学習塾

学習塾ニュース

「中学生の夏休み、保護者のストレスと生成AI使用の実態」

中学生の夏休みは、保護者にとってストレスの原因となることが多いようです。特に、長時間のスマホやゲームの使用が問題視されています。また、夏休みの宿題に生成AIを使用することについても、保護者の4割以上が否定的な意見を持っています。子どもたちには規則正しい生活リズムを守り、計画的に過ごすことが求められています。保護者の皆さんも、子どもたちの夏休みを有意義に過ごせるようサポートしていきましょう。

学習塾ニュース

中学受験の過熱と専願システムの利点:森山田家の体験談

中学受験の過熱が続く中、首都圏模試センターの推計では2023年度の受験者数が過去最高の5万2600人に達しました。これにより家庭への経済的負担や教育格差が拡大する懸念があります。一方で、高校受験の専願システムは、特定の高校を第一志望とすることで合格基準が緩和される利点があり、公立中学からの進学に有利です。森山田家の体験談からも、中学受験の失敗が必ずしも将来を左右するわけではないことが示されています。

学習塾ニュース

2024年上半期 学習塾倒産過去最多 個別指導塾スタンダードの影響

2024年上半期、学習塾の倒産件数が過去最多の26件に達しました。少子化が進む中、新規参入が相次ぎ、競争が激化しています。特に「個別指導塾スタンダード」の倒産は業界に大きな影響を与えました。保護者の皆さんは、塾選びの際に子供の学習スタイルや家庭の経済状況を考慮し、慎重に選ぶことが重要です。最新の情報を収集し、最適な教育環境を提供するための参考にしてください。

学習塾ニュース

「戦略的高校受験と中学英語学習法:成功への黄金ルート」

子どもの将来を左右する高校受験に向けて、戦略的な学習計画が重要です。特に中学英語の基礎を小学校から築くことで、中学入学後の学習がスムーズに進みます。英検準2級や2級の取得は大学受験や将来のキャリアにも有利です。早期の英語学習は努力で伸びるため、家庭でのサポートが欠かせません。親子で一緒に学び、子どもたちが自信を持って取り組むことが成功への鍵です。

学習塾ニュース

地域コミュニティーと子どものやる気を支える「コクバン」と「ヤルキプラス」アプリ

地域コミュニティーと子どものやる気を支えるアプリが登場しました。「コクバン」アプリは、回覧板をデジタル化し、情報共有を迅速に行うことで地域活動を活性化します。一方、「ヤルキプラス」アプリは、勉強時間を管理し、モンスター育成ゲームと連動させることで、子どもの学習意欲を高めます。これらのアプリは、地域と教育の新しい形を提案し、私たちの生活をより便利にしてくれます。

学習塾ニュース

富山県の不登校支援:新たなフリースクール開設と行政の助成

富山県では不登校の子どもたちのために新たなフリースクールが開設される動きが進んでいます。県は新年度予算案でフリースクールの利用料を助成することを発表し、子どもたちが安心して学べる環境を整えています。また、鳥居平和さん夫妻が運営するフリースクールでは、学習面だけでなく心身のケアも提供される予定です。これにより、不登校の子どもたちが多様な選択肢を持ち、安心して過ごせる居場所が増えることが期待されます。

学習塾ニュース

「探究学習に力を入れる首都圏中高一貫校ランキング:市川が1位」

「探究学習に力を入れる首都圏中高一貫校ランキング」が発表され、市川(千葉)が1位に輝きました。探究学習は、子どもたちが自ら問題を見つけ、その解決方法を探る学習方法で、自主性や創造力を育むことができます。ランキングには、足立学園(東京)、山脇学園(東京)、麗澤(千葉)、順天(東京)もランクインしており、それぞれ独自の取り組みを行っています。保護者の皆さんは、志望校選びの参考にしてみてください。

学習塾ニュース

「中学受験に向いていない子の特徴と花まる学習会の評判」

中学受験を考える際、子どもの発達段階に合ったカリキュラムを選ぶことが重要です。低学年からの塾通いにはリスクが伴うため、まずは基礎学力を身につける場所から始めるのが良いでしょう。例えば、「花まる学習会」は遊びを楽しむような学習スタイルで人気ですが、子どもの性格や特性に合った塾を選ぶことが大切です。無理に通わせるのではなく、子どもが楽しんで学べる環境を提供することが最も重要です。

学習塾ニュース

中学受験のメリットと志望校選び:矢野耕平先生のアドバイス

中学受験は必須ではなく、選択肢の一つです。メリットとしては、中高一貫校で6年間同じ環境で過ごせることが挙げられます。デメリットとしては、塾中心の生活で自由な時間が減ることがあります。志望校選びでは、お子さんの興味や学力に合った学校を選び、親のサポートが重要です。スタジオキャンパスでは、個別指導や模擬試験を通じて、子どもたちの受験をサポートしています。

学習塾ニュース

2023年学習塾倒産が過去最多、近畿と関東で急増する理由とは

2023年、学習塾の倒産件数が過去20年間で最多の45件に達しました。主な原因は販売不振で、特に近畿と関東で倒産が急増しています。市場の競争が激化する中、大手塾はIT化やブランド力で生き残りを図る一方、中小塾は資金やリソースの制約で厳しい状況に置かれています。親御さんたちは、塾選びの際に経営の安定性も考慮することが重要です。

学習塾ニュース

小菅村開設「すたすたスクール」公営学習塾の全貌と展望

山梨県小菅村に開設された公営学習塾「すたすたスクール」は、地元の小中学生に手頃な価格で質の高い教育を提供することを目的としています。週2回、月額1000円で利用可能で、地域に根ざした教育を行うことで、学習意欲の向上や教育格差の解消に寄与しています。教育の機会均等を目指すこの取り組みは、他の地域にも影響を与える可能性があります。

学習塾ニュース

南房総市、全児童に教育クーポン交付!学びの支援拡大

南房総市が小学5年生から中学生までの子どもたちに教育クーポンを交付します。このクーポンは、学習塾や文化・スポーツ教室などで利用可能で、家庭の経済的負担を軽減し、教育の機会均等を図ることを目的としています。全対象者に一律の金額が設定され、より多くの家庭が利用しやすくなっています。市内の124件の施設で利用でき、オンライン塾でも使用可能です。

学習塾ニュース

2024年12月児童手当拡充!教育支援と少子化対策の全貌

2024年12月から児童手当が拡充され、全家庭が所得制限なしで受給可能となります。特に第3子以降の手当は増額され、多子家庭の支援が強化されます。また、就学援助制度や受験生チャレンジ支援貸付事業を通じて、経済的困難家庭の子どもたちにも教育の機会が保障されます。これらの施策は、少子化対策としても期待されており、子どもたちの未来に対する投資としての意義が大きいです。

学習塾ニュース

八王子つばめ塾の挑戦:無料教育で都立高校合格を目指す

八王子つばめ塾は、経済的に困難な家庭の子どもたちに無料で質の高い教育を提供し、教育格差の解消を目指しています。2023年度には19人の生徒が都立高校に合格し、これは塾の教育方針と献身的な指導が生徒たちの努力と結びついた結果です。また、塾では奨学金や食料支援も行い、生徒たちが経済的な心配から解放され学業に専念できる環境を整えています。これらの取り組みは、教育の質を保ちながら、生徒たちが自分たちの可能性を最大限に引き出すために重要です。