LINE で塾選びを相談する(無料)

【全国展開】ひとりで勉強できる子に育てる塾「能力開発センター」を徹底解説

【全国展開】ひとりで勉強できる子に育てる塾「能力開発センター」を徹底解説
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
全国各地に44校を展開する進学塾「能力開発センター」には、難関校への合格を目指す生徒が多数通学しています。

首都圏に大規模展開していないにもかかわらず「能力開発センター」はなぜ難関校受験合格者を多数輩出できるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから能力開発センターの強さを分析したいと思います。

能力開発センターの特徴

まず、能力開発センターがなぜ多数の合格者を輩出できるのか分析するために特徴から確認してみましょう。

能力開発センター3つのポイント
  1. 生徒の学力定着を図る「PLWT」システム
  2. 正しい学習方法を身に着けるための指導
  3. 生徒の学習意欲を維持させる機会の提供

生徒の学力定着を図る「PLWT」システム

能力開発センターでは学力定着のための工夫として「PLWT」システムを導入しています。「PLWT」システムとは、徹底した予習型学習のことです。

  1. Preparation (予習)
  2. Lecture(授業)
  3. Web test(復習)
  4. Test(テスト)

能力開発センターでは、予習→授業→家庭で行うWEBテスト→授業中に行うテストを繰り返すシステムのことを、それぞれの英語の頭文字をとって「PLWT」システムと呼んでいます。予習してできるところ、できないところを明確にすることで、学習を効率よく進めることができます。

また、予習復習の徹底だけでなく、「能力開発センター」では弱点が克服できたか毎週テストでチェックし、学習の漏れを防ぎます。

せっかく学習した分野であっても定着しなければまた繰り返さなければなりません。自分の弱点を予習で把握し、授業、テストと次のステップに進んでいく。このサイクルを繰り返すことで学力定着がより確実なものとなります。

正しい勉強の仕方を身に着けるための指導

自宅学習を進めるうえで、どのように学習を進めるのがより効果的なのか生徒自身で判断するのは困難です。

そこで、能力開発センターではノートの取り方など基本的なことから効果的な学習方法まで「正しい学習方法」についての指導を行っています。

それにより自宅学習においても「正しい勉強方法」で学習を進めることができ、無駄なく学力アップを目指せると言えるでしょう。

生徒の学習意欲を維持させる機会の提供

受験勉強は長期戦です。その為生徒は長い期間モチベーションを維持して学習に取り組まなければなりません。

能力開発センターでは、定期的に独自の合宿や模試などを取り入れ生徒が集中して学習に取り組む機会を提供しています。

他校の生徒も一同に集う合宿や模試による成績公表の機会を作ることにより、生徒の競争心を刺激し、学習へのモチベーションを維持させることができます。

長期戦である受験に挑む生徒が挫折しないような的確なサポートであると言えるでしょう。

能力開発センターの教育方針

能力開発センターは教育方針として「困難にたじろがない一人で勉強できる子に」を掲げています。

能力開発センターでは、生徒に自立して勉強できる力を身に着けさせることを教育の第一の指針としています。受験を突破するためだけの指導ではなく、これから先自分の力で学習できる基礎力を身に着けることができる学習塾を目指しています。予習、復習を自分の力でやり、学力定着を図るシステム、基本的なことから勉強の仕方について徹底指導するといった特徴からも目標達成に向けての工夫が伺えます。

受験に合格した後の生徒の将来まで見据えた指導を行うことで、自立とさらなる成長の実現に注力していると言えるでしょう。

能力開発センターの合格実績

ここまで能力開発センターの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか中学受験、高校受験、大学受験別に2018年最新の合格者を確認してみましょう。ここでは、能力開発センターを含むティエラコムグループ(能力開発センター・能開個別ホロン・山本塾・札幌進学教室・AIホロン・東進中学NET)全体の合格実績を確認したいと思います。

