LINE で塾選びを相談する(無料)

英語に必要な4技能をマスター!「レプトン」で効果が出る理由とは?

英語に必要な4技能をマスター!「レプトン」で効果が出る理由とは?
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上
塾の規模 大手塾

全国に1,200教室を展開させている「レプトン」は、小学生から高校生まで様々な年齢や語学レベルの英語学習に対応しています。

海外でも導入され始めている「レプトン」の英語教育は、他の英語塾の指導と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、教育方針などからレプトンの強さを分析したいと思います。

レプトンの特徴

レプトンが英語力を向上させられる理由を分析するために、まずは特徴から確認をしてみましょう。

レプトン3つのポイント
  1. 独自の学習法
  2. 「個別・自習学習」スタイル
  3. 英語能力テストJET

独自の学習法

東京オリンピックが開催される2020年度から、“将来使える”英語教育へと大きく変わります。そのため、高校・大学入試でも従来とは異なる英語力が求められるようになることが予想されます。「受験英語」を勉強するだけでは不十分な時代に突入していくでしょう。

そこでレプトンは、ただ単語を覚えさせるだけの授業は行っていません。ネイティブの音声を使って「聞く」、声に出して「話す」、会話文や物語文を「読む」、テキストの単語や文を「書く」というように、4技能をうまく組み合わせた授業運営を行っています。

このようにレプトンは生徒の将来を見据えて、最も効果的な英語教育を体現している塾であると言えます。

「個別・自立学習」スタイル

英語力の習得には、徹底した反復練習が必要不可欠です。そのため、レプトンは「個別・自立学習」スタイルを採用しています。

このスタイルでは、チューターが生徒一人ひとりに学習目標を設定して、定期的に理解度をチェックします。生徒は自分のペースで目標達成に取り組み、できるようになるまで繰り返し復習します。

レプトンは、このスタイルを導入することで生徒の自立学習力をアップさせ、知的好奇心を刺激しています。

英語能力テストJET

レプトンは英語学習の達成度を測る「道しるべ」として、JET(ジェット)とTOEIC(トーイック)の受験を目指しています。TOEICは検定試験として有名ですが、JETを知っている方は少ないのではないでしょうか?

小学生にとっていきなりTOEICを受験するのはハードルが高く、TOEIC開発者が作ったこのJETがTOEICに挑戦する準備として有効です。小学生の日常生活に密接した「実用的な英語力」の定着度を測れるだけでなく、詳細なスコアレポートを作成してもらえるので、自分の弱点や苦手分野も明確になります。

レプトンでは、TOEICやJETのような外部の検定試験の対策もできるので、将来使える資格も手に入れられるでしょう。

レプトンの教育方針

レプトンは「4技能をマスターして、世界で通じる英語力を!」という教育方針を掲げています。

レプトンに通っている生徒は、英語力向上に不可欠な4技能を満遍なくマスターし、JETやTOEICのような外部の検定試験に幼い頃から挑戦できます。

まさに、「世界で通じる英語力」を伸ばせる学習環境が整っていると言えるでしょう。

レプトンのコース

レプトンは生徒一人ひとりに合わせた「個別・自立学習」スタイルを導入しているため、あらかじめ決められたコースを受講させることはありません。

ただし、英語レベル別に使用するテキストや学習内容は異なるので、詳しく知りたい方はホームページから直接ご確認ください。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

レプトンの料金

残念ながら、レプトンは料金を公表していません。

教室ごとに受講料が異なっているので、詳細を知りたい方はお近くの教室までお問い合わせください。

レプトンの分析結果のまとめ

レプトンは、なぜ英語力を向上させられるのか?「特徴」、「教育方針」などから分析を行いました。

結論、「4技能をバランス良く、かつ自立的にアップさせる学習法」が強さの秘訣だと分かりました。JETやTOEICのように頑張った成果を可視化させる機会を作っているのも、高く評価できるポイントです。

このように、レプトンは幼い頃から着実に英語力を伸ばせる塾であると言えるでしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す