LINE で塾選びを相談する(無料)

ワクワクしよう!クレオキャンパスで”創造力”が伸びる理由とは

ワクワクしよう!クレオキャンパスで"創造力"が伸びる理由とは
対象学年 未就学児、小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 学校成績向上
塾の規模 個人塾
東京都の墨田区に校舎を構える「クレオキャンパス」は、学習塾にも関わらず、図書館のような知的好奇心をくすぐる空間で子どもの創造力を伸ばしています。

一方的な詰め込み型学習塾が多い一方で、クレオキャンパスは子どもの知的好奇心が重要だと考えています。他の学習塾と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などからクレオキャンパスの強さを分析したいと思います。

クレオキャンパスの特徴

まず、クレオキャンパスで創造力が伸びる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

クレオキャンパスの3つのポイント
  1. 教師はいない?クレオキャンパス独自の「学びナビゲーター」
  2. 子どもの知的好奇心をくすぐる学びのスペース
  3. 主体性が伸びる「学びプログラム」

教師はいない?クレオキャンパス独自の「学びナビゲーター」

クレオキャンパスには教師という一方的に教える存在ではなく、子どもたちに寄り添い、共に答えを探していく「学びナビゲーター」が存在しており、一人一人の子どもと近い距離間で接しています。

学びナビゲーターには、四つの理念があります。

・可能性を信じぬく
・考えを引き出す
・対話を重視する
・一緒に学びを楽しむ

学びナビゲーターは子どもの可能性を必ず信じています。どんな子どもでも得意、不得意はあるかもしれませんが、元来子どもというのは自分で考えて、それを人に伝え、学ぶことが好きなはずです。時には教えるだけでなく、あえて待つことで子どもの可能性を最大限引き出そうとしています。

「勉強が嫌い」「勉強ってつらい」、そのように感じるお子さんはきっと多いはず。そのような気持ちで勉強から生み出したものは、きっと子どもにとって良い影響を与えないでしょう。

学びナビゲーターは受験のテクニックを教えるのではなく、楽しい取り組みを通して、楽しい学びを実現させようとしています。そうすることで、子どもに主体性がうまれ、学ぶことが楽しく感じるようになります。

子どもの知的好奇心をくすぐる学びスペース

子どもが伸び伸びと主体性をもって学ぶのに、結局無機質な机とテーブルが並べられた教室では意味がないと思いませんか?
そこでクレオキャンパスでは、まるで図書館のような、開放感のあるオープンな空間となっています。本棚で区切らており、全体をスタッフが見渡すことができるので、子ども一人一人の様子をみることが出来ます。
また、子どもが自由に本を手にして読むことができるので、子どもの知的好奇心をくすぐり、自然な学びを促進しています。

主体性が伸びる「学びプログラム」

クレオキャンパスでは、「考える・伝える・気づく」を中心的に行い、家庭で「覚える・練習する・整理する」を行うサイクルを確立しています。

子どもの主体性を取り入れるために、レゴやパズル算数などのアクティビティを取り入れています。理解しづらい算数や数学の概念を体感して学ぶことできると言えるでしょう。

そこで、得た気づきや発見を家庭で振り返るサイクルとなっています。

クレオキャンパスの教育方針

CREO(クレオ)という言葉には、

1、ワクワクしながら、考える
2、ワクワクしながら、伝える
3、ワクワクしながら、学ぶ

という柔軟な思考力や豊かな表現力が育ち、自ら学ぶ人間に育ってほしいという思いが込められています。

ただ単に、学歴社会で戦うための「暗記の知識」をつけるのではなく、自ら社会を切り開いていけるような「活躍できる知識」を育てています。「学びプログラム」のアクティビティは、「活躍できる知識」を育てるためにあると言えるでしょう。

「活躍できる知識」を育てるためには、子どもの可能性を信じる大人の存在が不可欠です。そのために、クレオキャンパスは子どもたちと一緒に考え、キッカケを与える役割である「学びナビゲーター」を設置していると言えるでしょう。

