LINE で塾選びを相談する(無料)

目指せ逆転合格!偏差値を最速で上げる「武田塾」の教育体制とは?

049-takedajuku-1
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
全国に校舎を構え、またネットでの受講も可能な「武田塾」は、授業をしない学習塾として、国立大医学部などの難関校に合格者を輩出することに成功しています。

独自の指導方法を取る「武田塾」は他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから武田塾の強さを分析したいと思います。

武田塾の特徴

まず武田塾が多数の合格者を輩出できる理由を分析するために、特徴から確認をしてみましょう。

武田塾3つのポイント
  1. 授業をしない塾とは?
  2. 参考書を用いた独自の勉強法
  3. 徹底した学習計画の指導

授業をしない塾とは?

武田塾は授業を行っていません。授業を受けるだけで復習をしなければ意味がないからだそうです。ではどのような指導が行われているのか。

偏差値を上げるためには「わかる・やってみる・できる」の3ステップが必要だと武田塾は分析しています。一般的な高校や予備校の授業では「わかる」までしか見てくれません。武田塾は効率のいい復習の仕方を教えることで、「やってみる・できる」の段階まで指導します。生徒は学習内容の身につけ方を学ぶことができます

また復習をきちんとこなしていたとしても、同じ授業を受け同じように復習をこなしている生徒がいた場合、彼らを追い抜くことは容易ではありません。特に部活などで受験勉強に取り掛かるのが遅くなる受験生は、志望校よりも下の偏差値のクラスに配属され、授業をきちんと受けて復習をしていたとしても、目指すクラスに上がるまで時間が掛かってしまい、結局間に合わないということが多々あります。

武田塾はレベル別コースどころか、授業自体も行わず、各自で勉強を進めるスタイルなので、入試直前まで志望校への逆転合格が狙えます

武田塾独自の勉強法は、効率よく知識を定着させ、偏差値を最速で上げるのに適っていると言えるでしょう。

参考書を用いた独自の勉強法

武田塾での学習は基本、参考書のみで行われます。

授業中に板書をとるのは時間が掛かり、労力を費やします。一方参考書を使った学習では、直接書き込め何度も読み返せるので、簡単に復習できます。「人は忘れてしまうものである」という前提で学習した内容を当日に復習させ、さらに週2回の復習日を設けて、学習内容の深い定着を図ります。

またわからなかった問題に印を付けておけば後で解きなおせるので、全部の問題がわかるまで繰り返し解くことができます。わからない問題を無くしていくことで、1つの参考書を完璧に身につけることができるのです。基礎から応用まで自分の学習段階に合った段階の参考書をマスターしていくことで、大幅に偏差値を上げることができます。

武田塾の独自の勉強法は、学習内容の忘却を防ぎ、参考書の内容を完璧に定着させることを可能にしています。

徹底した学習計画の指導

生徒の学力、得意不得意などをカウンセリングによって分析し、目標とする学校に合格するまでの学習ペースを塾が徹底的に管理します。

365日、毎日コツコツと勉強できるように宿題が配分され、毎回の通塾で一日にどれだけ勉強するのかを決めて生徒は勉強に取り組むようにしています。「何を」「どれくらい」勉強しなければいけないか把握することができるので、毎日継続的に勉強できるようになるでしょう。

また、毎回の自習終わりに1日の学習内容を報告してから帰ることになっています。学習ペース、勉強法、勉強における悩みなど定期的に確認できるので不安なく学習を続けることができます。

やるべきことを明確にし、生徒の勉強の悩みを作らない。武田塾の徹底指導の緻密さが伺えます。

武田塾の教育方針

武田塾は、自学自習」を重視する教育方針です。受験を制するためには、学んだことを身につけるための学習方法を確立することが大事だと塾長は述べています。

塾長がかつて受験生だったとき、闇雲に授業を受けるばかりで知識の定着を怠ってしまった結果、ただ時間が過ぎ偏差値の上昇には一向に繋がらなかったという苦い体験が、武田塾の学習方針のもとになっています。

知識の定着のため「教える」だけでなく「身に付ける」ところまでしっかりと指導する心構えが武田塾の徹底指導の礎となっているようです。

参考書を使う勉強法は武田塾の教育方針にかなっていると言えます。生徒が学習内容を身につけるために、武田塾は学習計画の管理を怠りません。

武田塾の合格実績

武田塾は北海道大学医学部、一橋大学などの国公立大学、早慶上智、GMARCHなど全国の難関大学に合格者を輩出している実績があります。

残念ながら学校別の合格者数は公表しておりませんが、お近くの教室にお問い合わせ頂ければ志望校の合格者数を把握することは可能でしょう。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

武田塾のコース

武田塾は私立だけでなく国立大学や有名私立大学に合格者を出しております。では、実際に武田塾では、どのような授業を提供しているのかをコース別に確認したいと思います。学習ペースの管理がどれだけ必要かでコースが選べます。

小学生から既卒生まで、総じて下の4つのコースから選択することになっています。

徹底個別特訓
  • 宿題ペース管理+確認テスト+個別指導+義務自習

武田塾のすべての特訓項目を入れたコース。塾と約束した時間は必ず塾に来て自習をしなければいけない「義務自習」が含まれています。こちらのコースは完全に勉強プランを管理され、やらなければいけない状況を作り出したい生徒に向いてるでしょう。まだ自分で学習の管理が難しいという小中学生には、このコースがおすすめです。

個別管理特訓
  • 宿題ペース管理+確認テスト+個別指導

確認テストで分からなかった範囲を講師がしっかりと指導してくれるコースです。すべての試験制度に対応可能で武田塾がおすすめしています。

宿題確認特訓
  • 宿題ペース管理+確認テスト

参考書をもとにした宿題が出され、参考書がどれだけ身についているのかテストで確認するコースとなっています。自分が学習した範囲がどれだけ身についているのか確認することができます。

独学支援特訓
  • 宿題ペース管理

講師と相談の下入試まで何をどれくらい勉強していくのかを決め、勉強のペースを管理してもらうプランです。わからないことを自分で解決できる生徒におすすめです。

近くに武田塾の校舎がないという方も、パソコンとインターネットがあれば校舎と同じ勉強ができます。詳しく知りたい場合は武田塾のWebサイトにあるサイバー校のページをご確認ください。

武田塾の料金

武田塾の料金は学習ペースの管理をどれだけ必要とするかによって異なります。詳しい料金を知りたい方は、お近くの教室を探し、お問い合わせいただきたいと思います。

武田塾の分析結果のまとめ

武田塾がなぜ難関大学に多数の合格者を輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、生徒に自主的に学ぶ力を身に付けさせ、毎日コツコツと勉強できるようにすることが武田塾の強さの秘訣と言えるでしょう。常識にとらわれずに、参考書をメインに取り扱う武田塾の勉強法が生徒を志望校へ近づけています。

料金に関しては学習ペースの管理がどれほど必要かで変動いたしますが、子どもの将来を決める難関校への合格を目指すならば、武田塾に入塾させることは非常に的確な一手といえるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す