【関正生先生】英語長文ポラリスの使い方・レベルについて徹底解説

スタスタ塾
勉強法の記事」は全て「スタスタ塾」監修のもと作られています。

「関先生の英語長文ポラリスって実際どうなの?」
「英語長文ポラリスの特徴やレベル感について詳しく知りたい」

このようにお考えではないでしょうか。

本記事では、「英語長文ポラリス」が気になっている人に向け、下記を紹介していきます。

この記事で分かること
  • 「英語長文ポラリス」の特徴やレベル感
  • 「英語長文ポラリス」の効果的な使い方
  • 「英語長文ポラリス」に似た参考書

事前に参考書の特徴やレベル感を知っておけば、貴重な勉強時間を無駄にすることもありません。

本記事では、本書を購入するにあたり、必要不可欠な情報のみをまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

大学入試問題集 関先生の英語長文ポラリス

「関先生の英語長文ポラリス」の利用に向いている人の特徴は下記の通りです。

英語長文ポラリスが向いている人の特徴
  • 基本的な英語長文を理解している人
  • 多読を繰り返して学習したい人
  • 詳しい解説を見て正しく理解したい人
  • 英語長文の理解を更に深めていきたい人

「英語長文ポラリス」の詳細は下記の通りです。

参考書名


大学入試問題集 関先生の英語長文ポラリス1

関正生の英語長文ポラリス1


大学入試問題集 関先生の英語長文ポラリス2

関正生の英語長文ポラリス2


大学入試問題集 関先生の英語長文ポラリス3

関正生の英語長文ポラリス3

現状学力→到達学力共通テスト6割→共通テスト7割~共通テスト8割→共通テスト8割、MARCH合格共通テスト→共通テスト9割以上、早慶合格
分量12題
目安時間1題60分×12問=12時間

「英語長文ポラリス」は関先生による詳細な解説があるため、納得感を得ながら学習を進めることができます。ただし問題の難易度に関しては「ハイパー英語長文より難しい」という点に留意しておきましょう。

特徴

「関先生の英語長文ポラリス」の特徴をまとめると下記のようになります。

英語長文ポラリスの特徴
  • 適切なワード数で問題が構成されている
    →多すぎないワード数で問題が構成されている
  • 歴代の入試問題を徹底的に分析している
    →本書はPCに取り込んだ入試問題を関先生自らが分析して作成している
  • 出題の傾向が高いテーマがピックアップされている
    その年によって異なるテーマの傾向を掴んだ問題で構成されている

この他にも、「音声ダウンロードができる」「プロセス重視の考え方が鍛えられる」など、入試に役立つさまざまな特徴が備わっています。特に、音源は長文読解対策に必要不可欠ですから、本書を利用する大きなメリットになるでしょう。

ポラリスの効果的な使い方

ポラリスの効果的な使い方(ステップ)は下記の通りです。

ポラリスの効果的な使い方
  1. 設問を熟読してから本文を読む
    →設問から本文のテーマ、問いの内容を把握する
  2. 解説をしっかりと読み込む
    →解説に加えて各英文に記載されている「この英文を読む意義」も読む
  3. 構文を解析して苦手を克服していく
    →各英文に記載されている構文解析を活用して苦手を克服する
  4. 音読用の英文を繰り返し音読する
    →音読の理解は必須ですから繰り返し行いましょう

上記ステップの中でも、特に「音読用の英文を繰り返し読む」という点は重要です。音読を繰り返し、最終的には自然と意味が理解できるようになりましょう。

関先生の英語長文ポラリスの効果的な使い方

「関先生の英語長文ポラリス」を効果的に使うためのポイントは下記の通りです。

  • 何となくで解かずにポイントを抑える
  • きっちりと指定された時間内に問題を解く
  • 文中に出てきた分からない単語や文法はメモをとっておく

以下では、「関先生の英語長文ポラリス」をさらに効果的に活用するためのコツを紹介していきます。

初めての英語長文を解くときの5ステップ

「初めて英語長文を解く」という人は下記の5ステップを参考にしてみてください。

英語長文攻略の5ステップ
  1. 文法
    →文法学習の目的を明確にする
  2. 単語学習
    →試験までの学習時間を考慮して最低限の単語を覚える
  3. 英文解釈
    →単にSVOCを付けるのではなく英文と設問を正しく理解して処理する
  4. 英語長文学習の基本
    →復習の際は音読必須(1分間に60~80wordを読むのが目安)
  5. 学習英語長文数
    →受験生の8月以降は最低でも1日1問を解く(慣れることが大事)

英語長文の復習

英語長文を復習する際は「黙読2回・音読1回」を1セットで行い、分からない単語や理解できない英文を一つずつ削っていきましょう。

ただし、自分の中で身に付いたという確信が持てる英語長文を何度もやる必要はありません。コンパクトかつ効率的に学習を進めていくことが大切です。

他の英語長文参考書紹介

以下では、「関先生の英語長文ポラリス」のレベルに近い下記の参考書を紹介していきます。

  • The Rules英語長文問題集1
  • やっておきたい英語長文

それぞれの参考書には人によって向き不向きがあります。
自分に合った参考書を選び、効率的に勉強を進めていきましょう。

英語長文の参考書比較

参考書名

やっておきたい英語長文300やっておきたい英語長文300

The Rules英語長文問題集1

向いている人英文解釈を終えていて、英語長文の演習を積みたい人 英語長文を読むときに、意識するべきことがわかる。
特徴語数別に、出版されている。設問の解説・解き方などは詳しい。音声がないのと、構造解析などがないので解く演習を積みたい人向け。The Rules英語長文問題集は、スタディサプリの関先生が授業で言っている英語長文のルールがまとめられています。長文を読むと時に意識して読むポイントがわかるので理解力が上がる。

 

まとめ

本記事では、「関先生の英語長文ポラリス」の特徴や効果的な使い方について解説してきました。

「関先生の英語長文ポラリス」はレベル感を軸にして1~3に分かれています。その中から、自分のレベル(現状学力)と到達したい学力に合ったものを選ぶことができれば、入試問題もスラスラと解けるようになるでしょう。

自分のレベル感に合った参考書があった場合は迷わずに手にとってみてください。また、本記事で解説した「効果的な使い方」をもとに学習を進めれば、入試合格に向けて大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

スタスタ塾コーチ|コットン
勉強法の記事は「スタスタ塾」が監修しています。「教科別の勉強法」などを毎日更新しているので、気になった方はぜひ無料相談を!

オンライン塾・家庭教師えらびに困ったら

色々調べてみたけれど、結局うちの子にはどの塾・先生が合うの??

プロに気軽にオンライン相談しませんか?

スタスタLIVE

簡単登録であとは待つだけ!
お子様の悩みに合った、ぴったりの先生がきっと見つかります!

忘れないうちにシェア