LINE で塾選びを相談する(無料)

【志望校合格にとことんこだわる】個別enaの強さの秘訣を徹底解説

【志望校合格にとことんこだわる】個別enaの強さの秘訣を徹底解説
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け、学校成績向上
塾の規模 大手塾

「個別ena」は、首都圏を中心に35教室を展開する個別指導塾です。

「志望校の合格」にとことんこだわる個別enaは他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、教育方針、コースなどから個別enaの強さを分析したいと思います。

個別enaの特徴

まず、「志望校の合格」にとことんこだわる個別enaの強さの秘訣を分析するために3つの特徴から確認していきます。

個別ena3つのポイント
  1. 内申点対策への注力
  2. 目的に合わせたコース設計
  3. 志望校合格ラインの掌握

内申点対策への注力

昨今の学習塾は入試対策に焦点をあてがちですが、受験には入試での得点と内申点の両方が必要になります。

個別enaでは、入試への綿密な対策はもちろん、学校の定期試験の対策も行なっています。

そのため、志望校合格に必要な高い内申点も確保することが可能です。

このように入試対策と内申点対策の両方を行う個別enaでは、受験への効率的なアプローチができると言えるでしょう。

目的に合わせたコース設計

個別enaでは、生徒それぞれのコース設計を行なっています。以下ではそのステップを紹介します。

  • テキストを個々人の実力・難易度・学習スタイルによって変えます。そのため、それぞれの生徒に最適な学習教材を提供することができます。
  • 入塾前に生徒の要望を聞き、それに基づいて数ある講師の中から相性の良い講師を選定します。
  • 生徒が授業の時間割を決めるので、それぞれのライフスタイルに合った授業計画を立てられます。

上記のような取り組みを行なっているからこそ、個別enaは効率的なカリキュラムを用意できているのでしょう。

志望校合格ラインの掌握

多くの受験校は合格の基準を明記していないため、一般の受験生は自分が合格レベルにいるのか把握することができません。

一方個別enaは大手進学塾のenaグループに所属しているため、多数の受験生と合格者のデータを所持しています。そして、その膨大な受験データを正確に分析しているため、各校の合格ラインを的確に把握しています。

そういった大手塾ならではの情報をもとに、個別enaの生徒は志望校合格のための効率的な学習を行えるでしょう。

個別enaの教育方針

個別enaでは「志望校へ合格するため、個々人に合わせた指導」を教育方針に掲げています。

ほとんどの集団授業の場合、自分に合った指導を受けることが困難です。一方個別enaは、個別指導に特化し、生徒ごとの志望校合格への最適な学習計画を立てています。

また志望校合格に向けて、大手塾ならではの受験データも手に入れることができるため、個別enaは自身の教育方針を体現していると言えるでしょう。

個別enaの合格実績

残念ながら個別enaは合格実績は公表していませんが、お問い合わせや資料請求にて確認できるでしょう。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

個別enaのコース

ここでは、個別enaが実際にどのような授業を提供しているのか紹介していきます。

コース名 授業スタイル コース概要
ミニコース 講師1人:生徒3人 個別enaの中で、スタンダードなコースです。
授業と演習をバランスよく組み合わせて、自分で思考し解答する力を養成します。
マイコース 講師1人:生徒1人 マンツーマン形式のコースです。
オーダーメイドでカリキュラムを構築するため、苦手科目の克服や難解な受験問題の指導に最適です。
チャレンジコース 講師1人:生徒2人 基礎づくりから難解な受験対策まで、幅広く対応しているコースです。
各学年のコースを用意しています。

個別enaの料金

個別enaの料金は一般的な学習塾と比較すると「やや安い」向にあります。

ただし、「学年」「通学頻度」「お住いの地域」によって料金が変動する仕組みになっています。

詳細を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

個別enaの分析結果のまとめ

「志望校の合格」にとことんこだわる個別enaの強さの秘訣は何なのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「生徒一人ひとりに対応した効率的な指導」が強さの秘訣と言えます。

志望校への合格を効率的に勝ち取りたい方にとって、個別enaは特にオススメの選択肢と言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す