わせください。

桜進学会のコース

桜進学会には、決められたコースというものは存在してません。また詳細を知りたい方は、教室へお問い合わせください。

桜進学会の料金

続いて、桜進学会の通常指導の料金体系を確認してみましょう。桜進学会では「科目」「目的」によって料金が異なります。

桜進学会 小学生向けの料金

学年科目週回数月謝
小学4年国・算(理・社)2回9,720円
小学4年国・算・英(理・社)3回12,960円
小学5年・6年国・算・理・社2回12,960円
小学5年・6年国・算・理・社・英3回16,200円
小学生都立中学受検2回4,320円
小学生新聞購読1回1,080円

桜進学会 中学生向けの料金

学年科目週回数月謝
中学1年英数(通常)・9科目(テスト前)3回21,600円
中学2年英数(通常)・9科目(テスト前)4回23,760円
中学3年英数(通常)・9科目(テスト前)5回32,400円

桜進学会の分析結果のまとめ

なぜ桜進学会では成績を向上させられるのか?「特徴」、「教育方針」を中心に分析を行いました。

結論、「わからないところを1からレクチャーし、勉強を習慣づかせること」が強さの秘訣と言えます。

「まだ勉強の仕方がわからない」「必ず成績をアップさせたい」といった方は、ぜひ一度桜進学会を訪れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリから記事を探す