LINE で塾選びを相談する(無料)

KO学院の特徴や教育方針を徹底解説|慶應大出身の実力派講師陣

KO学院の特徴や教育方針を徹底解説|慶應大出身の実力派講師陣
対象学年 中学1年生〜中学3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け、学校成績向上
塾の規模 大手塾
東久留米や和光などに校舎を展開し、プロ講師による質の高い授業で定評のある「新個別指導 KO学院」。学校の成績アップや受験対策を目的とした進学塾です。

これまで数多くの生徒の成績を上げてきたKO学院は、他の個別指導塾と何が異なるのでしょうか。

今回は特徴や教育方針などからKO学院ならではの強さの秘訣を分析していきます。

KO学院の特徴

KO学院が持つ独自の強みを明らかにするために、まずは特徴から確認してみましょう。

KO学院の3つのポイント
  1. 定期テスト予想問題で成績アップ
  2. 学校内容の先取り
  3. 映像授業レクナビによる学習サポート

定期テスト予想問題で成績アップ

中学校の成績を上げるためには定期テストの点数アップが必須です。KO学院では定期テスト対策の仕上げとして「定期テスト予想問題」を使用しています。では、定期テスト予想問題は具体的にどのようなものなのでしょうか?

定期テスト予想問題とは東京大学、京都大学、慶應義塾大学をはじめとした指導の第一線で長く活躍してきた講師陣が、過去に各中学校でどのような問題を出題されたのかを分析して作成された、その学校の先生が出題しやすい問題を指します。予想問題を解く事で自分が苦手な箇所や改善すべき分野が把握でき、各中学校に合わせた問題形式をもとに緊張感のある演習を実現します。

中学校の授業内容が理解できず、定期テストでも何をすればいいのかわからないという生徒でも、KO学院で出題される定期テスト予想問題に従って勉強すれば、自然と学校の成績も上がっていくことでしょう。

学校内容の先取り

中学1・2年生の頃から学校の授業内容を早めに終わらせ、難関高校を視野に入れた受験勉強を始めたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。KO学院は学校の授業内容を先取りで学習させ、生徒の基礎学力を高めることで入試の基礎固めを徹底しています。以下で具体的な学習サイクルを紹介します。

まず初めに、KO学院の授業でまだ学校で取り扱っていない内容を先取りで教えます。生徒の反応を見ながら内容が理解できていると判断された場合、次はプリントを使用しながら演習を通して教えた内容をアウトプットできるようになるまで定着させます。その後、生徒は学校でも同じ内容を学びます。しかし、ここで学ぶ内容はKO学院が事前に指導しているので、授業中につまづくこともありませんし、復習の時間も最低限で済みます。このサイクルを徹底して習慣づけることで、最終的には他の生徒よりも学校の授業内容の勉強にかける時間を減らせ、一般入試の対策に時間をかけて難関高校を目指せるのです。を学ぶ時間を塾の授業では学校でやる内容を先取りし、内容が理解できたらプリントを使って演習し定着させます。

大学受験になると受験対策を手伝ってくれる進学校もあるでしょうが、難関公立・私立を目指す生徒をサポートしてくれる公立中学は非常に少ないです。つまり、個人で対策するか塾と一緒に対策する必要があり、KO学院は特にこのサポートが充実している塾だと言えます。

映像授業レクナビによる学習サポート

人手不足が社会問題となっている現代で、塾業界もその打撃を受けています。講師不足で閉塾するくらい講師が足りていない中、人の力だけで生徒の学習を全てサポートすることは非常に難しい状況です。だからこそ、講師が生徒と直接コミュニケーションを取らないといけない瞬間のみ指導し、他は映像授業を使うなどして代替していく必要があります。

KO学院は生徒がただ聞いてメモを取るだけでいい「講義」の時間を「レクナビ」という映像授業に代替しています。基本的には新しく学習する単元の導入部分を視聴させ、知識のインプットを目的としてレクナビを受講させます。この映像授業はプロ講師によって収録されており、どの映像授業を受講すればつまづかなくて済むかといったアドバイスを行っています。理解が追いつきにくい分野に特化して受講することも可能です。

自分でどんどん先に進んでいきたい生徒、理解力に自信がなくゆっくり学びたい生徒など、あらゆるニーズに対応した学習システムだと言えるでしょう。

KO学院の教育方針

KO学院は「自分に一番合った勉強法を見つける」という教育方針を掲げています。

あらかじめ用意されたカリキュラムを押し付けるのではなく、先に進みたい生徒には進ませる、学校の勉強からじっくり対策したい生徒には予想問題を解かせるといった柔軟に変化する学習環境は教育方針を体現していると言えます。

自分に一番合った勉強法を見つけられれば、大学生や社会人になってもその足腰の強さが役立つのではないでしょうか。

KO学院の合格実績

残念ながら、KO学院は合格実績を公表していません。

詳しく知りたい方は教室までお問い合わせください。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

KO学院のコース

KO学院にはあらかじめ決められたコースがなく、基本的には個別指導による授業が行われています。

詳細を知りたい場合は、ぜひ教室までお問い合わせください。

KO学院の料金

残念ながら、KO学院は料金を公表しておりません。

詳細を知りたい場合は、お近くの教室までお問い合わせください

KO学院の分析結果のまとめ

KO学院ならではの強さの秘訣とは何なのか?「特徴」や「教育方針」などから分析を行いました。

結論、他の個別指導塾と比べて「生徒の自主性を尊重しながら面倒見の良さを担保していること」だとわかりました。一般的な個別指導塾では生徒が演習するだけのケースも少なくありませんが、当塾ではフォローアップ体制もしっかりしており、あらゆるニーズを持った生徒が通える仕組みになっています。

集団指導塾で伸び悩んだ方、個別指導塾をお望みの方にとって、これ以上にない環境が整っているでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す