LINE で塾選びを相談する(無料)

見えない学力を伸ばす?京進スクール・ワンが実践する指導法とは

見えない学力を伸ばす?京進スクール・ワンが実践する指導法とは
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 成績向上、中学受験、高校受験、大学受験
塾の規模 大手塾
京進スクール・ワンは、全国に校舎を展開する「京進グループ」の個別指導塾です。

毎年数多く生徒を難関校へと輩出している、その指導の秘訣は何か。他の個別指導塾とは何が異なるのでしょうか。

今回は、特徴、教育方針、コースなどから京進スクール・ワンの強さを分析したいと思います。

【やる気がアップ!】「京進」のひとりひとりを大切にする教育とは?

【学習塾の京進】特徴や合格実績を解説|自分に合った学習法が見つかる

京進スクール・ワンの特徴

まず、京進スクール・ワンで学力を向上させられる理由を分析するために、特徴から確認してみましょう。

京進スクール・ワン3つのポイント
  1. リーチングメソッド
  2. こだわりの指導形態
  3. 充実のサポート体制

リーチングメソッド

リーチングメソッドとは、京進グループが取り入れている「脳科学に基づいた最先端の学習法」です。これは、「学力の根底にある『見えない学力』を育み、『見える学力』を伸ばす教育」と言われていますが、なかなかイメージしづらいですよね。「見える学力」は、いわゆる定期テストや受験で用いる学力であるとわかりますが、「見えない学力」とはいったい何なのでしょうか。

京進スクール・ワンは、「見えない学力」をマナーや態度のことだと考えています。そして、そんな力を鍛えるために、以下のような指導がなされています。

  • マナー・礼儀・作法
    マナーや礼儀は学力以前の大切な問題です。ここをしっかりすることが、心を育むことに繋がります。
  • 家の手伝い
    お手伝いは作業手段の会得に繋がり、このテキパキ処理できる能力が勉強にも繋がります。
  • 正しい姿勢
    正しい姿勢は集中力に繋がります。だらけた姿勢では、勉強も身に入りませんよね。
  • 挨拶教育
    挨拶はすべての基本です。積極的に挨拶することで、学習にも身が入ります。
  • 生活のメリハリ
    遊ぶときは遊ぶ、勉強するときは勉強するように、生活にメリハリを持たせます。

このような「見えない学力」を積極的に育むことで、人としての基本的な姿勢が身につきます。そして、学習に取り組む姿勢にもいい影響をもたらすでしょう。

テストなどの「見える学力」を小手先のテクニックで教えるのではなく、こうした姿勢からしっかり教えることで、生徒は将来夢を実現させられる自立した人間に育つのです。

こだわりの指導形態

京進スクール・ワンは、完全1:2の個別指導形態(講師1人に対して生徒2名)にこだわっています。これは集団指導と家庭教師のいいトコロを両取りできる仕組みなのです。では実際にそれぞれのどんなメリットが得られるのか、以下の表にまとめてみました。

集団指導 家庭教師
ライバルと切磋琢磨して高めあえる 自分に合った指導をしてもらえる
カリキュラムが整っている わからないところはすぐに質問できる
能動的に勉強する習慣が身につく 曜日や時間、教科まで学習スタイルは自由自在
進路指導体制が整っている アットホームな雰囲気

このようなメリットを掛け合わせてできたのが、京進スクールワンの「完全1:2個別指導」なのです。他にも1:2の個別指導を実践している塾もありますが、ここまでメリットを明確にし、しっかり体制を整えている塾はなかなかないと言えます。

また、京進スクール・ワンには他にも「褒める指導」や「合格プログラム」など、他塾にはない特徴的な指導も数多くあります。

「部活や習い事と両立したい子」「塾に通うのがはじめてな子」「前の塾が合わなかった子」など、どんな子どもでも、ここでならのびのびと学習できること間違いないでしょう。

充実のサポート体制

子どもが積極的に勉強し、志望校合格を目指すためには、塾や保護者のサポートは不可欠です。しかし、塾は子どもに対してただ学習指導・サポートすればよいのでしょうか。そうではありません。子どもをサポートする保護者の方への適切なサポートも、塾の大きな役割だと言えます。

京進スクール・ワンは、生徒・保護者を合わせて、「ご家庭へのサポート体制」を万全に整えています。生徒との定期的な面談や保護者懇談を行ったり、塾内のセキュリティを強固なものにしたりと、ここでは記載しきれないほどその種類は多岐にわたります。

塾内ではお子様を安心して預けられるような体制が整えられ、塾外でもご家庭とのコミュニケーションが密にとれる仕組みも充実している。これは他塾にはない京進スクール・ワンの強みと言えるのではないでしょうか。

