LINE で塾選びを相談する(無料)

武蔵ゼミナールの特徴や料金を徹底解説|成増の集団指導塾・大学受験

武蔵ゼミナールの特徴や料金を徹底解説|成増の集団指導塾・大学受験
対象学年 中学3年生、高校1〜3年生、既卒生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け、学校成績向上
塾の規模 個人塾

地下鉄成増駅から徒歩2分の場所に教室を構える「武蔵ゼミナール」は、大学受験を控える高校生から既卒生までを対象にした英語専門塾です。

多くの生徒が「こんなに早く英語を読む方法があったんだ!もっと早く出会いたかった」と感嘆の声をあげる秘訣は一体何なのでしょうか?

今回は武蔵ゼミナールの魅力を「特徴」「教育方針」「合格実績」などを踏まえながら分析していきましょう。

武蔵ゼミナールの特徴

武蔵ゼミナールでは、他塾にはない独自の英語学習法でライバルたちに差をつけられます。そんな武蔵ゼミナールの特徴を見ていきましょう。

武蔵ゼミナール 3つのポイント
  1. 英語のまま理解できる「直読直解法」
  2. 通じる発音が身につく
  3. 辞書を引くことが好きになる学習法

英語のまま理解できる「直読直解法」

日本人が英語を読む時、多くの人たちは英語を日本語に置き換えて意味を把握しています。これではワンステップ手間になってしまい、読解問題等の問題を解く際に時間がかかってしまいます。

そこで武蔵ゼミナールでは、日本語に訳すことなく英語を英語のまま理解する「直読直解法」を身につけられます。この学習法は以下の3ステップで構成されています。

  1. サイトトランスレーション:英語の語順で意味を理解する
  2. 直解リーディング:意味を理解しながら音読する
  3. リズムトレーニング:文の強弱のリズムを習得する
これらのステップを経ることで英語のまま理解できるようになるため、アメリカやイギリスの本場の英語ニュースが驚くほどゆっくり聞こえてきます。この学習法の最大のメリットは英語の4技能を同時に身につけられるという点にあります。一般の高校教育では、語の読む・書く・聞く・話すを習得する際に、それぞれ異なる勉強法を用います。それに対し、武蔵ゼミナールでは「直読直解法」で一気に4技能を身につけさせます。
2020年度にはセンター試験が廃止されて英語の4技能テストが主流になりますが、この学習法を実践すれば怖いものはありません。従来の訳読法では対策が困難になるため、早い頃に4技能に力を入れ、英語を英語のまま理解できるようになりましょう。

通じる発音が身につく

日本人が受ける英語教育では、英語を読むことや書くことはできるようになっても、ネイティブスピーカーのように発音できる人はほんのわずかです。

そこで武蔵ゼミナールでは、最新の声楽理論に基づく音声享受法を導入して、英語の発音のコツがわかるまでサポートしています。根拠のない努力を続けるのではなく、科学的なアプローチから発音を直していこうとする試みです。

武蔵ゼミナールでの学習を通して正しい発音を身につければ、受験だけではなく、社会人になっても活きてくるでしょう。

辞書を引くことが好きになる学習法

辞書はわからない単語が出てきた時に役に立ちますが、武蔵ゼミナールでは他塾にはない辞書での学習法を導入しています。

単語の意味を調べるだけではなく、動詞の活用や派生語、関連語を同時に辞書で調べさせます。そうすることで、ただ単に意味を暗記するだけでなく、様々な単語との繋がりを同時に覚えられるようになります。一つひとつの単語を切り分けて覚えるのは非常に手間も労力もかかりますが、辞書の使い方を変えるだけで知識の習得率が大きく上がるのです。

このように、限りある時間で効率的に勉強できる仕組みを整えている武蔵ゼミナールでは、これまで伸びなかった英語も飛躍的に改善できるかもしれませんね。

武蔵ゼミナールの教育方針

武蔵ゼミナールは「英語を英語として学ぶこと」という教育方針を掲げています。

大学受験で英語を苦手にしている受験生たちに対しては「英語のまま読める直読直解法」 を活用して、英語を得意科目に変える手助けをしています。生徒からも「前回の模試で、ついに偏差値が72になった!入塾する前は偏差値48だったので、我ながらすごいと思った」「入塾してまだ3ヶ月しか経ってないのに、模試の偏差値が54から67に上がりました!」という声が上がっており、この学習法は英語力向上に効果的であることが証明されてます。

このような画期的な指導法は、まさしく武蔵ゼミナールの教育方針に基づくものだと言えるでしょう。

武蔵ゼミナールの合格実績

武蔵ゼミナールはこれまでに数多くの大学受験合格者を輩出しています。今回はその一部を取り上げたので、詳細が気になる方は武蔵ゼミナールまでお問い合わせください。

大学名
東京大学
お茶の水女子大学
東京外国語大学
電気通信大学
横浜国大学
一橋大学
慶応義塾大学
国際基督教大学
青山学院大学
立命館大学
大東文化大学
京都大学
東北大学
東京学芸大学
首都大学東京学
信州大学
埼玉大学
早稲田大学
明治大学
成蹊大学
国士舘大学
津田塾大学
スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

武蔵ゼミナールのコース

武蔵ゼミナールは英語と国語の2コースを展開しています。以下の表の通りに、学年ごとに授業内容が変わります。

対象学年 コース内容
中学3年生〜高校2年生
  • リスニング直聞直解法
  • 入門・英語直読直解法
高校1年生~既卒生
  • リスニング直聞直解法
  • 驚異の英語直読直解法(上級)
高校1年生~既卒生
  • 直読直解のための英熟語演習
  • 直読直解のための英文法演習
高校1年生~既卒生
  • 直読直解のための英単語テスト
高校1年生~既卒生
  • 奇跡の現代文読解法

武蔵ゼミナールの料金

それではここから、武蔵ゼミナールの料金について確認していきましょう。当塾ではコースごとに異なる料金設定となっているので、通塾目的に合わせてご確認ください。

コース名 料金
リスニング直解法 + 驚異の英語直読直解法(上級) 25,000円
リスニング直解法 + 入門・英語直読直解法 25,000円
英文法演習 + 英熟語演習 [選択講座] 25,000円
英単語テスト[選択講座] 5,000円
国語特別講座(現代文)[選択講座] 18,000円

※テキスト代実費、プリント代 9,000円(前期・後期に分納)、入塾金20,000円

武蔵ゼミナールの分析結果のまとめ

武蔵ゼミナールならではの魅力とは一体何なのでしょうか?「特徴」や「教育方針」、「合格実績」などを中心に分析した結果、「英語を英語のまま理解する学習法で、4技能を同時に習得できること」だと分かりました。

英語を受験科目の中の一つとして学習するのではなく、英語の本質を学ぶことによって、結果的に難関大学に合格できていると言えます。また、目先のテクニックにこだわっていないので、大学進学後も使える英語として様々な場面で活きてくるでしょう。

受験まで残り時間が迫っている生徒でも、武蔵ゼミナールでは劇的に英語力を回復できるのではないでしょうか。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す