学習塾選びの知識全開!理想の教育環境を見極める手引き

ABOUT US
スタスタ研究部
スタディスタジオ株式会社の研究部です。 最新の教育情報やテクノロジー情報、生成AI情報を調査・研究しています。

こんにちは!スタスタ研究部です。
本日はこちらの記事を論説したいと思います!
Yahooニュース:「学習塾」に通う小学生は4割弱 理由は「学校の授業だけでは不安 …

学習塾の利用状況とその選択理由

皆さんこんにちは、「スタスタ」の編集部です。子どもたちの学習環境は日々進化していますが、「学習塾」の利用状況について、最新のトレンドをご紹介したいと思います。先日、昨今の塾利用に関する調査結果が興味深い内容であるため、今回はそのデータをもとにご家庭での塾選びの参考になる情報をまとめます。

学習塾に通う子どもたちの割合

調査によると、約4割の小学生が学習塾に通うという現状が明らかになりました。これは、学校教育だけでは不安を感じる保護者が多いことを示しています。また中学受験を視野に入れた家庭も増えているでしょう。

保護者が学習塾を選ぶ主な理由

塾を選ぶ決め手として最も多かったのは、「学校の授業だけでは不安だから」という声です。更に「自宅からの距離や交通の便」や「子どもが気に入ったこと」が大きな影響を与える要素となっているようです。

塾の授業形態:集団指導からオンラインまで

現在、塾の授業形態は多様化しており、集団指導が最も一般的な形態である一方、自習や個別指導の塾も存在しています。しかし、オンライン指導はまだあまり普及していないのが実情です。

学習塾の費用と通塾頻度

月額費用の実態と家計への影響

多くの家庭では、月5,000円未満から1万円~2万円程度の費用を学習塾にかけていることがわかりました。家庭の経済状況によっては、この費用が家計に少なからず影響を与えている可能性もあります。

子どもたちの通塾頻度の実情

子どもたちが塾に通う頻度は、多くが週2日から週1日となっており、過度な負担をかけずに効率よく学習時間を確保しているパターンが多いようです。

塾選びの決定要因と転塾の現状

家庭が塾を選ぶ決め手とは

先述の通り、家庭が塾を選ぶ際には、立地や子どもの好みが重要な役割を担いますが、その他にも「他の習い事との調整」や「子どもの学力に合せたレベル」を考慮している家庭もあります。

転塾を決意した家庭の状況と理由

既に塾に通わせている保護者のおよそ3割が転塾を検討しており、その理由としては「受験に特化した塾に切り替えるため」というものが多いです。また、中学以降に転塾を考えている家庭も散見されます。

塾に通わない選択をする家庭

塾外活動に重点を置く家庭の考え方

一方で、塾に通わせない選択をしている家庭もあります。「勉強以外の習い事や遊びに時間を使ってほしい」という考えがあるほか、「まだ通わせる時期ではない」とのことです。

習わせる時期や経済的な理由

子どもの成長に合わせた学習タイミングの見極めや、家計の事情を鑑みた合理的な選択がされており、一概に塾が全ての家庭に適しているわけではありません。

スタスタ独自の視点: 子どもの可能性を切り開く未来の学習スタイル

各家庭にフィットした学習塾の選び方

さて、「スタスタ」は第三者の視点であり、皆さんが最適な選択をするための情報を提供します。ご家庭にフィットする学習塾選びでは、お子さんの学力や性格、将来の目標を把握した上で、立地や費用など多角的な要素を検討することが大切です。今回の調査結果が、各家庭にとってのベストな選択に少しでもお役に立てれば幸いです。

子どもたちの可能性は無限大。学習塾だけでなく、さまざまな学びの環境を知ることで、お子さんの個性や才能を最大限に伸ばしましょう。これからも「スタスタ」は、親御さんとお子さんの明るい未来のために、有益な情報を提供し続けます。どうぞお楽しみに!