【徹底解説】eスポEnglishの特徴と料金

ABOUT US
スタスタ編集部
当社のインターン生である、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、東京理科大学、東京学芸大学、筑波大学・・・の現役大学生たちが、自身の小中高大受験・通塾・塾講師経験をベースに、各塾の教育方針や学習システム等の特徴を独自に分析し、編集・執筆しています。
対象学年 幼児、小学校1~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生、既卒生
必須環境 ゲームソフト、ゲーム機、PCまたはスマホまたはタブレット
対象ゲーム Fortnite(フォートナイト)、ROBLOX(ロブロックス)、VALORANT(ヴァロラント)
サービス開始年月 2021年6月

ゲーム英会話塾の1つ「eスポEnglish」は、新しいサービスでありながら多くの生徒に支持を受けています。

「eスポEnglish」の指導は、他のゲーム英会話塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、教育方針、料金などから、eスポEnglishの強さを分析したいと思います。

eスポEnglishの特徴

まず、eスポEnglishが多くの顧客から支持される理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

eスポEnglishのFortniteコース3つのポイント
  1. フィリピン人講師によるマンツーマンレッスン
  2. 3つのゲームに対応
  3. ボイスチャットを使用したレッスン

フィリピン人講師によるマンツーマンレッスン

ゲーム英会話塾において、ただレッスンを楽しむだけではなく、英語力を伸ばすためには、どのような講師に教わるかがとても重要でしょう。

eスポEnglishでは、プロとしてのトレーニングを受け、指導経験が豊富である、選び抜かれたフィリピン人英語講師によるマンツーマンレッスンを受けることができます。比較的新しいサービスであるため、3人の先生が所属しており、レッスンを受ける曜日・時間によって対応講師が異なります(2022年7月時点)。

先生方は、子どもに英語を教えた経験があり、ゲームにも精通しているため、人見知りの生徒さんでも打ち解けることができるでしょう。また、講師は生徒さんのレベルに合わせて、英語で話してくれるため、初心者の方でも安心してレッスンを受けることができます。

「外国人講師のレッスンを受けたい」、「グループレッスンではなく、マンツーマンレッスンで自分のペースで学ぶ方が合っている」という生徒さんには最適なレッスン形態と言えるでしょう。

3つのゲームに対応

ゲーム英会話塾を選ぶ際には、楽しくレッスンを続けるために、お気に入りのゲームが対応しているかどうかも、選択基準の一つとなるでしょう。

大人気であるFortnite(フォートナイト)しか対応していない塾も多いなか、eスポEnglishでは、Fortniteに加え、ROBLOX(ロブロックス)、VALORANT(ヴァロラント)にも対応しています。

「ROBLOXやVALORANTに対応している塾を探している」、「色々なゲームでレッスンを受けてみたい」という方には、非常におすすめの選択肢と言えるでしょう。

ボイスチャットを使用したレッスン

オンラインゲーム英会話では、どのようなシステムを用いてレッスンを行うのか気になる方も多いでしょう。

eスポEnglishでは、Discord(ディスコード)というボイスチャットアプリを使用してレッスンを行います。ゲーム内にもボイスチャット機能が搭載されているものの、世界のゲームプレイヤーの中ではDiscordでコミュニケーションを取るのが一般的です。

Zoomでレッスンをする塾もありますが、ゲームの世界で一般的なDiscordに慣れることで、レッスで学んだ英語を生かして、レッスン時間外にも自分で世界中の人と英語で会話をしながらプレーすることも可能になるでしょう。

eスポEnglishの教育方針

eスポEnglishの教育方針は「英語でのコミュニケーションスキルを、遊びながら楽しく向上させる」を掲げ

日本の英語教育は、文法などの学習が多く、英会話がなかなか身に付きにくいのが現状です。

eスポEnglishでは、ゲームをしながら英語でコミュニケーションを取ることに特化しています。ゲームと英語学習を融合させることで、ゲーム内の動作と英語がリンクし、フィリピン人講師が話す英語を英語のまま自然とインプットすることができます。そして、レッスンのなかで、構えずに楽しくアウトプットをすることができます。

ゲームで楽しく遊びながら、外国人講師の英語に触れ、自らも話すことで、英会話力を向上できると言えるでしょう。

eスポEnglishの対象ゲーム

eスポEnglishでは、Fortnite(フォートナイト)、ROBLOX(ロブロックス)、VALORANT(ヴァロラント)に対応しています。Fortniteのみに対応しているゲーム英会話塾も多いなか、eスポEnglishでは3種類のゲームに対応しています。普段からROBLOXやVALORANTをプレイされている方や、複数のゲームを使ってレッスンを受けたい生徒さんにとっては最適な塾と言えるでしょう。

eスポEnglishの必須環境

eスポEnglishでは、レッスンを受講するにあたって、ゲームソフト、ゲーム機、Discordを使用できるPC or タブレット or スマホが必須となっています。

ゲーム機は、PC、Switch、PlayStationなど、該当ゲームをプレイできるものを用意する必要があります。レッスンはDiscordのボイスチャットで行うため、Discordを使用できるPCまたはタブレットまたはスマホが必須とされています。

eスポEnglishのコース

eスポEnglishは、比較的新しいサービスでありながら、多くの生徒に支持をされています。さて、実際にeスポEnglishでは、どのような授業を提供しているのか?コースの詳細を確認したいと思います。

ベーシックコース

レベルに関係なく、一つのベーシックなコースが用意されています。レッスンの教材はゲームであり、講師とDiscord(ディスコード)のボイスチャットで英語でフリートークをしながら、ゲームを楽しむなかで英語でのコミュニケーションを学んでいきます。ゲームは、Fortnite(フォートナイト)、ROBLOX(ロブロックス)、VALORANT(ヴァロラント)の3種類が用意されており、選ぶことができます。

対象レッスン形態
レッスン時間
幼児~大人マンツーマン
1回45分

eスポEnglishの料金

eスポEnglishの料金は一般的なゲーム英会話塾と比較すると「安い」傾向にあります。

1回ごとお支払いをする「1回プラン」と8回まとめ購入ができる「8回プラン」が用意されています。

入会金や教材費はかからず、レッスン代のみで受講をすることができます。

会員登録を行うと1回無料体験を受けることができます。気になる方は、公式サイトより会員登録を行い、無料体験から試してみてください。

1回プラン

レッスンを1回予約するごとにお支払いをするプランです。レッスンを受けたいペースに合わせて、購入・予約をすることができます。

価格(税込み)有効期限レッスン時間/回
1,800円予約の際に購入45分

8回プラン

あらかじめ8回分まとめて購入をするプランです。レッスンの有効期限は3か月となっています。1回あたりの価格は、1回プランに比べて400円お得となっており、定期的にレッスンを受けたい方にはおすすめのプランと言えるでしょう。

価格(税込み)1回あたりの価格
(税込み)
有効期限レッスン時間/回
11,200円1,400円3か月45分

eスポEnglishの分析結果のまとめ

なぜ、eスポEnglishのFortniteコースは多くの生徒さんに支持をされているのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「フィリピン人講師によるマンツーマンレッスンを低価格で提供していること」が強さの秘訣といえます。さらにFortnite(フォートナイト)、ROBLOX(ロブロックス)、VALORANT(ヴァロラント)の3つのゲームに対応している点も評価できるでしょう。

外国人講師によるマンツーマンのゲーム英会話レッスンを低価格で受けたい方や、様々なゲームを使用してレッスンを受講したい生徒さんには非常にオススメの選択肢と言えるでしょう。