LINE で塾選びを相談する(無料)

難関大・医歯薬系大に合格させるニチガクの指導や講師を徹底分析

難関大・医歯薬系大に合格させるニチガクの指導や講師を徹底分析
対象学年 高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:難関校〜医歯薬系大学向け
塾の規模 個人塾
JR山手線「新宿駅」にある進学塾である「ニチガク」は、大学受験において少数精鋭ながら毎年難関校に合格者を輩出しています。

1校のみという規模ですが、毎年一流難関大学や医歯薬系大学の合格者を輩出する「ニチガク」は他の進学塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などからの強さを分析したいと思います。

ニチガクの特徴

まず、ニチガクが多数の合格者を輩出できる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

ニチガク3つのポイント
  1. 理解するまで何度も繰り返す反復学習を行う
  2. 問題が解けずに悩んでいる時間を減らす
  3. 一般入試だけが大学受験ではない

理解するまで何度も繰り返す反復学習を行う

ニチガクは1クラス15〜25名という少人数指導です。そのため、講師と生徒の距離が近く、分からない問題はすぐに質問できる形となっています。

講師は東大医学部や早慶をはじめとした超一流難関大学合格者による授業で、生徒は問題を「理解する」だけでなく「解ける」レベルまで、繰り返し学習します。
また、ニチガクのOB・OGを採用することで、講師は生徒の状況や立場をよく理解しています。

講師に関して、詳しい情報は公開していないため、気になる方は教室にお問い合わせいただくことをお勧めします。

問題が解けずに悩んでいる時間を減らす

ニチガクでは通常の集団授業を受講した後や、分からない問題、または何か質問があれば「分からない」で悩んでいる時間を減らすために個別指導を受講することができます。

ニチガクでは集団授業とは別に、1週間で最大39時間、1日あたり5〜6時間までの個別指導が受けられます。

この個別指導はニチガクの授業に関する質問のみならず学校の授業や生徒が持っている参考書などの質問も受け付けており、生徒は「分からない」をなくすために、「いつでも」「何度でも」質問ができます。さらに、最大39時間の時間内であれば、何度受講しても料金は無料となっています。

一般入試だけが大学受験ではない

一般的な進学塾では、大学入試における一般入試やセンター試験のための対策をしているところが多いですが、ニチガクでは合格率を上げるために現役生であれば、一般入試という形だけでなく推薦入試という志望校合格のための方法も勧めています。

ニチガクが長い時間をかけて研究したデータを元に、在学している学校別の定期テスト対策をすることで、推薦合格をより確実なものへと近づけます。

面接や小論文対策のサポートもおこなっているため、生徒も安心して推薦合格を狙うことができます。

ニチガクの教育方針

ニチガクは教育方針として「大学合格、それは家族全員の喜び」を掲げています。その実現のために、少しでも多くの生徒が志望大学に合格することを目的としています。そのため、「反復学習」、「分からない問題の徹底理解」、「推薦入試の選択」というニチガクのノウハウにより、合格率を上げています。

生徒だけでなく保護者の方々の喜びを生み出すために全力でサポートをしているのがニチガクの教育方針の表れであると言えます。

ニチガクの合格実績

ここまでニチガクの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどのような学校に合格者を輩出しているのか、確認してみましょう。

ニチガクでは「東京大学」をはじめとした、「早稲田大学」、「慶應大学」、「東京理科大学」、「防衛医科大学校」、「東京慈恵会医科大学」といった難関大学の合格実績があります。
これらは合格実績の一例にすぎませんが、このように難関大学や医歯薬系大学の合格者を多く輩出していることが分かります。

しかし学校別の合格実績は公表されていないため、詳しい合格実績が気になる方は、お近くの教室を探しお問い合わせいただきたいと思います。

ニチガクのコース

ニチガクは大学受験対策のため、高校生と既卒生向けのコースがあります。詳しいコースなどは公表されていないのですが、ニチガクでは「ニチガク・メソッド」という志望校に合格するためのサイクルがあります。

合格のための「ニチガク・メソッド」とは何か?確認していきましょう。

ニチガク 高校生・既卒生向けのコース

ニチガクの高校生・既卒生向けのコースでは、難関大学・医歯薬系大学合格に向けて15〜25名の少人数クラスで優秀な講師陣が指導しています。

小テスト 授業を受講し終わる度に、合格点のある確認テストを行っています。
この小テストにより、生徒は自分が理解できていない箇所が明らかになり、成績アップに繋がります。
小テストの結果が合格点に満たなかった場合にも、授業を再受講することが可能となっています。
また、合格するまで何度でも受講可能です。
サイクル授業 サイクル授業とは入試によく出てくるような箇所を、重点的に何度も反復学習することで、生徒の確実な知識としてインプットしていくためのシステムです。
3~6ヶ月のサイクルで生徒の進度やレベルに合わせて入試によく出てくる箇所を、項目別に学習し続けます。
最大で、5~6回反復することで成績を高めることができます。
チェックテスト 授業の後にある確認テストとは違い、3ヶ月に一度学校の定期テストのようなチェックテストを行うことで、生徒の進度や理解を測ります。
このテストの結果から、レベルによるクラス分けを行うことで、生徒は自分のレベルにあったクラスで受講することができます。

詳しいコース情報は公表されていないため、その他の情報をお知りになりたい方は資料請求し確認していただくことをオススメします。

ニチガクの料金

ここまでニチガクの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、具体的な料金については公表されていないため、詳しい料金を知りたい方はお問い合わせいただきたいと思います。

ニチガクの分析結果のまとめ

ニチガクはなぜ難関大学・医歯薬系大学合格者を多く輩出できるのか、「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、大手予備校にはない生徒と講師の距離が近さによって、問題が解けるようになるまで徹底的に追求し続けられる環境が整っていること、が強さの秘訣と言えます。
また、一般入試対策だけでなく、推薦入試対策をすることで合格率が上がり、ニチガクの教育方針にもあるように、家族の安心に繋がります。

子どもの将来を決める難関校への合格を目指すならば、ニチガクに入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す