LINE で塾選びを相談する(無料)

算数・数学が好きになる!鴨下算数数学塾の教育をわかりやすく解説

算数・数学が好きになる!鴨下算数数学塾の教育をわかりやすく解説
対象学年 未就学児、小学1年生~小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校
塾の規模 個人塾
JR国分寺駅近くに校舎を構える「鴨下算数数学塾」は、全学年を対象に算数・数学の楽しさを教えている学習塾です。

では、お子様に算数・数学を大好きにさせる鴨下算数数学塾は、他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、教育方針などから鴨下算数数学塾の強さを分析したいと思います。

鴨下算数数学塾の特徴

まず、鴨下算数数学塾で算数・数学が大好きになる理由を分析するために、特徴から確認してみましょう。

鴨下算数数学塾3つのポイント
  1. 算数・数学教育で大切にしている3つのコト
  2. お役立ち情報を配信する音声ブログ
  3. ”英語にも強い”独自の勉強法

算数・数学教育で大切にしている3つのコト

鴨下算数数学塾には、教育において大切にしている3つのコトがあります。

  1. 算数・数学を好きになる
    算数や数学が苦手となってしまう要因は、センスがないのではなく、ただ単純に「慣れてない」ことがほとんどです。鴨下算数数学塾では、数字に慣れてもらうためにお子様に合った問題を解かせます。そして徐々に数字に対する抵抗をなくし、算数・数学を好きになってもらうことを目指しています。
  2. リズムをつくる
    リズムとは、習慣のことです。勉強も同じように「毎日数分でも問題を解く」など、学習習慣を身に付けることが重要だと言えます。そこで鴨下算数数学塾では、決まった曜日の決まった時間に通塾してもらうことで、生徒にその習慣を身に付けさせています。
  3. 学ぶ時期
    お子様にとって勉強を始める時期というのは、非常に重要です。何故ならば、大人になってから新しいことを始めるのと、子どもの時に始めるのとでは、記憶力や学習の定着度に違いがあるからです。鴨下算数数学塾では、その時期を大切にしています。

上記のことから算数や数学に対して、指導力の高さが伺えます。算数・数学が苦手なお子様にとてもおすすめの学習塾だと言えるでしょう。

お役立ち情報を配信する音声ブログ

鴨下算数数学塾では、「大好きが天才を生む」という塾長自ら配信している音声ブログがあります。

この音声ブログは更新頻度も高く、これから受験をはじめる方々にとって役立つ情報が満載です。また「大手塾に行くな」など塾長の持論も語られており、非常に満足度の高いものとなっていて、塾を探す保護者の方は必見です。

この音声ブログは、通塾している方だけが聞けるものではなく、一般の方も閲覧できるため気になる方はおすすめです。

”英語にも強い”独自の勉強法

鴨下算数数学塾は塾名の通り算数や数学に力を入れている学習塾ですが、「鴨下式英語勉強法」というものがあるほど英語にも力を入れています。

英語は発音の勉強が重要と謳っており、英語に自信がない生徒も英検2級に合格させているという実績もあります。

詳しい勉強法や英語教育に対しての考え方などは、上記でも紹介した「音声ブログ」で語られているため要チェックです。

鴨下算数数学塾の教育方針

鴨下算数数学塾は、「一緒に算数・数学を大好きになりましょう」を教育方針に掲げています。

「算数・数学教育で大切にしている3つのコト」を土台として、指導にあたり、生徒に算数・数学を大好きになってもらっているという点で、この教育方針を体現しています。

また音声ブログや数学だけでなく英語の勉強法に力を入れている点なども高く評価でき、魅力的な学習塾であると言えます。

鴨下算数数学塾の合格実績

鴨下算数数学塾は合格実績を公表していないため、教室にお問い合わせをお願いします。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

鴨下算数数学塾のコース

鴨下算数数学塾はコースを公表していないため、教室にお問い合わせをお願いします。

鴨下算数数学塾の料金

鴨下算数数学塾は料金を公表していないため、教室にお問い合わせをお願いします。

鴨下算数数学塾の分析結果のまとめ

なぜ鴨下算数数学塾で、算数・数学が好きになるのか?特徴、教育方針から分析を行いました。

結論、「算数・数学を好きになってもらう仕組みが整っていること」が強さの秘訣と分かりました。また、音声ブログの内容からも、塾長の経験値と手腕の高さが伺えます。

鴨下算数数学塾は、「数学を自然に身につけたい」「子どもが算数に苦手意識を持っている」といった方にピッタリの学習塾だと言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す