LINE で塾選びを相談する(無料)

LABO7の特徴やコースを徹底解説|次世代教育に対応する学習塾

084-labo7
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 集団授業、個人授業、探求学習
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け、次世代教育
塾の規模 個人塾

愛知県名古屋市にある「LABO7」は小学1年生から高校3年生まで幅広い年代を対象とする学習塾です。

未来を見据えながらも確かな学力を育む独自の教育法とは一体なんなのか?

今回は、特徴、教育方針、コースなどから、LABO7の強さを分析したいと思います。

LABO7の特徴

LABO7が独自の教育法を展開する理由を分析するために、3つのポイントから確認してみましょう。

LABO7の3つのポイント
  1. 探究学習
  2. 個別指導
  3. 快適な学習環境

探究学習

現在、AIの発展やグローバル化により時代が変化しています。そのような社会の変化に対応するため、今までの学習にとらわれず将来を生き抜く力を養成しなければいけません。そこでLABO7ではアクティブラーニング型探究学習を取り入れた講座を3つ展開しています。

  • 小学生クラス:文系と理系のプログラムがあります。文系では社会背景の調査や資料の精読を行い、読解力と語彙力を養成することを目的としています。ディスカッションやプレゼンを通して、自分の考えを伝える力を身につけられます。理系では自然や科学について学びます。原理原則から考えていくので、納得して問題を解くことができます。また生徒に考えることを促すので、思考力を養成することができるでしょう。
  • コミュニケーション講座正解ではなく過程を重要視する授業です。授業の一環としてプレゼンをグループごとに行います。自分の意見ばかり主張していては考えはまとまりませんし、誰がどのような順番で発表するかなどの揉め事が至る所で起きます。したがってプレゼン準備を進めていく上で、どのように話したら伝わりやすくなるかなど、相手の目線に立ち物事を考えるようになるでしょう。
  • T&E講座:Thinking&Expressionの略で「思考表現」と呼ばれ、一人ひとりの回答が当然異なり、正解のない問題に取り組むことで「どのように記述すれば自分の思いが伝わるのか」を意識し思考力や表現力が磨かれていくでしょう。

これからの時代は知識を求められるのではなく、それをどのように活用して行動するかが重要です。これらのコースは様々な人と関わり、学びながら知識を身につけ行動に移すので、これからの時代で必要とされるスキルを身につけることができます。また大学入試改革で必要になる内容なので、同時に入試対策をできるのは一石二鳥だと言えます。

個別指導

個別指導では学力を養成することを目的としています。自分に合った形態で学習できるよう、3つのコースがあります。以下でそれぞれ紹介します。

  • 高校生コース:少人数制指導ではありますが、個人別の対応を行います。講師がしっかりと指導できる人数なので、他の生徒と良い距離感を保ちつつ講師の目の届く範囲で勉強できるでしょう。
  • 1対2コース:講師と生徒1対2と言っても、1度に2人指導をするわけではありません。生徒へ交互に講義と演習を行うことにより、一人ひとり独立した学習を進めます。じっくり考える時間があるので、「考える力」と「諦めずに解決する力」が身につくでしょう。
  • Groupコース:授業は自習形式で進み、分からない問題があったら講師に質問するという形式を取っています。したがって実質的には個別指導に近いと言えるでしょう。勉強は分かるけど計画的にできない方や、1人では集中できない方にオススメです。

どのコースも常に他の生徒がいるので適度な緊張感が学習効果を高めるでしょう。また講師が生徒をしっかりと指導しきれる人数の授業をすることで、一人ひとりの性格や勉強のくせまでも把握し効果的な指導が行えるでしょう。

快適な学習環境

LABO7では将来を見据えた学習と学力を養成する学習があり、他の塾とは一線を画していると言えるでしょう。さらにそれは学習環境にも現れており、どの学習も集中できるよう整えてられています。

