LINE で塾選びを相談する(無料)

小さいけど強い塾「進学塾TOP→PASS」で真剣に受験突破を目指せる理由

小さいけど強い塾「進学塾TOP→PASS」で真剣に受験突破を目指せる理由
対象学年 小学5年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 個人塾
東京都江戸川区に1校ある「進学塾TOP→PASS(トッパス)」は、少人数ながらも中堅校に合格者を多く輩出しています。

地域に根差した「進学塾TOP→PASS」は、他の学習塾と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから進学塾TOP→PASSの強さを分析したいと思います。

進学塾TOP→PASSの特徴

進学塾TOP→PASSが中堅校に合格者を輩出する理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

進学塾TOP→PASS3つのポイント
  1. 家庭学習を補う通塾日数
  2. レベルの高い放任
  3. 転塾基準と入塾基準

家庭学習を補う通塾日数

通塾での学習時間と家庭での学習時間確保の両立を目指すのが一般的です。

進学塾TOP→PASSは家庭での学習を極力減らし、小学校から週2、中学校から週3の通塾をします。また、定期テスト前は3週間前から毎日通塾します。
講師のもとで丁寧な指導を直接受けることにより、志望校合格を目指しています。

家庭学習が苦手なお子さんを持つ保護者様にとって、通塾日数が多いことは、塾選びの際の安心材料になると言えます。

レベルの高い放任

進学塾TOP→PASSは、「レベルの高い放任」を目指しています。
受験期になると通塾日数が週5~6日の通塾になります。厳しく管理されているように見えますが、自習する際は、音楽聞きながら勉強しても、ご飯を食べながら勉強しても、生徒の自由です。
つまり「レベルの高い放任」とは、生徒が学習に集中できる環境を管理し、勉強方法については生徒に主体性を持たせることであると言えます。

一般的に受験対策を中心とした学習塾では、通塾日数だけでなく、勉強方法に関しても画一的な指導になりがちです。

進学塾TOP→PASSは、生徒の主体性を生かしながら学習を管理し、生徒自身に勉強方法を考えさせます。そのため、自立した人間に成長することが期待できるでしょう。

転塾基準と入塾基準

進学塾TOP→PASSの小学生向けコースには、入塾の条件はありませんが、学力次第で塾を変えなくてはならない転塾基準があります。(詳細は各教室にお問い合わせください。)

中学生向けコースでは、転塾基準はありませんが、厳しい入塾基準があります。(例:船堀近隣に住んでいて、江戸川区内の公立中学校に通っていること。他の塾と掛け持ちしないこと。他の習い事で塾を休むことがないこと。)

進学塾TOP→PASSに通塾している生徒は、厳しい基準を乗り超えていることから、受験に対しての真剣度が他塾の生徒とは異なります。

緊張感のある受験勉強で、本番への勝負強さを培えると言えるでしょう。

進学塾TOP→PASSの教育方針

進学塾TOP→PASS(トッパス)は教育方針として、「君の志望校へ“突破す”」を掲げています。

厳しい通塾日数や転塾・入塾基準はすべて志望校合格のためにあるといっても過言ではありません。進学塾TOP→PASSは本気で生徒の志望校合格を切実に考えた結果、管理された放任主義へたどり着いたと言えます。

このように生半可な気持ちで受験に挑まない、進学塾TOP→PASSの覚悟が、教育方針にあらわれていると言えるでしょう。

進学塾TOP→PASSの合格実績

ここまで進学塾TOP→PASSの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか、高校受験の2018年最新の合格者を確認してみましょう。

2018年2月入試(都立高校受験者14名)

学校名 合格者数
小松川高校 5名
竹早高校 1名
城東高校 1名
墨田川高校 2名
東高校 1名
晴海総合高校 1名
つばさ総合高校 1名
関東第一高校 1名
二松学舎大付属高校 1名

進学塾TOP→PASSのコース

さて、進学塾TOP→PASSが中堅校へ多くの合格者を輩出していることが分かりました。では、実際に進学塾TOP→PASSでは、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。

進学塾TOP→PASS小学生向けコース

進学塾TOP→PASSの小学生向けコースは、国語と算数だけでなく、理科と社会の理解・定着を推奨しています。
残念ながら各コースの詳細は、公表されていないので、教室に直接お問い合わせください。

小学5年生~小学6年生 ・国算&社理
週に2日通塾します
・国算or社理
週に1日通塾します。
・地域貢献特別授業目指せ!英検4級(中2修了レベル)小学生英語講座
英会話教室ではなく、英検合格や中学受験、高校受験を意識した指導をします。

 

進学塾TOP→PASS中学生向けコース

進学塾TOP→PASSの中学生向けコースは、入塾基準が存在します。季節により、入塾基準が変動しますので、教室にお問い合わせください。
残念ながら各コースの詳細は公表されていないので、教室にお問い合わせいただきたいと思います。

中学1年生 ・5科目
定期考査3週間前から毎日通塾します。
中学2年生 ・5科目
定期考査3週間前から毎日通塾します。
中学3年生 ・5科目(前期・後期)
前期は週11コマ、後期は週23~28コマ行います。圧倒的な学習量により、偏差値が上がり、志望校合格に近づきます。
定期考査3週間前から毎日通塾します。

 

進学塾TOP→PASSの料金

進学塾TOP→PASSの料金は一般的な学習塾と比較すると「低い」傾向にあります。
年間総費用を明確に提示しているので、追加で料金を請求される心配はないでしょう。

進学塾TOP→PASS小学生向けコース料金

コース 小学5年生~小学6年生(国算&社理)
科目 国語、算数、社会、理科
金額 10,000円/月(週2日通塾)
コース 小学5年生~小学6年生(国算or社理)
科目 国語、算数または、社会、理科
金額 6,000円/月(週1日通塾)
コース 小学5年生~小学6年生(地域貢献特別授業 目指せ!英検4級)
科目 英語
金額 単科1,500円/月 諸費用6,000円/年

 

進学塾TOP→PASS中学生向けコース料金

コース 中学1年生(5科目)
科目 英語、国語、数学、理科、社会
金額 15,000円/月(週3日通塾)
コース 中学2年生(5科目)
科目 英語、国語、数学、理科、社会
金額 17,000円/月(週3日通塾)

※年間教材費 15,120円 年間テスト費 9,720円
設備費・維持費 前期・後期 各 12,960円
年間総費用 中学1年生/約33万円 中学2年生/約35万円

コース 中学3年生(5科目・前期)
科目 英語、国語、数学、理科、社会
金額 21,000円(週4日通塾)
コース 中学3年生(5科目・後期)
科目 英語、国語、数学、理科、社会
金額 32,000円(週5~6日通塾)

※年間教材費 18,360円
テスト費 前期 11,240円 後期 12,000円
設備費・維持費 前期・後期 各12,960円
季節講習以外のオプション講座は一切ありません。
年間総費用 約60万円

進学塾TOP→PASSの分析結果のまとめ

「進学塾TOP→PASS」はなぜ中堅校に合格者を輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、家庭学習を補う通塾日数とレベルの高い放任が強さの秘訣と言えます。

受験に対して生半可な気持ちでは進学塾TOP→PASSに通うことはできないでしょう。しかし志望校に絶対に合格する覚悟がある生徒には、最適な環境と言えます。

江戸川区近辺にお住まいで、中堅校への合格を望むのならば、進学塾TOP→PASSに入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す