LINE で塾選びを相談する(無料)

御茶ノ水で25年!塾長自ら指導する「YSP」の強さの秘訣とは?

御茶ノ水で25年!塾長自ら指導する「YSP」の強さの秘訣とは?
対象学年 小学1-6年生、中学1-3年生、高校1-3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅~難関校
塾の規模 個人塾
御茶ノ水に教室を構える「YSP」は、小学生から高校生までを対象とした学習塾です。今年で創立29年目を迎え、個人塾として長年にわたって愛されてきました。

毎年数多くの生徒を難関校へと輩出するYSPは、他の学習塾と何が異なるのでしょうか?

今回は特徴、教育方針、合格実績などから強さの秘訣を分析したいと思います。

YSPの特徴

他塾とは異なるYSPならではの強みを分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

YSP3つのポイント
  1. 真の「頭の良さ」を育成
  2. 学年にとらわれないカリキュラム
  3. 塾長自らの指導

真の「頭の良さ」を育成

現代社会で活躍できるのは、「勉強ができて偏差値も高い人」とは限りません。YSPはこのような人を、本当の意味で「頭が良い」とは言えない、と考えています。それでは「頭が良い」の定義とは一体何なのでしょうか?

YSPにおける本当に「頭が良い・賢い」人とは、「頭全体を使って物事を考えられる人」を指しています。だからこそ、勉強を目的ではなく手段として捉えて「勉強を通して、真の意味で頭がいい人間を育てる」ことを目標にしています。

この目標を達成するために、YSPは学習指導だけではなく生徒一人ひとりの「生活指導」にも力を入れています。勉強に対する姿勢をきちんと身につけさせることで、生徒の内面や精神面も鍛えます。豊富な知識が頭に入っていても、勉強への態度を疎かにしているようでは「頭でっかちな人間」になってしまいかねません。

勉強への態度が学習内容に見合っていない生徒には進度を遅くするペナルティを課すなど、YSPは生活指導に対する生徒の意識を徹底的に高めています。これによって「ただ勉強して合格すれば良い」のではなく、「精神的にも成長する」ことも大切に指導しているのが大きな特徴です。

勉強だけでは活躍できませんし、かといって勉強を疎かにしていいわけではありません。そのバランスをしっかりと見極められるYSPで学ぶことで、真の意味で「頭の良い」人に育つでしょう。

学年にとらわれないカリキュラム

一般的な学習塾では、学年別に一律のカリキュラムを組みます。そのため生徒は、理解できている部分と理解できていない部分に同じ時間を注いでしまい、成績を上げるために効率的な学習ができないことが多々あります。みなさんも一度は、「この分野もう理解しているのに・・・」と思ったことがあるのではないでしょうか?

そこでYSPは、生徒一人ひとりに合わせた完全個別の「学年にとらわれないカリキュラム」を独自に作成しています。個別指導塾でよく見られる個別カリキュラムと似ていますが、一体どういうことなのでしょうか?

YSPのカリキュラムでは生徒が自分の学年に関係なく学べるように、学習内容の制限が設けられていません。そのため、実際の学年よりも一つ上の学年で学ぶ内容も先取りで学習できます。YSPでは実際に、小学5年生で中学3年生の内容を学習している生徒や、中学2年生で高校2・3年生の内容をマスターしている生徒もいるそうです。

自分の勉強意欲や学習理解度に合わせて新しいことを学べるので、周りに合わせてやる気を下げることなく高みを目指せます。学年の枠を超えて「やればやるだけ伸びる」仕組みになっているので、さらなるモチベーションアップも期待できます。

他の塾に通うライバルたちに、大きな差をつけられるでしょう。

塾長自らの指導

一般的な個別指導塾では、大学生の講師が大半を占めていることが多く、指導経験不足であるが故に生徒の成績が伸び悩むことがあります。

しかしYSPでは、あらゆる学年の全ての生徒を塾長自ら指導します。YSPの塾長を務めている篠上さんは以下のような方です。

  • 大手学習塾や予備校での指導実績をもつプロ講師
  • YSP創立以来25年以上1人だけですべての生徒を指導してきた経験がある
  • ビジネスの経験が豊富なので、キャリア形成に関してもプロフェッショナル

