LINE で塾選びを相談する(無料)

天才を育てる!「類塾」が実践する脳科学に基づく勉強法とは?

天才を育てる!「類塾」が実践する脳科学に基づく勉強法とは?
対象学年 未就学児、小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
大阪府と奈良県で65校以上展開している「類塾」は、生徒に追求心をもたせることで天才を輩出しています。

みんなで「天才」を目指す「類塾」は、他の学習塾と何が異なるのでしょうか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから類塾の強さを分析したいと思います。

類塾の特徴

類塾が天才を輩出できる理由を分析するために特徴から確認してみましょう。

類塾3つのポイント
  1. 成績をあげる5分間勉強法
  2. アウトプット思考を鍛える学び合い
  3. 正解がない問題に取り組む「グループ追求」

成績をあげる5分間勉強法

人間の脳はすぐ飽きてしまうため、集中力は5分しかもたないと言われています。そのため類塾では、5分ごとに科目を切り替えて、脳に刺激を与え続ける「5分間勉強法」を導入しています。

科目を切り替え続けることで、飽きが来ることなく、結果的に継続して勉強に集中できます。

この勉強法は、ハーバード大学や東京大学に合格した人が使っていた勉強法としても有名であり、集中力を維持するのに効果的な方法の一つと言えます。

アウトプット思考を鍛える学び合い

記憶の定着率は、講義や演習では10%、議論をすると50%、人に教えると90%と言われています。そのため、学習塾で「分かった!」と思っていても、すぐに忘れてしまい再度復習しなければなりません。

類塾では講義や演習を行わず、生徒自身が教室を歩き回って分からない子に教えにいく「学び合い」を行っています。

生徒は人に教える際に、どうすれば伝わるかを考えます。そのため、自分の得た知識を他者に表現するアウトプット思考を身につけることができます。アウトプットは知識が乏しければ成立しないため、他者へ教えるたびに自分の知識が確実なものとなり、学力向上につながると言えるでしょう。

正解がない問題に取り組む「グループ追求」

文科省は2020年に大学入試の改革へと踏み切り、学力の判断基準を大きく変えます。これまでは、知識・技能などの「何を知っているか、何ができるか」が重要視されていましたが、改革後では思考力・判断力・表現力などの「何をどのように考えるのか」が大切になってきます。

つまり、詰め込み型の学習塾に通うだけでは、これから必要とされる学力を身につけることが難しいのです。

類塾では、「働き方改革で社会はどうなる?」といった、正解のない現実の問題テーマを使用し、グループでディスカッションする「グループ追求」を導入しています。
「グループ追求」により、意見を出すための「発想力」や議論を収束させる「まとめる力」が身につき、これからの社会に必要とされる人材に成長できると言えるでしょう。

類塾の教育方針

類塾の教育方針として、「みんなで天才を目指す」を掲げています。

類塾は「天才」を、答えではなく疑問を持つ人であると考えています。疑問をもつ追求心は子どもなら誰しもが持っており、詰め込み型の教育の中で追求心が失われていくと述べています。そのため、「天才」とは追求心を失わない人、「凡人」とは追求心を失った人としています。

講義や演習を行わず、正解のない問題に取り組む「グループ追求」や仲間に教える「学び合い」を行う類塾の特徴は、この教育方針を体現していると言えます。類塾は世の中の既成概念に囚われず脳科学に基づいた勉強法を確立することで、追求心を失わない「天才」を育て、学校の成績アップを実現しています。

類塾の合格実績

類塾は合格実績を公表していないため、詳細を知りたい方はお近くの教室に直接お問い合わせをお願いします。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

類塾のコース

実際に類塾では、どのような授業提供しているのか?講座別のコースも確認したいと思います。

幼・小科
(5才~小学校3年生)
赤ん坊は「これは何?」「どうして?」とあらゆる事象に対して、興味・関心を持ちます。この貪欲な追求心は学校に通いはじめると、一気に失われていきます。そのため、この講座は、プリントで問題を解き続ける演習を行いません。国語では読み聞かせなどの音声を中心とした授業、算数では積み木やパズルといった触覚を刺激した授業を行います。
探究科
(小学校4年生~中学校3年生)
学校で取り扱うような科目の授業は行いません。今世界で起きている事象や現象について、生物史やサル人類史、文明史、日本史などの歴史から分析し、構造化することで、追求心を養う講座です。
5教科
(小学校4年生~中学校3年生)
国語、算数・数学、英語、理科、社会の5教科を扱います。どの教科も「なぜ」の追求心に重きを置いた内容です。例えば、国語は1枚の写真を見て、感じたことを言語化する「同化追求メニュー」を行っています。
作文指南通信講座 5コース、48課題から成り立っている講座です。写真、慣用句、社会などの様々な課題の切り口から、「誰に」「何を」伝えたいかを考え、表現する力を養います。

 

類塾の料金

類塾の料金は一般的な学習塾と比較すると「平均的」な傾向にあります。

ただし、受講する科目や講座数で金額が変動するので、詳しくは最寄りの各教室にお問い合わせください。

類塾小学生向けコースの料金

コース 公立コース(小学校4年生~小学校6年生)
科目 国語、数学、英語、理科、社会
金額 週1コマ:9,000円
週2コマ:16,500円
コース 池田附属進学コース(小学校5年生~小学校6年生)
科目 国語、算数、理科、社会
金額 週4コマ:36,500円
コース 作文指南通信講座(小学校4年生~中学校3年生)
科目 詳細は各教室にお問い合わせください。
金額 類塾生:2,500円

類塾中学生向けコースの料金

コース 5教科(中学校1年生~中学校3年生)
科目 国語、数学、英語、理科、社会
金額 週1コマ:9,500円
週2コマ:17,500円
週3コマ:24,500円
週4コマ:29,500円
コース 5教科、SSSクラス(中学校2年生~中学校3年生)
科目 国語、数学、英語、理科、社会
金額 週3日:29,500円
コース 作文指南通信講座(小学校4年生~中学校3年生)
科目 詳細は各教室にお問い合わせください。
金額 類塾生:2,500円

 

類塾の分析結果のまとめ

「類塾」はなぜ天才を輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「脳科学に基づいた勉強法が強さの秘訣と言えます。また、「グループ追求」や「学び合い」で出会う仲間の存在も、勉強への意欲が高まる要因と考えられます。
類塾が考える天才は偏差値が高い人ではなく、常に疑問を持って追求心を失わない人です。追求心を育てることによって、生徒は受験勉強だけでなく、社会に出てからも自分自身で物事を考え、決断していくことができると言えます。

仲間と刺激しあう環境下で、追求心のある「天才」を目指すならば、類塾に入塾させることは非常に的確な一手となります。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す