自分の人生を
歩んでほしいから

臨時休校でお困りのパパママへ
3月1日〜4月30日の2ヶ月間無料で提供します。
休校をネガティブに捉えるのではなく
逆にまとまった時間が取れるチャンスと捉え
最大限に有効活用しませんか?
学校と同じことをやっていたら勿体ない!


「画一な指標で人の優劣が評価できる」と誤解させる、偏差値教育。
「モノゴトには唯一の正解がある」と思い込ませる、正解主義。

めまぐるしく変化し、先の予測ができない社会。
AIやロボットの進化で、親世代とは全く異なる時代を生きる子どもたち。

今までと同じ教育だけで、
本当に大丈夫でしょうか?

人の目ばかり気にして、やりたいことも分からないまま生きていく……

そんな人生を、わが子には歩んでほしくない。

誰かのものさしではなく、
自分のものさしで生きてほしい。

やりたいことを見つける
子どものためのオンラインコーチング。

正解のない世界を生きる
子どものための
オンラインコーチング
about

コーチングとは

子どもが自分で考え行動する力を育むこと

  • コーチとは

    スポーツの世界などでいうコーチとは異なり、指導ではなく、お子様の自主性を伸ばす手助けをする人のことを言います。

  • コーチングの目的

    受験対策は行いません。勉強の指導も一切行いません。正解のない社会で自分の人生を生きる「マインド」を育てます。

    さらに、お子様自身のやりたいことを見つけ実現していく活動を通して「自分の意思決定に責任を持つ」という経験を積んでいきます。そしてコーチと日々やりとりしながら、できない理由を探すのではなく、できる方法を模索し、自分で道を切り拓いていく力を養います。

  • なぜ必要なのか?

    子どもには幸せになってほしい! すべての保護者が願うことだと思います。 「もう半分しかない」or「まだ半分もある!」。同じグラスの水を見てどのように受け止めるかは本人の解釈次第です。

    また就職活動で「やりたいことがない・・・」と嘆く大学生が後を絶ちません。これまでの人生で、自分で選択をしてこなかったことが原因ではないかと言われています。

    2018年の西村和雄・神戸大特命教授と八木匡・同志社大教授の研究結果から、所得や学歴よりも「自己決定」が幸福感に強い影響を与えていることが明らかになりました。変えることの出来ない過去に悩むのではなく、自分で決め変えられる「今」と「未来」について思考する前向きマインドを養います。 幸福度の高い人生を送るために、すべての子どもたちに身に付けてほしいマインドです。

characteristic

特徴

flow

コーチングの流れ

example

コーチングの利用例

use

コーチングの使い方

  • step1

    コーチとの週1回のオンライン面談

    毎日自分でも意識改革に取り組める
    ように
    サポート

    お子様がやりたいことを見つけ、実現するサポートをします。
    週に1度オンライン面談で30分じっくりコーチングし、方向性を確認します。
    そして毎日意識して自分で取り組めるよう、日々LINEでやりとりします。

  • step2

    月1回のオンライングループ授業

    仲間たちに自分を表現する

    お子様が進めているやりたいことについて、「なぜそれがやりたいのか」「なぜワクワクするのか」「今月何をしたのか」「失敗したり、うまくいかなかったのはどんなことか」を発表します。(無料提供期間中は実施しない場合があります)

faq

よくあるご質問

price

ご利用料金

9,800/月(税別)

臨時休校でお困りのパパママへ
3月1日〜4月30日の2ヶ月間無料で提供します。
休校をネガティブに捉えるのではなく逆に
まとまった時間が取れるチャンスと捉え
最大限に有効活用しませんか?
学校と同じことをやっていたら勿体ない!

0/月(税別)