「戦略的高校受験と中学英語学習法:成功への黄金ルート」

ABOUT US
スタスタ研究部
スタディスタジオ株式会社の研究部です。 最新の教育情報やテクノロジー情報、生成AI情報を調査・研究しています。

こんにちは!スタスタ研究部です。
本日はこちらのニュースを論説したいと思います!
子どもの可能性を最大限に引き出す黄金ルート「戦略的高校受験」に必要な“目からウロコ”の学習法(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

戦略的高校受験とは?

戦略的高校受験の重要性

高校受験は子どもたちの将来を大きく左右する重要なステップです。特に、進学先の高校がその後の大学受験やキャリアに影響を与えることを考えると、戦略的な準備が必要不可欠です。

戦略的高校受験とは、単に試験対策をするだけでなく、長期的な視点で学習計画を立て、効率的に学習を進めることを指します。これにより、子どもたちは無理なく目標を達成し、自信を持って次のステップに進むことができます。

初めての英語学習でつまずかないために

中学1年生が初めて英語に触れる際、最初の定期テストでつまずくことが多いという現状があります。特に、アルファベットやあいさつ、月、数字、be動詞、一般動詞、助動詞canなど、基本的な内容が含まれる最初のテストで苦戦する生徒が増えています。

このような状況を避けるためには、小学校の段階から英語の基礎をしっかりと築くことが重要です。これにより、中学入学後の英語学習がスムーズに進み、定期テストでも高得点を狙うことができます。

中学英語の学習法

中1英語の定期テスト範囲とその難しさ

中学1年生の最初の定期テスト範囲には、アルファベットやあいさつ、月、数字、be動詞、一般動詞、助動詞canなどが含まれます。これらは小学校で学んだ内容の復習として位置づけられていますが、多くの生徒にとっては新しい挑戦となります。

特に、英語に初めて触れる生徒にとっては、これらの基本的な内容でも難しく感じることがあります。そのため、学習塾や家庭でのサポートが重要となります。

小学校からの英語の土台作り

小学校の段階から英語の基礎をしっかりと築くことは、中学入学後の英語学習に大きな影響を与えます。小学校高学年から中学の内容を先取りして学習することで、中学1年生の最初の定期テストでも自信を持って臨むことができます。

具体的には、英検3級レベルのスキルを身につけることを目標にすることで、中学3年時に準2級、高校3年時には2級を無理なく目指すことができます。

英検準2級・2級取得のメリット

文部科学省のデータによれば、高校3年生の約48.7%が英検準2級相当以上の実力を持っているとされています。この数字は教員の判断も含まれるため参考程度とはいえ、高校3年までに準2級を取得することで全国平均、英検2級を取得すれば上位層に位置することができます。

英検準2級や2級を取得することで、大学受験や将来のキャリアにおいても有利になることが多いです。また、英語力が高まることで、国際的な視野を広げることもできます。

早期英語学習の効果

小学校高学年からの中学内容の先取り学習

小学校高学年から中学の内容を先取りして学習することは、英語学習において非常に効果的です。これにより、中学入学後の英語の授業についていけなくなるリスクを減らすことができます。

また、先取り学習を通じて、英語の基礎をしっかりと築くことで、定期テストや英検の対策もスムーズに進めることができます。

英語学習は努力で伸びる科目

英語学習は「努力で伸びる科目」と言われています。早期の取り組みのメリットを生かすことで、勉強が得意ではない子どもでも英語を得意分野にすることができます。

特に、英語は日常生活や将来のキャリアにおいても重要なスキルです。そのため、子どもたちが自信を持って英語学習に取り組むことができるよう、家庭や学校でのサポートが欠かせません。

自信を持って取り組むための学習法

子どもたちが自信を持って英語学習に取り組むためには、適切な学習法を見つけることが重要です。例えば、英語の歌やゲームを通じて楽しく学ぶ方法や、日常生活で英語を使う機会を増やすことが効果的です。

また、家庭でのサポートも大切です。親が子どもの学習を見守り、励ましながら一緒に学ぶことで、子どもたちは安心して学習に取り組むことができます。

以上のように、戦略的な高校受験と中学英語学習法を実践することで、子どもたちは自信を持って学習に取り組み、成功への道を歩むことができるでしょう。親としても、子どもたちの学習をサポートし、共に成長していくことが大切です。

小学生必見

オンライン塾徹底比較

中学生必見

オンライン塾徹底比較

高校生必見

オンライン塾徹底比較