教育にもキャリアにも深く精通しているため、生徒は学習相談や進路相談といったあらゆる悩みをすべて塾長に相談でき、精神的な面もサポートしてもらえます。

全ての学習サポートを塾長が自ら行うことで、講師が生徒の一番の理解者であるという理想的な環境が生まれます。信頼できる講師のもとで、安心して勉強に専念できるでしょう。

YSPの教育方針

YSPは「高度な学力を身につけるだけではなく、心の偏差値の高い、本物のエリートを育てること教育方針として掲げています。

これには「将来の日本・世界を担うだけではなく、人間性も豊かであるリーダーとなってほしい」という願いが込められています。その指導もあり、YSPの卒塾生は現在中央官庁や総合商社、先端医療などの幅広い業界でリーダーシップを発揮し活躍しています。以下はYSPの卒塾生の声です。(ホームページから抜粋)

  • “小学4年生からYSPで教えてもらった「考えることの大切さ」「人として持つべき品性」等が、今、本当に役立っています。”(20代後半 企業経営者)
  • “「心の偏差値」を上げる教育を受けたことが、医療現場で頑張れる支えとなっています。”(30代前半 医師)

生徒の学習に制限を設けない独自のカリキュラムを用いて、塾長自ら生徒の学力向上に尽力するYSPの取り組みが、教育方針を体現している結果だと言えるのではないでしょうか?

YSPの合格実績

残念ながら、YSPは2018年最新の合格実績を公表していません。以下では今までの累計の合格実績を一部ご紹介します。

2018年最新の情報やその他学校別合格者数など詳しい情報を知りたい方は、教室へ直接お問い合わせください。

中学受験|YSPの過去の合格実績

学校名 
筑波大学付属駒場中
お茶の水女子大学付属中
開成中
雙葉中
学習院中等科
学習院女子中等科
白百合学園
慶應義塾中等部
慶應義塾普通部
早稲田実業学校中等部
学校名 
筑波大学付属中
東京学芸大学付属竹早中
成蹊中
暁星中
芝中
城北中
桐朋中
早稲田中
共立女子中
光塩女子学院中等科

高校受験|YSPの過去の合格実績

学校名 
東京学芸大学付属高校
お茶の水女子大学付属高校
筑波大学付属高校
慶應義塾高校
立教新座高校
学習院女子中等科
明治学院高校
青山学院高等部

大学受験|YSPの過去の合格実績

学校名 
東京大学(理学部)
東京大学(教養学部)
京都大学(理学部)
お茶の水女子大学(理学部)
千葉大学(医学部)
横浜市立大学(医学部)
慶應義塾大学(医学部、経済学部、法学部、文学部)
早稲田大学(法学部、文学部、国際教養学部、基幹理工学部、スポーツ科学部)
日本医科大学
学校名 
東京医科大学
学習院大学(法学部、経済学部、文学部)
上智大学(外国語学部、理工学部)
青山学院大学(文学部、経済学部、法学部)
立教大学(法学部、観光学部)
国際基督教大学教養学部
東京女子医科大学
東海大学医学部
昭和大学薬学部
東京慈恵会医科大学

YSPのコース

それではここから、YSPで実際に受講できるコースを確認していきましょう。YSPでは小学生クラス、中学生・高校生クラス、大学受験クラスと大きく分かれています。

ただし、各コースに関する具体的な内容は公表されていないため、詳しい情報を知りたい方は教室にお問い合わせください。

YSP 小学生コース

  • 私立、国立 内部進学生対象コース
  • 中学受験コース(私立・国立中学、公立中高一貫校 受験生対象)

 

YSP 中学生・高校生コース

  • 私立・国立生 対象コース
  • 高校受験コース
  • 大学付属校内部進学コース

 

YSP 大学受験コース

  • 志望校徹底対策コース
  • 推薦・AO試験対策コース

 

YSPの料金

YSPは料金に関する情報をを公表していません。YSPの授業料を知りたい方はお問い合わせください。

 

YSPの分析結果のまとめ

YSPならではの強さの秘訣とは何なのか?今回は特徴、教育方針、合格実績などから分析を行いました。

結論、「塾長による生徒の学習の全面サポート」が秘訣だと分かりました。個人塾ならではの塾長と生徒の距離の近さを最大限に活用し、学習面でも精神面でも生徒の成長を止めず、そして加速させる指導はYSPならではの魅力です。

受験勉強で志望校を目指すだけではなく、将来日本や世界で活躍できる人になりたい方に、YSPはピッタリの学習塾だと言えるでしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す