LINE で塾選びを相談する(無料)

関西を中心に豊富な合格実績を誇る「KEC近畿予備校」の強さの秘訣

関西を中心に豊富な合格実績を誇る「KEC近畿予備校」の強さの秘訣
対象学年 高校1〜3年生、既卒生
授業形態 集団指導、個別指導
塾タイプ 受験:中堅~難関校向け、学校成績向上
塾の規模 大手塾
関西を中心に数多くの校舎を展開している「KEC近畿予備校」は、高校生以上の生徒を対象としている学習塾です。

様々な指導スタイルや受講コースを駆使して豊富な合格実績を誇っているKECの指導は、一体他塾と何が異なるのでしょうか?

今回は特徴、教育方針、合格実績などから、KECならではの強さの秘訣を分析していきます。

関西の塾「KEC近畿教育学院」に通えば後悔せずに受験勉強できるワケ

関西の塾「KEC近畿教育学院」に通えば後悔せずに受験勉強できるワケ

KEC個別指導メビウスのコースや特徴を徹底解説|大阪・滋賀の名門塾

KEC個別指導メビウスのコースや特徴を徹底解説|大阪・滋賀の名門塾

KECの特徴

KECならではの強みを分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

  1. 細分化されたクラス編成
  2. 洗練されたレッスン
  3. 成績アップに適した学習環境

細分化されたクラス編成

大学受験の特徴として、「大学ごとに出題傾向が大きく異なる」ことが挙げられます。センター試験では確立されたカリキュラムに沿って勉強していれば高得点が狙えるかもしれませんが、難関私立となると一筋縄ではいきません。

そこでKECは、生徒の能力や志望校、さらには科目別にクラスを編成し、柔軟性に富んだ授業運営を行っています。異なる志望校や学力の生徒と足並みを揃える必要がなく、より質の高い学習効果と学習効率を追求できる仕組みになっています。また、大手塾でありがちな「大教室での一斉授業」という形態ではなく、高校3年生は18名、高校1・2年生は12名程の少人数編成で授業を行っています。生徒の表情や目の動きを確かめながら進めていくので、分からないことをそのままにせず、適切なスピードで指導してもらえます。

質の高い授業が受けられることはもちろん、同じくらいの学力・似ている傾向の志望校を目指している塾生と切磋琢磨できるという利点もあるのではないでしょうか。

洗練されたレッスン

どのコースを受けることになったとしても、やはり一番大切なのは「日々の積み重ね」ではないでしょうか。日々の積み重ねがなければ大きな模試でいい結果が出ませんし、結果が出なければ十分な自信を持てていない状態で本番に臨むことになりかねません。

KECでは、以下のようなサイクルを毎授業で行っていきます。

  1. 理解度チェック – 復習テストを実施し、前回の授業のおさらいをします。
  2. 新出項目の指導 – 板書とオリジナル教材を用いて、新しく取り扱う分野のポイントを整理します。
  3. 基礎力養成 – オリジナル教材で演習と解答・解説を行い、新出項目の理解を深めます。
  4. 応用力養成 – オリジナル教材に加えて、クラス別プリントを用いてさらに難易度の高い問題に挑戦します。
  5. 課題の提示 – 自宅学習での復習をサポートするため、授業外でもできる課題が出されます。

このように、日々の努力がしっかりと実力に変わるよう、知識や解法を定着させるための仕組みが整っています。まさに「地に足のついた能力」を身につけられる塾であると言っても過言ではありません。

成績アップに適した学習環境

日々の授業ももちろん大切ですが、ほとんどの受験生は真面目に授業を聞いていますし、その分力もついてきます。だからこそ、「授業時間外」でどれほど差をつけられるかが、入試本番での結果を大きく左右すると言えるでしょう。

KECでは、以下のようなサポートを受けられます。

  • 志望校別判定模試・全国模試 – KECオリジナルの模試に挑戦し、その結果に基づいて担当講師が直接個別面談を行います。毎回の結果に応じて、適切な進路指導を実現しています。
  • DVD補講システム – 高校生活は勉強だけが重要なわけではありません。部活や習い事との両立を可能にすべく、映像授業での補講も行っています。
  • 自習教室 – 勉強以外のストレスを軽減すべく、KECは自習室をいつでも開放しています。真剣に勉強できる環境が整っていると言えるでしょう。

このようにKECにはあらゆる側面からサポートしてくれる環境が整っています。自分一人で頑張るのも重要かもしれませんが、辛い受験期を乗り越えるためにこれほど成績アップのために尽くしてくれる塾は滅多にありません。KECで学ぶことで飛躍的に成長できるでしょう。

KECの教育方針

KECは「責任指導」という教育方針を掲げています。

最終的な目標は成績向上、志望校合格の先にある「人間的成長」であり、その手助けをするために生徒一人ひとりに対して責任を持つことに重きを置いています。この教育方針は、特徴1でも紹介した生徒に合わせてクラスを細分化させたり、クラスの人数を少人数に絞ったりしているところに見受けられます。

また、日々の授業や充実した学習環境も教育方針を実現するための取り組みの一環であると言えるでしょう。

KECの合格実績

ここまでKECの特徴や教育方針について確認してきましたが、実際にどれほどの合格実績を残しているのでしょうか?KECの合格実績を確認してみましょう。

2018年最新|KEC 大学受験の合格実績

詳しい合格者数までは開示されていませんが、2018年最新の合格実績による国公立大学(大阪大、神戸大、他)・関関同立・産近甲龍といった関西の大学に加え、筑波大や慶應義塾大といった関東の難関大にも合格者を輩出しています。

医療や看護系の大学の合格実績もあり、KECに通っている塾生の志望校は多岐にわたっていることが分かります。

詳細を知りたい方は、教室まで直接お問い合わせください。

KECのコース

それではここから、KECで実際に受講できるコースを以下の表より確認していきましょう。KECでは志望校や指導スタイルごとに様々なコースが設けられています。

※下記のコース以外にも様々な短期講座を開講しているので、気になる方はホームページよりご確認ください。

コース名 対象学年 概要
志望校別クラス 高校3年生、既卒生 京都大学・大阪大学、国公立大、難関私立大・関関同立、中堅一般私大、医療看護系など志望校別にコース内で細分化されています。それぞれの志望校合格に向けて、専門的な受験対策を行えます。
科目別クラス 高校1〜3年生 志望校に関係なく、科目単位ごとに能力別クラスを編成して、各科目の強化を目指しているコースです。苦手科目の克服、得意科目の飛躍を目指している方にオススメです。
個別コース 高校1〜3年生 受験対策から学校の成績向上、医療看護専門受験まで生徒の通塾目的に合わせて個別指導を行っています。オプションで映像授業も受けられるのが特徴です。

KECの料金

残念ながら、KECでは詳しい受講料について開示されていません。

月謝や関連費用について知りたい方は、教室までお問い合わせください。

KECの分析結果のまとめ

KECならではの強さの秘訣とは一体何なのでしょうか?今回は特徴、教育方針、合格実績などから分析してきました。

結論、「生徒の努力を実力に転換するための授業設計」だと分かりました。志望校に合わせてクラスを細分化させているにも関わらず、さらに少人数に絞って指導してもらえれば、入試本番で発揮できる真の学力を着実に伸ばせます。日々の授業運営も成績アップには欠かせないですし、授業時間外でも手助けしてもらえるKECでは受験に必要な知識や能力を網羅的に身につけられるでしょう。

確実に志望校合格を手に入れたい方にとって、これほど魅力的な塾が他にあるのでしょうか。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す