LINE で塾選びを相談する(無料)

目指せバイリンガル!「ズー・フォニックス・アカデミー」の指導の秘訣

目指せバイリンガル!「ズー・フォニックス・アカデミー」の指導の秘訣
対象学年 未就学児、小学1年生~小学6年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 英語力向上
塾の規模 大手塾
「ズー・フォニックス・アカデミー」は、2歳から小学校までの子どもを対象とした英語専門塾です。

生徒の英語力を確実に向上させられるズー・フォニックス・アカデミーの指導は、他の英語塾とどのように異なるのか?

今回は、特徴、教育方針、コースなどからズー・フォニックス・アカデミーの強さを分析したいと思います。

ズー・フォニックス・アカデミーの特徴

ズー・フォニックス・アカデミーの強さの秘訣に迫るために、まずは特徴から分析していきます。

ズー・フォニックス・アカデミー3つのポイント
  1. 「Zoo-phonics©」メソッド
  2. オリジナルカリキュラム
  3. 良質な外国人教師

「Zoo-phonics©」メソッド

ズー・フォニックス・アカデミーで受講可能なあらゆるプログラムは、米国で生まれた「Zoo-phonics©」メソッドが活用されています。

このメソッドは、英単語の発音やスペルを楽しく、そして分かりやすく学べるように、30年以上も前に考案された勉強法です。「身体で覚えたことは忘れない」という人間の脳の特徴に着目して作られたこのメソッドは、現在あらゆる国や地域で高い評価を受けています。

ズー・フォニックス・アカデミーも早くから導入していて、生徒が伸び伸びと英語力を伸ばせるような授業運営を行っています。

オリジナルカリキュラム

幼い子どもの英語力を高めるためには、興味と意欲を自然に引き出す必要があります。

そこで、ズー・フォニックス・アカデミーは全てのコースのカリキュラムを自社開発しています。子どもの心理や年齢を考えながら作られたカリキュラムには、子どもの意欲や興味、やる気を引き出す仕組みが数多く仕掛けられています。

ズー・フォニックス・アカデミーなら、「飽きてしまうかもしれない」という不安を抱えずに通わせられるでしょう。

良質な外国人教師

本気でバイリンガルを目指すなら、「誰から英語を学ぶか、教わるか」も非常に重要です。

ズー・フォニックス・アカデミーでは、子どもの教育に携わったことがあり、そして適切な指導力を兼ね備えていると判断された外国人のみを採用しています。また、採用後も集中的な研修とトレーニングを積むことで、子どもを伸ばすために必要な知識と能力を鍛えています。

そのため、子どもたちは英語力だけでなくグローバルな視点や多文化的な教養も身に付けられるでしょう。

ズー・フォニックス・アカデミーの教育方針

ズー・フォニックス・アカデミーは教育方針として、「一貫教育で聞く・話す・読む・書くの4技能を着実に育むこと」を掲げています。

英語力を伸ばすために必要な授業法や講師陣の質だけを追求するのではなく、「いかに子どもたちが興味を持って取り組んでくれるか」ということを常に念頭に置いた授業運営を行っています。

これによって、ズー・フォニックス・アカデミーは着実に4技能を伸ばせるのでしょう。

ズー・フォニックス・アカデミーの合格実績

残念ながら、ズー・フォニックス・アカデミーは合格実績を公表していません。

詳しい情報を入手したい方は、教室までお問い合わせください。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

ズー・フォニックス・アカデミーのコース

ズー・フォニックスでは、通い始める時期に合わせて2つのコースを用意しています。今回は、2つの違いを明確にしながら紹介していきます。

コース 内容
バイリンガル育成コース 本格的なバイリンガルのための完全英語指導によるコースとなっていて、幼児期から小学生まで一貫した教育を行います。
レギュラーコース 幼児から小学生の間であれば、いつからでも始められるコースです。英語の4技能をバランスよく身につけられます。

ズー・フォニックス・アカデミーの料金

残念ながら、ズー・フォニックス・アカデミーは受講料を公表していません。

詳しく知りたい方は、教室にお問い合わせください。

ズー・フォニックス・アカデミーの分析結果のまとめ

ズー・フォニックス・アカデミーは、なぜ生徒の英語力を向上させられるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「英語力向上に必要な指導メソッド、カリキュラム、講師による一貫教育を行っているから」だと分かりました。

本気でバイリンガルを目指すために通わせる塾として、ズー・フォニックス・アカデミーは非常にオススメな選択肢であると言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す