子どものワクワクを刺激するための図書館のような空間づくりは、クレオキャンパスの教育方針が体現されていると考えられるでしょう。

子ども一人一人が具体的な夢を持ち、変化する社会を楽しみながら生きる大人に育ってほしいという願いは、他塾との圧倒的な違いになっています。

クレオキャンパスの合格実績

残念ながら学校別の合格者数は公表しておりませんが、最寄りの各教室にて志望校の合格実績をお問い合わせ頂ければ志望校の合格者数を把握することは可能でしょう。

クレオキャンパスのコース

さて、クレオキャンパスが子どもの創造力を教室や学びナビゲーター、学びプログラムによって豊かにしていることが分かりました。次にクレオキャンパスにはどのようなコースがあるのかみていきましょう。

アビリティプログラム(年長~小6)

クレオキャンパスのアビリティプログラムは年長から小6が対象の「パズル算数」、「読みとく国語」、「英語教室」、小1から小2が対象の「ロボット科学」があります。

パズル算数 パズル算数ではテキストではなく、教具(積み木やパズルなど)を使用し、表面的な知識やテクニックに頼らず、手を動かしながらイメージや思考力を養っています。
読みとく国語 朗読音声を通した読書学習なので、淡々と本を読むことが苦手なお子さんであっても楽しく学ぶことが出来ます。また、語彙シートを用いることで読解力だけでなく、語彙力や表現力が育ちます。
英語教室 英語教室の詳細は開示していないため各教室に直接お問い合わせをお願いします。
ロボット科学 マサチューセッツ工科大学とLEGO社が開発した教材を使用し、現物を見ながら科学や情報技術を学びます。自らの手を動かすことで感覚に基づいた試行錯誤を体感することが出来ます。

 

スタンダードプログラム(小5~中3)

スタンダードプログラムは小5~中3が対象で、教科学習(算数・国語・数学・英語など)を基礎とし、表現・コミュニケーション活動を行うプログラムです。学校の定期手テスト対策や高校入試対策も行っています。

国語(小学生の基本例) 固定のジャンルの読解力だけでなく、説明文、物語文、詩など多様なジャンルの読解力を養います。また、中学校までに身につけておきたい語彙である漢字や熟語などの知識分野も学ぶことが出来ます。
数学(中学生の基本例) 新出単元の際に、いきなり解法を教えるのではなく、子ども自身の経験や知識でまずは自ら解いてもらいます。そして、自ら解決策を見出します。一人の意見だけでなく、他の子どもからの意見を共有することで多角的なものの見方を養います。

 

アドバンスドプログラム(小4~小6)

アドバンスドプログラムは小4から小6が対象で一人一人の理解度に合わせながら、私国立中入試対策や公立中高一貫校の適性検査対策を行います。

算数(小学生の基本例) 私公立中入試・公立中高一貫入試では、ハイレベルな計算力が必要とされるため、一つの単元をやりっぱなしにするのではなく、複数回にわたり学習するスパイラル学習を取り入れています。

クレオキャンパスの料金

一人一人の通塾目的や学力、志望校によってコースや講座で異なり、料金が変動します。

残念ながら料金は公表しておりませんが、お近くの教室を探してお問い合わせ頂ければ把握することは可能でしょう。

クレオキャンパスの分析結果のまとめ

クレオキャンパスはなぜ子どもたちの創造力を豊かにできるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、一方的な詰め込み型の授業ではなく、子どもの可能性を最大限に引き出す双方向の学びを重要視しているからだと言えます子どもが問題を間違えることに関しても寛容であり、正解に至ろうとするプロセスを大切にしている姿勢が魅力的だと言えます。

また、図書館のような知的好奇心をくすぐる空間で学んでいることが、子どもの創造力を豊かにしていると言えます。

子どもの可能性を大切にする教育方針の下、自分のお子様の創造力を養いたいならば、クレオキャンパスに入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。

シェアしよう

3 件のコメント

  • カテゴリから記事を探す