大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本のレベル・使い方徹底解説

倫理が難しいと、悩んでいませんか?そんな方におすすめの参考書が、「大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本」です。テーマごとに分類された本書は、倫理が苦手な方でも読み物として無理なく学習可能です。

しかし、講習する前にレベルや使い方を知りたいですよね。

そこでこの記事では、大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本のレベルや使い方を徹底解説。共通テスト対策として倫理を勉強したい方は、ぜひ参考にしてください。

大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本 

どういう人向けか

倫理の共通テスト対策を1冊で済ませたい人

※自分に合った参考書選びの基準の一つになるのは「見開きで問題が半分以上わかるか」です。

参考書名 大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本 

大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本 

現状学力→到達学力初学者→共通テスト満点
分量27項目
目安時間1h/項×27項=27項

特徴

本書は、倫理専門の参考書。共通テスト対策をギュッと凝縮し、基礎から高得点を取るためのノウハウを1冊で学べます。

内容は、青年期や現代社会の課題、源流・西洋近現代・日本の思想など5テーマに分類。そのため、ポイントを整理しながら理解できます。

また、話し口調で進められる文章は、倫理が苦手な方でも無理なく読み進められます。物語を読んでいるかのような、読書感覚で楽しく使えます。テスト対策の参考書を探している方に、おすすめです。

倫理の点数が面白いほどとれる本の効果的な使い方

効果的な使い方
  1. 全体的な流れをとらえる
  2. キーワード(単語)を付け加える

まずは、キーワード(単語)の暗記よりも全体の流れをとらえましょう。例えば、「ソクラテス」なら細かいキーワードを抜きにして、「何となく悟っている」とイメージします。人と思想のイメージを結び付けることで、記憶に定着しやすくなります。

次に、キーワードを付け加えていきます。流れやイメージを紐づけることができれば、どんどん思想の内容が出てきます。

時間のない大学受験生は、効率よく学習しなければなりません。効率よく参考書を使うことができれば、倫理の点数を9割以上取ることが可能となります。

まとめ

この記事では、大学入学共通テスト 倫理の点数が面白いほどとれる本のレベルや使い方を解説しました。

倫理はコツさえ掴めば、芋づる式に頭に定着させることができます。限られた時間の中で勉強するなら、本書をぜひ手に取ってみてください。

本書を使って効率的に勉強し、高得点を目指しましょう!

こーちゃん