京葉学院・高校部の合格実績や3つの特徴を解説|大学受験に強い塾ならココ!

京葉学院・高校部の合格実績や3つの特徴を解説|大学受験に強い塾ならココ!
対象学年 高校1年生〜高校3年生
授業形態 集団指導塾、個別指導塾、映像授業
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
千葉県を中心に5校以上を展開している「京葉学院・高校部」は、優れた指導方針で非常に有名です。

圧倒的な大学受験合格実績を持つ京葉学院・高校部は、他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、教育方針、合格実績などから独自の強さを分析したいと思います。

京葉学院・小中学部の合格実績やコースを解説|中学・高校受験に強い名門塾

京葉学院・小中学部の合格実績やコースを解説|中学・高校受験に強い名門塾

個別指導タクシスの合格実績やコースを解説|定期テストから受験まで徹底サポート

個別指導タクシスの合格実績やコースを解説|定期テストから受験まで徹底サポート

京葉学院・高校部の特徴

まず京葉学院・高校部が圧倒的な大学受験合格実績を誇れる理由を分析するために特徴から確認してみましょう。

京葉学院・高校部3つのポイント
  1. 細やかなコース設定
  2. 学習定着メソッド
  3. 安心の学習サポート

細やかなコース設定

京葉学院・高校部は生徒に合った指導を実現するために、目標や目的別に高1から緩やかに授業コースが分かれていきます。

  • 高校1年生:4月はプレ講座からスタートします。最難関大・難関大・中堅大と選択が可能です。10月には目標の再設定をして、最難関大・千葉大・難関大・中堅大と選択が広がっていきます。
  • 高校2年生:8月は文系と理系に分かれる分岐点です。文系・理系共に最難関大・千葉大・難関大・中堅大とコースが分かれるため、合計8つのコースが選択可能となります。
  • 高校3年生:4月にはさらに国立・私立が選択肢に加わり、国立東大・京大コース・千葉大コース・私立早慶大コース・難関私大コース・中堅私大コースがそれぞれ文系・理系とあり合計10コースの選択となります。

学年別に目標や目的別にコースが分かれているため学校行事と並行しながらその時のベストな受験勉強とコースを選択することができます。高校1年生時には3つだったコースも2年生では8コース、3年生になると最終的には10コースとなるため学習状況や進路選択の目的が変わっていく中でも、志望校にあった受験勉強ができます。

学習定着メソッド

京葉学院・高校部では授業で習った事を効果的に定着させるためにカリキュラム+テキスト+チェックテストで授業内容の本質理解につなげています。

  • 必勝カリキュラム:京葉学院・高校部では現役生にとって最適ベースの進度、そして深度になるようなカリキュラムが組まれています。したがって最後まで気持ちが切れることなく勉強できるのです。
  • 現役合格テキスト:実際の大学入試レベルを基準とした問題の選択・編集・配列がなされたテキストは基礎から確実にステップアップできる構成になっています。
  • チェック・テスト:モチベーションを維持しながら継続するのが難しい暗記物も、各種チェック・テストで授業と連動して繰り返し行うことで、確実に定着させることができます。

その時期にあった学習理解度で志望校合格までの道のりを示してくれるカリキュラムによって、効率的な学習が可能となっています。

安心の学習サポート

京葉学院・高校部ではSCM(スタディーコーチングメソッド)の手法に基づいて様々な学習シーンで生徒をサポートしています。

  • 個別の学習プラン:受験のプロである個人担当講師が、今の学力・志望校を分析して最適な教材の選択・学習法を紹介しつつ、目標に向けた「個別学習プラン」を決定します。さらにプランの進度や学習状況を全スタッフが定期的に確認しながら、必要に応じて的確なアドバイスをしてくれます。
  • チューター:受験生ならではの悩みを現役大学生に気軽に相談できるのが「チューター制度」です。大学受験の成功者と直接話す機会は、志望校合格へのモチベーションを上げるのに効果絶大です。
  • シニア・アドバイザー:同じ大学・学部志望でも受験方法が複数存在することがあります。シニア・アドバイザーは、幅広い豊かな教養と最新の大学進学情報分析に裏打ちされた総合的・多面的なアドバイスで、受験生をバックアップします。

京葉学院・高校部は生徒一人ひとりの状況を踏まえた学習環境を提供し、講師全員で共有することで最適な学習方法を提供しています。これにより集団授業でありながら個別指導並みのサポートを受けることができるのです。

またその他の受験に対する悩みや志望校分析に対しても専門のアドバイザーの存在があるため、生徒は不安や悩みをため込むことなく集中して学習に取り組めます。

京葉学院・高校部の教育方針

京葉学院・高校部は教育方針として学習能力と家庭学習力を身につけながら安定的に成績を向上させるを掲げています。

一般的な学習塾の授業では理解を優先させ回答作成力の養成は授業外の自助努力に任せるケースが多いようですが、京葉学院・高校部ではその両方を授業内に養成しています。

必勝カリキュラムによる学習プランやチェックテストは生徒の自学自習を促進する効果があり、京葉学院・高校部は教育方針を体現していると言えます。

京葉学院・高校部の合格実績

ここまで京葉学院・高校部の強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか、2019年最新の合格実績を確認してみましょう。

2019年最新|京葉学院・高校部大学受験の合格実績

学校名 合格者数
学習院大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・東京理科大 142名
早慶上智 37名
千葉大 28名
県立保医大 3名
東北大 3名
東工大 3名
筑波大 2名
阪大 2名
横国大 2名
一橋大 1名
北大 1名
京大 1名
山形大・医 1名
東大 1名
秋田大・医 1名

京葉学院・高校部のコース

残念ながら京葉学院・高校部ではコースを公表していません。
詳しく知りたい方は教室へお問い合わせください。

 

京葉学院・高校部の料金

残念ながら、京葉学院・高校部は料金を公表していません。
詳細を知りたい方は、教室にお問い合わせください。

 

京葉学院・高校部の分析結果のまとめ

なぜ京葉学院・高校部は圧倒的な大学受験合格実績を誇れるのか?「特徴」、「教育方針」、「合格実績」から分析を行いました。

結論、「その時期にあったコース別授業と生徒一人ひとりにあった最適な学習方法の提示」が強さの秘訣と言えます。

高校入学時に進みたい大学や学部が無く「大学進学に対して漠然としたイメージしかない生徒」や、「集団授業だけでは学習理解度が十分ではない生徒」には京葉学院・高校部の学習方法や授業環境は最適と言えます。

 

カテゴリから記事を探す