大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価

大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価

こんにちは!スタスタ編集部の松本です。

大学受験を控えている方にとって、「どこの塾に通うべきか?」という悩みほど深刻なものはないでしょう。塾を選んだ時点で合否が決まってしまうと言っても過言ではありません。

そこで今回は東大、一橋、早慶、上智、東京理科大、MARCHに通っている学生500人を対象に行ったスタスタ独自のアンケート調査結果に基づき、通塾者数からオススメの塾・予備校ランキングを発表したいと思います。

塾生目線での口コミもついているので、ぜひ塾選びの参考にしてください!

オススメの塾・予備校ランキングまとめ

早速、ランキングを発表したいと思います。500人の学生を対象にアンケート調査を行った結果、最も通塾していた学生数が多かったのは「河合塾」でした!しかし第2位の「東進ハイスクール」と4人差ということもあり、この二つが二大巨塔と言えるでしょう。以下の表は、ランキング第10位までの集計結果になります。

ランキング 塾名 通塾者数
第1位 河合塾 104名
第2位 東進ハイスクール 100名
第3位 駿台予備校 64名
第4位 Z会 15名
第5位 大学受験ナビオ 13名
第5位 代々木ゼミナール 13名
第7位 四谷学院 12名
第8位 臨海セミナー 10名
第8位 早稲田アカデミー 10名
第10位 鉄緑会 8名

ランキング第1位〜第5位

それではここから、ランクインした塾について口コミも交えながら紹介していきます。

第1位 河合塾

「大学受験に河合塾あり」と言っても過言ではないことを証明しました。堂々の一位ですね!

河合塾がなぜ難関校に合格者を多数輩出できるのか?それは「入試逆算型」のオリジナルテキストを使い、きめ細やかなサポートをしているからだと考えられます。信頼できるカリキュラムによって効率よく学習できる環境があるからこそ、多くの受験生が河合塾に通うのでしょう。以下に特徴のポイントをまとめたのでご参照ください。さらに詳しい解説は、下記のリンクから確認できます。

圧倒的な合格実績を誇る「河合塾」と他の大手塾の違いを徹底解説

2018.09.24
河合塾3つのポイント
  1. 「入試逆算型」のオリジナルテキスト
  2. 河合塾発祥のチューター制度
  3. 充実した学習環境

以下、口コミ。

東京大学
自学では思いつかない知識、解法を教えてもらった。改善してもらい点は特にない。
早稲田大学
テキストは分かりやすかったが、たまに説明が分かりにくい先生がいる。
立教大学
受験に関する情報が充実していたのが良かった。ただし、付属サービスが多すぎて後から気づくことがあった。

このように、あの河合塾ですらネガティブな側面はあるようですね。知名度だけで塾を選んでしまうと、あとあと後悔してしまうかもしれません。

圧倒的な合格実績を誇る「河合塾」と他の大手塾の違いを徹底解説

2018.09.24

第2位 東進ハイスクール

林修先生をはじめ、数々の個性的な講師が在籍している東進ハイスクールが第2位にランクイン。河合塾には及ばなかったものの、やはり難関大学を目指す受験生からの信頼は厚いようです。

東進ハイスクールの強みは、「学習の高速化」と「優秀な講師陣や担任によるサポート」にあります。また映像授業であるため、時間や場所に縛られることなく、自分のペースでハイレベルな授業を受けられるのは大きな魅力です。「夏の大会まで部活動を続けたい!」「習い事と両立させながら勉強した!」という学生からの人気は絶大でしょう。

【徹底解説】圧巻の現役合格実績を誇る東進ハイスクール3つの強み

2018.08.29
東進ハイスクール3つのポイント
  1. 短期間で効率よく学力を高める高速学習
  2. プライベートな悩みも相談できる担任指導
  3. テレビなどにも出演している有名実力講師陣

以下、口コミ。

東京大学
過去問の添削をしてもらえるのが良かったが、自習室の空気が悪かった。
青山学院大学
映像授業なので、部活と両立できたのが嬉しかった。
中央大学
アットホームな雰囲気で生徒同士の仲が良かった。ただし、チューターから少し放任気味だった。

映像授業にも関わらず、意外と生徒同士のつながりもあるようです。やはり、通ってみないことには分かりませんね。

【徹底解説】圧巻の現役合格実績を誇る東進ハイスクール3つの強み

2018.08.29

第3位 駿台予備校

三大予備校の一角を担う駿台予備校は第3位にランクイン。毎年着実に合格者を輩出していて、安定感は抜群でしょう。

そんな駿台の強みは、生徒一人ひとりに愛情を持った手厚いサポート体制です。「愛情教育」という教育方針を掲げている駿台は、コースや模試などの制度の充実化に力を入れています。創設者の山崎氏の思いが今のなお体現され続けている駿台グループには、一般的な集団指導だけでなく個別指導など幅広い指導形態が揃っています。まさに「生徒一人ひとりにカスタマイズされた授業」を提供していると言えます。

東大へ1400人の合格者を送る三大予備校「駿台」の強さの秘訣とは?