2018年|能力開発センター中学受験の合格実績

学校名 合格者数
金沢大附属中 31名
福井大附属中 19名
富山大附属中 5名
山口大附属山口中 23名
山口大附属光中 5名
長崎大附属中 29名
県立金沢光丘中 32名
県立高志高校附属中 30名
兵庫県立大附属中 33名
県立長崎東中 39名
県立諌早高校附属中 37名
県立佐世保北中 5名
県立玉名高校附属中 5名
学校名 合格者数
熊本県立八代中 2名
熊本県立宇土中 2名
函館ラサール中 1名
東海中 1名
滝中 3名
海陽中等教育学校 2名
六甲学院中 1名
白陵中 3名
淳心学院中 8名
愛光中 2名
ラサール中 1名
青雲中 30名
弘学館中 6名

2018年|能力開発センター高校受験の合格実績

学校名 合格者数
金沢大附属高校 54名
東京工業大学附属技術校 1名
広島大学附属福山高校 1名
広島大学附属高校 1名
国際基督教大学附属高校 1名
西大和学園高 1名
東海高校 1名
滝高校 3名
同志社高校 1名
須磨学園高校 135名
愛光高校 3名
愛光高校久留米大附設高校 1名
青雲高校 36名
学校名 合格者数
早稲田佐賀高校 1名
岐阜高校 29名
岐阜北高校 18名
金沢泉丘高校 122名
富山中部高校 18名
藤島高校 92名
神戸高校 50名
御影高校 39名
山口高校 37名
長崎西高校 47名
長崎東高校 28名
熊本高校 3名
済々黌高校 2名
スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

能力開発センターのコース

さて、能力開発センターが難関校へ数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。では、実際に能力開発センターでは、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。

能力開発センター小学生向けのコース

能力開発センターの小学生向けコースは、学年や目的によって分かれています。また、その他にも特別コースがあるため、詳しくはお近くの校舎にお問い合わせください。
それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

中学受験ゼミ

(小4~小6)

このゼミは難関国私立中学受験合格を目標にしたお子様向けのコースです。

教材は四谷大塚の「予習シリーズ」を使用しており、一つの分野を段階的に学習できるシステムを採用しています。また、インターネットを使ったテストの復習システムで生徒の学力定着を狙います。

土日ゼミ

(小1~小6)

土日ゼミは能力開発センターの基本的なコースです。

予習、授業、復習、テストのサイクルを継続的に繰り返し回すことで学力の定着を狙います。学習習慣を早くから身に着けることで将来の高校、大学受験に対応できる力を早くから身に着けることができます。

本科ゼミ

(小1~小6)

本科ゼミは平日に行われる学力定着を目的としたコースです。

授業で学習した内容を課題として提示し、次回の授業で確認テストを行うことで学力定着をより確実なものとします。

 

能力開発センター中学生向けのコース

能力開発センターの中学生向けコースは、学年や目的によって分かれています。また、その他にも特別コースがあるため、詳しくはお近くの校舎にお問い合わせください。
それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

土日ゼミ

(中1~中3)

土日ゼミは、「高校受験合格」という目標を掲げながら、その先の大学受験を見据えたコースです。

学校で1年間に学習する内容を年に3回繰り返し学習するシステムで、「圧倒的な学習量」に取り組みます。公立高校のみならず、中高一貫校の生徒も交えた戦いになる大学受験を制するため、早くからライバルたちに差をつける学習を進めることができます。

本科ゼミ

(中1~中3)

本科ゼミは平日に行われる、生徒たちの学力定着を目的としたコースです。

入試本番を意識した実践練習に加え、内申点向上のための定期テスト対策までしっかり行い、第一志望合格に向けてバランスの取れた学習を進めていきます。

 

能力開発センターの料金

能力開発センターの料金は一般的な学習塾と比較すると「やや高い」傾向にあります。

能力開発センターは「学年」や「コース」によって料金が変動する仕組みになっています。そのため、詳しい料金を知りたい方は、お近くの教室を探し、お問い合わせいただきたいと思います。

 

能力開発センターの分析結果のまとめ

能力開発センターがなぜ難関校への合格者を多数輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、『生徒をあらゆる方面からバックアップし、学習の基礎となる力を身につけさせているから』 とわかりました。

学習システム面、指導面、制度面など多面的に生徒をサポートしている点がほかの塾にはない、能力開発センターの強みといえます。

子どもにとって一生通じて役に立つ学習力を身につけさせ、志望校合格を勝ち取るため能力開発センターに入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す