チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)を徹底解説!口コミや料金は?

ABOUT US
スタスタ編集部
当社のインターン生である、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、東京理科大学、東京学芸大学、筑波大学・・・の現役大学生たちが、自身の小中高大受験・通塾・塾講師経験をベースに、各塾の教育方針や学習システム等の特徴を独自に分析し、編集・執筆しています。
対象学年 小学1年生
授業形態 通信教育
塾タイプ 学校成績向上
塾の規模 —
チャレンジ1年生は、小学1年生向けに展開している教材です。言わずと知れた有名な教材で、一度はやってみた方が多いかと思われます。

年々形が変わり、今のチャレンジ1年生はどうなっているのか?

今回は、特徴、教育方針、料金などからチャレンジ1年生の強さを分析したいと思います。

\無料の体験教材でお試しも!/

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の口コミ

まずは、Twitterでのチャレンジ1年生の口コミを見ていきましょう。

\無料の体験教材でお試しも!/

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の特徴

まず、チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)が多くの生徒に利用される理由を分析するために3つの特徴から確認をしてみましょう。

チャレンジ1年生3つのポイント
  1. 子どものために考え抜かれた個別指導
  2. 様々な分野までカバーされた追加教材
  3. モチベーション管理と安心サポート

子どものために考え抜かれた個別指導

チャレンジ1年生の個別指導では、タブレットを利用したアダプティブラーニングを行っています。アダプティブラーニングの特徴は、「学習者の個性や行動に合わせてその人専用の学習ができること」です。そのため学習履歴に応じた問題や自分専用の復習問題で勉強できるのです。

またしっかりとお子様が通う小学校への対応もしており、一般的な公立小学校で扱う教科書に対応しております。以下がその教科書対応表です。

参考編集教科書一覧(配信教材)
国語光村図書/教育出版/東京書籍
算数東京書籍/学校図書/啓林館/日本文教出版/教育出版/大日本図書

このようにチャレンジ1年生ではお子様のために考え抜かれた個別指導を提供しています。

様々な分野までカバーされた追加教材

小学校で必修化されると話題のプログラミング教育にも対応しています。これらの教材は、主に学習している算数・国語以外に追加でプログラミング教育の授業を受けられます。

また「学習の幅を広げる」をキャッチフレーズに、学びたいだけ勉強できるので小学6年生までの内容や教養のための電子書籍役1000冊が読み放題となっています。

これらは全て無料で提供されているため、学ぶ意欲があるお子様にとって嬉しいサービスです。

モチベーション管理と安心サポート

チャレンジ1年生は、お子様のやる気をアップさせる機能が満載です。

日々の学習の中で問題を解き、目標を達成する度にご褒美がもらえます。これらはゲーミフィケーション技術といって、やる気を引き出すために、様々な分野で活躍しているものです。また貯まったポイントでサッカーボールや望遠鏡などと交換できるため、大きな目標に向かって続けられます。

また保護者へのサポートも充実しており、お子様の学習状況が一目でわかったり、専用ツールで子どもとやり取りできたりと安心です。

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の教育方針

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)では、「自ら学ぶ力を伸ばす」を掲げています。

タブレット学習や子どものやる気を引き出すシステムは、この教育方針を体現していると言えます。

子どものために考え抜かれた教材が、長年多くの人から支持を集める理由なのでしょう。

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)のコース

チャレンジ1年生には複雑なコースはありません。指導している科目は、「国語」「算数」の2教科です。詳しく気になる方は公式HPで確認してみてください。

\無料の体験教材でお試しも!/

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の料金

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の料金は一般的な塾と比較すると「安価」な傾向にあります。

毎月払い6ヶ月払い12ヶ月払い
月々3,680円1月あたり3,300円1月あたり2,980円
支払い合計19,800円支払い合計35,760円

※全て税込です。(消費税10%)
※入会金0円

\無料の体験教材でお試しも!/

チャレンジ1年生(進研ゼミ 小学講座)の分析結果のまとめ

チャレンジ1年生がなぜ多くの生徒に利用されているのか?「特徴」、「教育方針」、「料金」から分析を行いました。

結論、「長年の実績と子どもについて考え抜かれた教材が強さの秘訣だと言えます。

多くのお子様が一度はやっているチャレンジ1年生ですが、年々形は変わり、今では子どもの学習に最適化されています。一番はじめに「勉強してみたい!」と自ら言う良いきっかけでもありますので、気軽に無料体験から挑戦してみることをおすすめします。

\無料の体験教材でお試しも!/