2018.10.13
駿台3つのポイント
  1. 200以上の豊富なコース
  2. 駿台模試
  3. 定期的な教育イベントの開催

以下、口コミ。

東京理科大学
自習室がとにかく最適だった。ただ教科によっては講師の質にバラツキがあった。
早稲田大学
自分が通っている高校以外の受験生と刺激し合えるのが良かった。
立教大学
先生が親身に相談に乗ってくれた。しかし、若干受講料が高かった。

やはり、大手塾だと校舎ごとにバラツキがあるようです。無料体験授業などで講師や教室の雰囲気を掴んでおくのが良いでしょう。

東大へ1400人の合格者を送る三大予備校「駿台」の強さの秘訣とは?

2018.10.13

第4位 Z会

小・中学生も通えるZ会が第4位に。もはやこの名前を知らない受験生はいないと言ってもいいのではないでしょうか?

Z会が多くの生徒を難関校合格に導ける理由は、切磋琢磨できる仲間と共に自分の志望校に適した授業を受けられるからであると言えます。また、プロ講師に教えてもらえるにも関わらず、受講料が他の大手塾と比べると平均的であることも大きな魅力です。ぜひ詳しい分析記事もご参照ください。

Z会進学教室の料金や合格実績を解説|小学生から手厚くサポート!

2018.08.19
Z会進学教室3つのポイント
  1. 厳正な採用試験を突破した精鋭の講師陣
  2. きめ細やかな少人数での集団指導
  3. 充実した志望校別対策

以下、口コミ。

東京大学
宿題がなく自由だったのが良かった。教材はいまいちだったが、講師は神だった。
東京大学
講師に個性があったが、周りの生徒のレベルは改善の余地あり。
立教大学
自分のスピードで進められるので、習い事と両立できた。性格によっては課題を溜め込んでしまう危険性あり。

自分のペースで勉強できるのがキーワードのようですね。部活もちゃんとやりたい方にオススメです。

Z会進学教室の料金や合格実績を解説|小学生から手厚くサポート!

2018.08.19

第5位 大学受験ナビオ

第5位にランクインしたのは、栄光ゼミナールが運営している大学受験”専門”のナビオでした。大手塾による「講師の専門化」が進んでいる中、ナビオはその象徴とも言える存在です。

生徒一人ひとりをサポートする充実した学習環境と、大学受験専門講師による様々な形態の授業がナビオの強みです。「講師の専門化」を行うことは講師の授業準備の負担を減らすだけでなく、さらなる指導の良質化にもつながります。「行ける大学ではなく、行きたい大学へ、行くべき大学へ行こう」という教育方針を掲げていることからも、生徒の第一志望合格を助けたいという強い意思と覚悟が見て取れますね。

行きたい大学へ行こう!栄光ゼミナールのナビオが大学受験に強い理由

2018.08.26
大学受験ナビオ3つのポイント
  1. 一人ひとりに専任でつくナビゲーター
  2. 大学受験専門の塾
  3. 充実した学習環境

以下、口コミ。

早稲田大学
先生は面白かったが、生徒のレベルは低かった。
青山学院大学
講師との距離が近くて質問しやすかった。大学生講師が多かった印象。
青山学院大学
英語講師の質が高かったが、料金は少し高めだった。

口コミを見ている限りだと、講師に強みがあるようです。やはり「誰に教えてもらうか」は大事ですよね。

行きたい大学へ行こう!栄光ゼミナールのナビオが大学受験に強い理由

2018.08.26
塾コンシェルジュにおまかせ  ぴったりの塾をご提案します

ABOUTこの記事をかいた人

スタスタ編集部

スタスタでは、全ての塾を同じ項目でまとめた解説記事を用意しています。この解説記事は、当社のインターン生である、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、東京理科大学、東京学芸大学、筑波大学・・・の現役大学生たちが、自身の小中高大受験・通塾・塾講師経験をベースに、各塾の教育方針や学習システム等の特徴を独自に分析し、編集・執筆しています。 特定の塾を贔屓することなく第三者の視点で、かつ一番最近まで塾に接していた現役大学生が編集する解説記事がスタスタの強みです。 是非スタスタで、君に(お子様に)ぴったり合いそうな塾を探し、教室を訪れてみてください!