学び方を学べる塾「aps」が難関校受験に強い理由を解説

学び方を学べる塾「aps」が難関校受験に強い理由を解説
対象学年 高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾、集団指導塾
塾タイプ 受験:中堅~難関校向け
塾の規模 個人塾
渋谷にある「apsアカデミー」は、難関大学へ多数の合格者を輩出しています。

生徒に合格力を付けさせるapsアカデミーの指導は、他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などからapsアカデミーの強さを分析したいと思います。

apsアカデミーの特徴

まず、apsアカデミーが難関校に多数の合格者を輩出できる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

apsアカデミー3つのポイント
  1. 合格力を身に付けさせる指導体制
  2. 生徒一人ひとりに行き届いたケア機能
  3. web講座+アシスタントアドバイザー

合格力を身に付けさせる指導体制

「今学習するべきポイントはどこなのか」「志望校対策は何を優先して行えばいいのか」という疑問は、ほとんどの受験生が直面するものではないでしょうか。

apsではオーダーメイドのカリキュラムを提供しているため、すべての生徒が最適な学習設計を構築することが可能です。

大きな特徴として、クラスをレベル別に英語14クラス、数学18クラスと細かく分けることで、生徒一人ひとりに合った環境で演習を積ませます。

加えて塾全体の生徒数に制限を設けているため、生徒全員に目が行き届く環境が整っていると言えるでしょう。

生徒一人ひとりに行き届いたケア機能

長い受験勉強を一人で乗り越えることは、容易ではありません。緊張から生まれるストレスや、受験に対する不安感などは受験につきものでしょう。

apsでは志望校対策に加え、講師担当制度を採用し、精神面のケアを親身に行っています

さらに、自由に質問ができる「チューター」制度グループ学習が受けられる「SA(スチューデント・アシスタント)」制度で生徒を支えます。

どちらも東京大学をはじめとした難関大学に通う大学生が担当するので、安心して指導を任せることができます。

web講座+アシスタントアドバイザー

apsは社会系科目と理科系科目のweb講座を提供しています。講座は基礎から応用力が試されるものまで幅広く用意されており、思考力を鍛えるには打ってつけです。

またweb講座ではシスタントアドバイザーが生徒の学習をサポートするので、受験生が陥りがちな「授業を消化しただけ」の状態を防ぎます

apsアカデミーの教育方針

apsアカデミーは教育方針として「学び方を学ぶ予備校」を掲げています。

オーダーメイドのカリキュラムにより、必要な学習ポイントを的確におさえた指導が可能であり、「何を学べばいいのか」をはっきりとさせます。

チューターやSAが生徒に寄り添うことで、合格するための学習方法を学べることも教育方針の現れと言えるでしょう。

apsアカデミーの合格実績

apsアカデミーは東大、京大、一橋大、慶應大、早稲田大といった大学へ合格者を輩出しています。詳しい合格実績を確認したい場合は教室へお問い合わせください。

apsアカデミーのコース

apsアカデミーは決まったコースを設定していません。資料請求やお問い合わせでお子様に最適のカリキュラムを確認していただくことをおすすめします。

 

apsアカデミーの料金

apsアカデミーは現役生コースの入会金と月額料金を公開しています。

入会金:20,000円
学費:36,000円~65,000円/月

 

apsアカデミーのまとめ

apsアカデミーはなぜ多くの生徒を難関校合格に導けるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「生徒に寄り添う講師・チューターの濃密な指導」が強さの秘訣と言えます。カリキュラムを個人レベルで設定し、精神面のサポートも抜かりありません。

受験を勝ち抜くためにapsアカデミーを選択することは適切な一手だと言えるでしょう。

 

カテゴリから記事を探す