卒業生が教える塾【サクラゼミナール】の指導の秘訣をわかりやすく解説

卒業生が教える塾【サクラゼミナール】の指導の秘訣をわかりやすく解説
対象学年 小学3年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾、集団指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 個人塾
豊田駅から徒歩2分の場所に校舎を構える「サクラゼミナール」は、1対1の個別指導と1対4~8名程度の少人数指導を行う学習塾です。

「生徒に未来を切り開く能力を提供する」と謳うサクラゼミナールは、他の個別指導塾と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、教育方針、合格実績などからサクラゼミナールを分析したいと思います。

※現在閉校しています。

サクラゼミナールの特徴

まずサクラゼミナールを分析するために特徴から確認してみましょう。

サクラゼミナール3つのポイント
  1. 速読講座
  2. 面倒見の良さ
  3. 講師は100%サクラゼミナール卒業生

速読講座

サクラゼミナールでは受験勉強だけでなく、将来役に立つ能力の指導も行っています。

具体的にはPCを使った最新の脳科学に基づくトレーニングを行います。読書速度を引き上げ、他にも処理能力や学習効率も飛躍的に伸ばしてくれます。

このような取り組みによって、生徒は学生生活のみならず社会人になっても使える能力を身に付けられると言えるでしょう。

面倒見の良さ

サクラゼミナールの神髄として、「面倒見の良さ」をあげています。

「個別指導よりも個別に指導」を謳い、自習の時間を使って無料で、生徒一人ひとりに指導も行ってくれます。定期試験対策や入試対策、進路相談など多くの要望に応えてくれます。

この取り組みは面倒見の良さの表れだと言えるでしょう。

講師は100%サクラゼミナール卒業生

学校や一般的な学習塾では外部から塾講師を雇っていることがほとんどです。

一方サクラゼミナールの講師は、全員サクラゼミナールの卒業生です。卒業生が代々教鞭をとることで、家族のような意識が芽吹き、生徒自身も卒業後に講師となる素晴らしいサイクルが出来上がります。

卒業生だからこそ理解している塾内の家族主義を、現役の学生達に伝えることができる塾づくりは、サクラゼミナールの大きな特徴であると言えるでしょう。

サクラゼミナールの教育方針

サクラゼミナールは「長期的に人を育てる」を教育理念に掲げています。

生徒一人ひとりに対して、手塩にかけて面倒を見ることと、受験勉強だけでなく、生涯通して必要な処理能力や学習効率を高められる指導を提供しているのです。

このような取り組みは、まさに教育方針を体現していると言えるでしょう。

サクラゼミナールの合格実績

ここまでサクラゼミナール強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか確認してみましょう。

なお、合格者数については公表および中学高校受験の合格実績は公表されていません。詳細は校舎までお問い合わせください。

サクラゼミナール大学受験の合格実績(過去5年分)

学校名(一般入試合格校)
東京(理1) 一橋(法)
筑波(物理学類) 首都(都市教養)
早稲田(法・政経・商) 慶應義塾(理工)
中央(法・文・商・経済 明治(商・経営)
法政(経済・社会) 青山学院(社気情報)
日本女子(人間社会) 東京女子(現代教養)
日本(理工・文理・経済・商) 東洋(経営・国際・情報)
駒澤(法・文) 専修(法・商・経営)
成蹊(文)
学校名(推薦入試合格校)
明治(文) 中央(商)
日本(文理・理工・生産工) 明星(教育)
杏林(総合政策) 拓殖(国際)
日本体育(児童教育) 実践女子(文)

サクラゼミナールのコース

サクラゼミナールのコース内容はこちらのリンクから確認いただけます。

詳細を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

サクラゼミナールの料金

サクラゼミナールのコース料金はこちらのリンクから確認いただけます。

詳細を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

サクラゼミナールの分析結果のまとめ

サクラゼミナールは他の個別指導塾と何が異なるのか?「特徴」、「教育方針」、「合格実績」から分析を行いました。

結論、「生徒の将来を考えた教育指導」が理由だとわかりました。

サクラゼミナールを熟知した講師による将来を見据えた教育は、学生生活の先まで寄り添ってくれる力を身に着けるにはうってつけの塾であると言えるでしょう。

カテゴリから記事を探す