めんどうみ主義|ハイパーウイングが医学部受験生に選ばれる理由とは

めんどうみ主義|ハイパーウイングが医学部受験生に選ばれる理由とは
対象学年 高校1年生~高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 医学部受験
塾の規模 大手塾
本郷三丁目駅から徒歩5分に校舎を構える「ハイパーウイング」は、市進教育グループによる医学部受験専門の個別指導塾です。

これまで医学部に数多くの合格者を輩出してきたハイパーウイングは、他の予備校と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、教育方針、コースなどからハイパーウイングの強さの秘訣を分析したいと思います。

ハイパーウイングの特徴

ハイパーウイングが医学部受験生に選ばれる理由を分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

ハイパーウイング3つのポイント
  1. 完全1対1の個別指導
  2. ニーズに合わせたコース設定
  3. 優れた環境

完全1対1の個別指導

最難関学部と言われる医学部に合格するには、深い理解力と正確な解答力が必要です。そうした力を身につけるために、どのような学習をしなくてはいけないのか、また苦手な箇所はどこなのか正確に把握する必要があります。

そこでハイパーウイングでは完全マンツーマンの指導を行っています。市進グループの経験豊富な講師陣が生徒一人ひとりに必要な学習を見極めてピンポイントで指導するため、無駄なく学習できます。

また講師オリジナルプリントや問題集を使い多くの演習を積み重ねるため、自分自身で解答する力を身につけることができます。

ニーズに合わせたコース設計

ハイパーウイングでは授業だけでなく、受験に関すること全てのサポートもしています。講師に加えて専門スタッフが生徒全員につき、学習相談を受けています。そうした相談などをもとに担当のスタッフと講師は連携し、生徒一人ひとりにあった学習カリキュラムを作成しています。

また医学部受験専門の予備校のため、医学部入試の情報に精通しています。そのため受験に役立つ、入試日程やセンター試験、面接や小論文などの情報などをいつでも知ることが可能です。

受験勉強を進めていくにあたって、不安や疑問が出てきたとき、すぐに相談できる相手がいることは心の支えとなるでしょう。

映像授業との組み合わせ

ハイパーウイングでは市進予備校の映像コンテンツ【ウイングネット】や東大生や医大生を中心とするチューターに質問ができる【双方向質問室】などが備わった自習室を利用することができます。

限られた授業時間だけではなく、自習時間でも自分のレベルにあった指導を受けることができます。

授業は個別指導、自習は映像授業と両方を活用することで効率よく学習できるのではないでしょうか。

ハイパーウイングの教育方針

ハイパーウイングは、「めんどうみ主義」というテーマを掲げており、ここでは「きめ細やかにめんどうを見て、生徒一人ひとりの素質を十二分に育て、力を発揮させていく。」ことを目指しています。

完全マンツーマンの授業、専門スタッフによるサポート体制や自習の効率化を助ける映像授業の導入は、面倒見の良さを実現しています。そうすることで、生徒の力を最大限引き出していると言えるのではないでしょうか。

ハイパーウイングの合格実績

残念ながら2018年最新の合格実績は公表されていませんが、2016年度には以下の学校に合格者を輩出しています。ハイパーウイングのみではなく市進教育グループ全体の合格実績となるのでご注意ください。

※2018年度の合格実績を知りたい場合は、教室にお問い合わせください。

大学名人数
近畿大学1名
東海大学3名
兵庫医科大学1名
埼玉医科大学1名
東邦大学1名
聖マリアンナ医科大学1名
北里大学1名
金沢医科大学1名

ハイパーウイングのコース

残念ながら、ハイパーウイングは合格実績を公表しておりません。

詳細を知りたい場合は、各教室にお問い合わせください。

ハイパーウイングの料金

残念ながら、ハイパーウイング料金を公表しておりません。

詳細を知りたい場合は、各教室にお問い合わせください。

ハイパーウイングの分析結果のまとめ

ハイパーウイングは、なぜ医学部受験生に選ばれるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」などから分析を行いました。

その結果、「きめ細やかな指導を行っているから」だとわかりました。面倒見の良さを重視するハイパーウイングだからこそ、マンツーマンの授業、サポート体制や自習の管理を実現できるのではないでしょうか。

授業だけでなく一緒に受験勉強全体をサポートしてくれる塾をお探しの方にピッタリの学習塾だと言えるでしょう。

カテゴリから記事を探す