教室はパオ(包)をモチーフにした親しみのあるデザインになっています。程よい密度により集中力が自然と高まり、探究学習では全員で答えを導き出すことができるでしょう。またコミュニケーションを取りやすい位置に机を配置し、学習空間にも工夫を凝らしています。また教室ごとの区切りが存在しないオープンスペースがあり、自習がいつでもできます。

授業でグループワークをするといっても、知らない人や密閉感のある重苦しい教室では議論は発展しにくいでしょうしかし、机の配置や教室の開放感により雰囲気が和らいでいると言えます。このように生徒に対する圧迫感をなくすことは、緊張をほぐしお互いに協力しながら議論を進めていく助けになっていると言えます。

LABO7の教育方針

LABO7は教育方針として以下の5つのことを掲げています。

  1. 人との協働を大切にした21世紀型リーダーシップを備えた人財を育てます。
  2. よりよい社会をつくるためのイノベーションをおこす人財を育てます。
  3. 幅広い教養を基にして創造性を発揮できる人財を育てます。
  4. 優しさや思いやり溢れる豊かな感性を持った人財を育てます。
  5. 高い志を胸に組織、業界や国境を越え輪の中心で輝ける人財を育てます。

LABO7は学力を身につける個別指導と、その知識をもとに学年を超えて様々な人と関わり将来に必要な力を身につけるアクティブラーニング型探究学習を行う次世代教育を行っています。様々なテーマや人に関わっていく中で、新しい視点から物事を見れるようになるでしょう。

その体験を積み重ねることで、大人になっても役立つスキル磨くことができると考えられます。したがって教育方針を体現していると言えます。

LABO7の合格実績

残念ながらLABO7は合格実績を公表していません。詳しく知りたい方は、直接お問い合わせください。

LABO7のコース

では、LABO7のコースを確認してみましょう。

個別指導

コース名 学年 内容
高校入試
コース
中1〜中3 少人数制のクラスなので、集団指導ですが個別指導のような程よい距離感を保っています。したがって一人ひとりきめ細かく、確かな成長を促します。学校別・個別の定期テスト対策も実施するので、効率よく成績を向上できるでしょう。
1対2
コース
中1〜中3
高1〜高3
完全個別指導で生徒に合わせた内容を展開するので、基礎から学び直したい方や得意科目をさらに深く学びたい方にオススメです。
Groupコース 小1〜小6
中1〜中3
高1〜高3
少人数制の個別指導なので学習が滞りなく進んでいるか確認する担当がいます。したがって勉強はわかるけど計画的に自分で勉強できない方にぴったりです。

探究学習

コース名 学年 内容
小学生クラス 小4〜小6 文系と理系プログラムを提供しています。知的好奇心旺盛な小学生の時に様々なテーマを扱うことで興味の幅や視野が広くなるでしょう。
コミュニケーション講座 小4〜小6
中1〜中3
高1〜高3
LABO7オリジナルコンテンツである「話す、傾聴する、承認する」といった体験を通しコミュニケーションの達人へと成長を促すアウトプット教育です。
T&E
(思考表現)講座
中1〜中3
高1〜高3
答えのない問いに挑戦し思考力と伝える表現力を育む、学年に囚われないアウトプット教育です。

LABO7の料金

残念ながらLABO7は料金を公開していません。詳しく知りたい方は直接お問い合わせください。

 

LABO7の分析結果のまとめ

LABO7がなぜ独自の教育法を展開するのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」などから分析を行いました。

結論、「探求学習と個別指導」が強さの秘訣だと言えます。時代の変化が激しく予測のつかない現在だからこそ、未来のことを考えなくてはなりません。LABO7では、確かな学力をつけることができる学習とその知識をどのように活用するかを学ぶ探求学習の2つの学習方法があります。自分1人だけでなく他の生徒と学ぶことができるので、自分にはなかった視点を理解し様々な観点から物事を見ることができるようになるでしょう。

したがって「様々な人と年齢関係なく関わりたい」「入試のための塾ではなく、未来も見据えた教育がいい」という方にオススメの塾でしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す