京進スクール・ワンの教育方針

京進スクール・ワンは「ひとりひとりの『夢・実現』を目指す」を教育方針に掲げています。

生徒一人ひとりに対する密な指導やサポートは、まさに教育方針の体現と言えます。また、小手先のテクニックだけではなく、生徒の将来を考えているからこそ、リーチングメソッドのような教育を実践しているのでしょう。

ここまで生徒のことを第一に考え、仕組みに落とし込んでいる塾はなかなかないでしょう。

京進スクール・ワンの合格実績

京進スクール・ワンは合格実績を公表していません。只今2019年最新の合格実績を準備中ですが、いち早く知りたい方は、教室にお問い合わせください。

京進スクール・ワンのコース

では、京進スクール・ワンで実際に受講できるコースを確認していきましょう。

京進スクール・ワン 小学生向けのコース

京進スクール・ワンの小学生コースは、基本生徒一人ひとりのオリジナルカリキュラムになっています。ただし、その他にも始めやすいパックコースも用意されているため、ご紹介したいと思います。

小学生の個別指導
〈対象:小学1~6年生〉
個々のニーズに合わせた指導を行います。生徒一人ひとりに適切な指導内容になるため、明確なものは決まっていません。以下でいくつかの例を挙げます。
1. 基礎学力の育成
2. 学習習慣の定着
3. 中学受験対策
4. 学校や塾の補習
5. 英語学習
6. 内部進学対策
学力創発パックコース
〈対象:小学1~3年生〉
学びの基盤となる「学力創発」を目的に、週1回で複数科目を学ぶコースです。
算国・漢検パックコース
〈対象:小学4~6年生〉
漢字をメインに学習し、語彙力を高めるコースです。
玉井式 図形の極プロフェッショナル
〈対象:小学1~6年生〉
算数の映像授業で、立体把握能力やイメージ力を鍛えるコースです。
小学生国語論理ing
〈対象:小学1~6年生〉
「読む力」「書く力」「説明する力」を養成し、国語だけでなく他の教科でも問題をしっかり理解し回答できる力を育みます。
ペンタッチ英語講座
〈対象:小学1~6年生〉
音声タッチペンを使って楽しく英語を学習するコースです。

 

京進スクール・ワン 中学生向けのコース

中学生向けコースも同様に、オリジナルカリキュラムが基本です。その他に「5科パックコース」というものもあります。

中学生の個別指導
〈対象:中学1~3年生〉
部活なども忙しくなる中学生。生徒一人ひとり生活スタイルが変わる中で、個人に最適なスタイルの学習を行います。以下でいくつかの例をご紹介します。
1. 内申・テスト対策
2. 部活と両立
3. 高校受験対策
4. 内部進学対策
5. 苦手克服
6. 難関高校受験対策
■対象科目:英語、算数、国語、理科、社会
5科パックコース
〈対象:中学1~3年生〉
上記の個別指導に理科と社会の映像授業を加えたコースです。全科目効率よく学び、受験合格に必要な高い学力と内申点を目指します。

 

京進スクール・ワン 高校生向けのコース

高校生向けコースも同様です。ただし、高校生を対象に、個別指導コースと併用できる「映像授業のコース」も用意されています。

高校生の個別指導
〈対象:高校1~3年生〉
中学生の時と比べ学習量も科目数も増える高校生。生徒によって必要な学習はより細分化されます。志望校の受験形態や入試制度に合わせて、効率良い学習を目指します。以下はそんなコースの一例になります。
1. 学校の予習・復習
2. テスト対策
3. 推薦・AO入試対策
4. 国立二次試験対策
5. センター試験対策
6. 専門学校入試対策
■対象科目:英語、数学(I II III A B)、現代文、古文、漢文、小論文、化学、物理、生物、地学、世界史、日本史、地理、現代社会、政治経済、倫理
映像授業 京進e予備校
〈対象:高校1~3年生〉
基礎から応用まで18,000以上の講義から自分に合った講座を受講できます。受講は各教室にある専用のパソコンを使って行います。

 

京進スクール・ワンの料金

京進スクール・ワンの料金は他塾と比べ「やや高い」傾向にあります。

ただし、京進スクール・ワンは料金を公表していないため、詳しく知りたい方は、お近くの教室にお問い合わせください。

 

京進スクール・ワンの分析結果のまとめ

京進スクール・ワンは、難関校に合格できるだけの洗練された学力を身につけられるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「完全1:2の個別指導やリーチングメソッドなどのこだわりの指導形態」が強みと分かりました。

サポート体制も非常に充実しており、大変通いやすい塾だと言えるので、他の塾が合わなかった方や初めて塾に通う方にオススメしたいと思います。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す