埼玉県の塾「サイン・ワン」の評判は?特徴や合格実績を徹底解説

埼玉県の塾「サイン・ワン」の評判は?特徴や合格実績を徹底解説
対象学年 小学1~6年生、中学1年生~中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け、学校成績向上
塾の規模 大手塾
埼玉県内を中心に50教室以上を展開する「サイン・ワン」は、学校成績の向上、難関高校合格に徹底的にこだわった学習塾です。

子どもたちに親身に向き合っていくと断言するサイン・ワンの魅力は何なのでしょうか?

今回は、特徴、教育方針、合格実績からサイン・ワンの強さを分析したいと思います。

【4/8最新まとめ】緊急事態宣言による学習塾の対応方法とは!?

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

サイン・ワンの特徴

まず、サイン・ワンが難関大学に多数の合格者を輩出できる理由を分析するために、特徴から確認してみましょう。

サイン・ワン3つのポイント
  1. 講師のこだわり
  2. わかる授業で思考力を鍛える。
  3. 生徒と保護者の意思疎通のはかりやすさ

講師のこだわり

サイン・ワンでは、全講師に対して生徒のやる気を引き出すスキルを求めています。これを体現するために「授業技量向上の研修」や「受験情報研修」などの研修制度を整えています。

なぜここまで講師にこだわりを持っているのか。それは、講師のレベルアップ・実力が生徒の成績向上に大きく貢献するからです。

また講師の質という面において、良質の授業を提供するだけにとどまらず、授業態度などの礼儀指導も行います。社会に貢献できる人材を生み出し続けているのは、厳しい基準をクリアした講師だからこそできることではないでしょうか。

一味違う授業による思考力強化

大学入試変革に伴い、記憶力ではなく、論理的思考力のような今までとは違った能力が問われるようになってきました。こうした背景もあり、サイン・ワンでは小学生のうちから思考力を高めるために、プログラミング講座などの特殊な講座も設置されています。

例えばそんなプログラミング講座は、ロボットを使って実践的な学びを得ることができるものになっています。これにより、自分で考えて行動するという論理的思考力に関わる部分を自然に育むことができるのです。

その他にもサインワンでは「図形」や「速読」など、ユニークな講座を受講することができます。小学生という早い時期からこうした環境に身を置くことで、楽しみながら将来役立つ力が身につくと言えるでしょう。

生徒と保護者の意思疎通のはかりやすさ

受験の本番は一人の戦いですが、そこに至るまでは親子で試行錯誤しながら受験の準備を進める必要があります。その為、塾としては生徒だけでなく保護者の方に対してのサポートも大切になります。

そんな保護者対応を重要視しているサイン・ワンでは、保護者のために年2回の面談と年2回の勉強会が行われてます。そこでは、生の受験情報や生徒の塾での様子を知ることができるため、保護者の方は安心してお子様の受験・勉強対応に当たれるようになるのです。

お子様の進路を決める際に、どうしたらいいか迷われる保護者の方を多く見かけます。しっかり情報と現状を把握し、支えてあげられるようにする制度が整っているのは、サインワンの大きな強みでしょう。

サイン・ワンの教育方針

サイン・ワンは「生徒の成績向上に徹底的にこだわる」という教育方針を掲げています。

成績向上のためには、「わかる」があって「できる」になり、それが定着することが大切です。選び抜かれた講師陣が生徒のやる気を引き出すので生徒の継続力につながります。

インプットだけでは成績は伸びません。生徒が問題を自分で解けるようになるまで繰り返しアウトプットします。そしてそれが思考力を形成していきます。時間がたってからドリームキャッチャーという反復システムを使い、アウトプットできる環境は評価できます。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

サイン・ワンの合格実績

ここまでサイン・ワンの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか、2018年最新の大学受験合格者を確認してみましょう。

2018年最新|サイン・ワン難関私立高校の合格実績

合格校 合格人数
慶應義塾 3名
慶応志木 1名
慶應女子 1名
早大本圧 6名
早大学院 2名
早稲田実業 2名
早稲田シンガポール 34名
中央大杉並 7名
中央大学高 2名
中央大付属 2名
立教新座 7名
青山学院高等部 4名
明大中野 1名
明大中野八王子 2名
法政大二 2名
合格校 合格人数
栄東 48名
淑徳与野 21名
開智 50名
西武文理 7名
川越東 51名
聖望学園 10名
獨協埼玉 26名
春日部共栄 64名
本庄東 36名
大宮開成 60名
西武台 27名
埼玉栄 31名
栄北 29名
花咲徳栄 70名
東京成徳深谷 19名

サイン・ワンのコース

さて、サイン・ワンが難関校へ数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。では実際にサイン・ワンはどのような授業を提供しているのか?学年別の科目を確認したいと思います。

サイン・ワン小学生向けのコース

サイン・ワンの小学生向けコースについて確認したいと思います。

小学生
スタディエコース 国語、算数、理科、社会の土台作りのコース
国語・算数 本科コース 学校の予習から難関校受験対策までのコース
小学生英語コース 英語検定3級が狙えるコース
図形の達人 パズル道場コース 楽しみながら、頭を鍛えるコース
速読コース 読書量、学習能力、合格力を上げるコース
伊奈学園中学受検コース 伊奈学園総合中学合格を目指すコース

サイン・ワン中学生向けのコース

中学生
中学一年生コース 国語、算数、理科、社会の基礎力を固めるコース
中学二年生コース 中二の勉強のマスターを目指すコース
中学三年生コース 第一志望校を目指すコース

サイン・ワンの料金

サイン・ワンは料金を公表していません。詳細を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

サイン・ワンの分析結果のまとめ

ここまでサイン・ワンの特徴や教育方針、合格実績などを紹介してきました。サイン・ワンはいかにして生徒の成績を上げているのか。

結論、講師陣が成績向上に重きを置いていること、思考力を高める授業を大切にしていることが要因だと考えられます。加えて、保護者の勉強会、面談などによる生徒の周りの環境も整えてあげることは、より受験に向かいやすい環境に近づくといえるのではないでしょうか。

↑提携サイト「塾シル」で申込むとお得なキャンペーンがあるかも!

カテゴリから記事を探す