【月謝3240円】小学生の成績をUPさせるまんてんスクールとは?

【月謝3240円】小学生の成績をUPさせるまんてんスクールとは?
対象学年 小学1年生〜小学6年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上
塾の規模 大手塾
関東と愛知において、大規模に展開している学習塾 「まんてんスクール」は、小学生の成績アップを目的としている学習塾です。

「まんてんスクール」の指導は、他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などからまんてんスクールの強さを分析したいと思います。

まんてんスクールの特徴

まず、まんてんスクールが学校成績向上できる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

まんてんスクール3つのポイント
  1. 「3,240円」という安価な料金
  2. 個人のペースに合わせた学習スタイル
  3. 基礎力と学習習慣の定着

「3,240円」という安価な料金

まんてんスクールでは、一科目あたり「3,240円」という圧倒的に安価な月謝で授業を受けられます。この安価の理由は、既に開校している【ナビ個別指導学院】という学習塾の授業の空き時間を使っているため、新たに開校する費用や講師を雇う費用が必要ないからです。

一般的な学習塾では授業料の他、「入会金」、「教材費」、「模試の費用」、「年会費」、「特別講座費」などがかかる場合がありますが、まんてんスクールの場合これらの費用の心配がなく、「3,240円」という授業料のみで授業を受けられます。

個人のペースに合わせた学習スタイル

まんてんスクールは、集団指導塾という形を取っていますがクラスの生徒一人ひとりが、自分専用の学習プリントを演習するという特徴的な指導方法です。

そのため、何かわからない問題があれば、講師の方に質問をして演習を続けられるので、周りの生徒に関係なく、安心して個人のペースで学習を進めることができます。

基礎力と学習習慣

小学校から中学校に進学した際、基礎学力が不十分なせいで急激な難易度の上昇についていけないお子様は少なくありません。
しかし、まんてんスクールの講師は「ナビ個別指導学院」で中学生を対象に授業を行っているため、多くの子どもはどこでつまづき、どんな基礎学力が必須になるのかを熟知しています
このことからまんてんスクールに通うことで、お子様の中学校に向けた土台作りをスムーズに行うことができ、中学校の勉強に不安を抱える方でも安心して進学できると言えます。

また小学校の授業では、「教える→反復学習→まとめ」といった指導方針ですが、中学校の授業になると学習内容が増えることで、「教える」のみになってしまい、生徒は自ら予習・復習をする習慣がないと授業についていけない可能性があります。そこで、まんてんスクールでは週一回の授業で宿題を課しています。生徒が家でも学習をすることで、自立して学習する習慣が自然と身に付きます。

まんてんスクールの教育方針

まんてんスクールは教育方針として「「小学生の基礎学力を伸ばす!」」を掲げています。まんてんスクールの特徴から分かる通り、講師は、生徒が中学校に進学した際、困らないように基礎学力や学習習慣が身につくための指導を行なっています。

授業料が安価なのも、できるだけ多くの小学生の基礎学力を伸ばしたいという教育方針の表れであると言えます。

まんてんスクールの合格実績

まんてんスクールは中学受験を意識した塾ではなく、学校の成績を向上させるという方針であるため、合格実績を開示しておりません。詳細を知りたい方は、お近くの教室を探し、お問い合わせいただきたいと思います。

まんてんスクールのコース

まんてんスクールは算数と国語の学習コースが用意されていて1科目または、2科目の受講をすることになります。

授業のレベルは生徒一人ひとりに適したプリントを使用します。その詳細を知りたい方は、お近くの教室を探し、お問い合わせいただきたいと思います。

まんてんスクールの料金

まんてんスクールの料金は一般的な学習塾と比較すると「安い」傾向にあります。
1科目あたり月4回の授業となります。

科目 月謝
算数 3,240円
国語 3,240円
算数・国語 6,480円

まんてんスクールの分析結果のまとめ

まんてんスクールはなぜ小学生の成績をアップさせられるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「中学校を見据えた、自ら予習・復習をする習慣の定着」が強さの秘訣といえます。個人のレベルに合わせた指導と、安価な月謝により、保護者の方も金銭面での心配が少なく、子どもを塾に通わせられるというのも、一因だと言えます。

「中学受験をするわけではないが学校の成績をアップさせたい」、「中学生になったとき困らないような基礎力をつけたい」という方に非常にオススメの選択肢と言えるでしょう。

カテゴリから記事を探す