LINE で塾選びを相談する(無料)

【低価格×高品質】個別指導キャンパスと他の学習塾との違いを解説!

【低価格×高品質】個別指導キャンパスと他の学習塾との違いを解説!
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
東京、大阪、京都を中心に全国に240校を展開する個別指導塾の1つ「個別指導キャンパス」は、低価格かつ高品質な個別指導塾として非常に有名と言えます。

難関校への合格者を多数輩出しながらも低価格を実現できる個別指導キャンパスの秘訣は何であるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから個別指導キャンパスの強みを分析したいと思います。

個別指導キャンパスの特徴

まず個別指導キャンパスが、低価格かつ高品質な授業を展開できる理由を分析するために、特徴から確認をしてみましょう。

個別指導キャンパス3つのポイント
  1. 低価格かつ高品質な授業を全国に広めようとする理念
  2. 講師の徹底指導
  3. 成績アップの保証制度

低価格かつ高品質な授業を全国に広めようとする理念

現在日本では学歴社会になっており、受ける教育によって将来の仕事の幅が決まってしまいます。そしてその受ける教育は、家庭の事情によっても左右し、貧富の差の拡大につながってしまいます。

そんな中、個別指導キャンパスはその風潮を良しとせず、低価格で受けられる高品質な教育の全国普及を目指しているようです。

またその低価格を実現するために、広告費に極力お金をかけなかったり、教育とは関係のない部分である校舎の豪華さなどは気にしないといったことにも注力しているようです。

講師の徹底指導

個別指導キャンパス全体のキャッチフレーズとして”面倒見の良さNO.1を目指して”、というものがあります。

個別指導キャンパスは生徒の第一志望校合格を徹底的に目指しており、それを実現するためにも講師の質には特に気を配っています。例えば、塾内での講師同士で行う勉強会や研修会を定期的に行うことで、常に講師レベルの向上を図っているようです。

2017年には日本サービス業評価協会主催による「顧客満足度総合評価」において、「成績が上がる塾部門」や「子どもが好きな塾部門」などの9部門において最優秀賞を受賞しました。これはどれだけ個別指導キャンパスが講師の指導に力を入れているかの証明とも言えるでしょう。

成績アップの保証制度

個別指導キャンパスでは、入塾後1年以内の学校の中間・期末テストにおいて、もともとの点数が60点未満の科目は+20点、60点以上の科目は80点以上の成績を達成することを保証しています。仮に達成できなかった場合、3ヶ月間の授業料を免除で受講することが可能なようです。

この制度を実現できるのは、個別指導キャンパスの指導に自信があるからだと言え、子どもの成績向上の観点から非常に安心な塾だと言えます。

個別指導キャンパスの教育方針

個別指導キャンパスは「子どもの将来の選択肢を広げる」という理念を重視しています。また、その選択肢を広げるためにも確実に成績を上げていくことを心がけていると言えます。

その上で、社会奉仕ができる人間になるべく、常に向上心・向学心を持ち続けて生きていけるように指導していくようです。優秀な講師が指導を行う個別指導キャンパスに通うことで子ども達の未来は明るいものになると言えるのではないでしょうか。

このように個別指導キャンパスでは、成績を上げると同時に人間性を育むことにも注力していることがわかります。

個別指導キャンパスの合格実績

ここまで個別指導キャンパスの強みの秘訣を分析してきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか中学受験、高校受験、大学受験別に2018年最新の合格者を確認してみましょう。

2018年最新|個別指導キャンパス中学受験の合格実績

洛星中学校、清風中学校、高槻中学校、四天王寺中学校、関西学院中学部といった数多くの有名中学校への合格者を輩出しています。

2018年最新|個別指導キャンパス高校受験の合格実績

膳所高等学校、西大和学園高等学校、天王寺高等学校、大手前高等学校、四條畷高等学校といった数多くの有名高校への合格者を輩出しています。

2018年最新|個別指導キャンパス大学受験の合格実績

京都大学、関西大学、同志社大学、早稲田大学、明治大学といった数多くの有名大学への合格者を輩出しています。

残念ながらそれぞれの学校別の合格者数は公表しておりませんが、お近くの教室を探してお問い合わせいただけば、詳しい情報は確認することが可能でしょう。

個別指導キャンパスのコース

さてここまで分析してきたことによって、いかに個別指導キャンパスが優秀な個別指導塾かということはおわかりいただけたでしょうか。では、実際に個別指導キャンパスでは、どのようなコースを提供しているのか?学年・状況別のコースも確認したいと思います。また各コースは授業を行っていく過程でさらに細かく分かれていくため、子ども一人一人にあったコース選択が可能です。

個別指導キャンパス小学生向けのコース

個別指導キャンパスの小学生向けコースは、各生徒ごとの志望に合わせた個別カリキュラムとなっています。大きく分けて公立中学進学生コースと中学受験生コースがあります。

それでは、以下で個別指導キャンパスの小学生向けコースについて確認してみましょう。

公立中学進学生コース

小学校で習う学習内容は、全て中学校で習う学習内容の基礎となります。

小学校のテストは基本的に実際に習った直後に実施されるため、点数自体は取りやすいですが、真にそれを身につけていないと中学校進学時に途端に成績が落ちてしまいます。それを防ぐためにもこの公立中学進学生コースでは、塾独自に開発されたテストをもとに、習った単元のうちの苦手分野を徹底的に洗い出し、それを補う形を取っています。

このコースに通うことで中学校進学時に周りよりも有利な状態で始められると言えるでしょう。

中学受験生コース 保護者様の中にはいざ子どもに中学受験をさせる際に、どこの中学が良いかわからなかったり、いつから受験勉強をスタートすればいいか分からないという方が多いと思います。

この中学受験生コースでは保護者様と子どもの要望に合わせて志望校を絞っていき、それに向けたオリジナルのカリキュラムによって合格へと導かれます。

現在子どもの中学受験を考えてはいるがどうしたらいいかわからない、といった保護者様にはおすすめのコースです。

 

個別指導キャンパス中学生向けのコース

個別指導キャンパスの中学生向けコースは、各生徒ごとの志望に合わせた個別カリキュラムとなっています。大きく分けて高校受験生コースと私立中学生コースがあります。

それでは、以下で個別指導キャンパスの中学生向けコースについて確認してみましょう。

高校受験生コース

高校入試の合格に必要なポイントは「内申点」と「入学試験」の二つです。

「内申点」は中学校での試験の得点や日頃の出席態度などを総合して中学校側が決めるものですが、特に定期試験での得点は大事になってきます。また中学の定期試験で扱われる内容は、高校進学後も大変重要なものとなってくるのでクリアに抑えておく必要があります。

「入学試験」は、近年の大学入試改革の影響で大幅に傾向が変わってきています。そんな傾向の変化に対策することは、全国各地に展開している個別指導キャンパスの得意分野であり、独自の緻密なカリキュラムならではのことと言えるでしょう。

私立中学生コース 部活動だけでも忙しいのに学校の勉強のスピードも早いゆえに悩んでいる子どもを抱える保護者様はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方を助けるのがこの私立中学生コースです。

学校の勉強で分からないところがあったらすべての教科において担当講師がつき、学習スピードや難易度に合わせて個別指導が行われます。子どもの分からない範囲を徹底的に分かるようにしていくため、定期テストの成績向上を狙う方にはおすすめのコースです。

 

個別指導キャンパス高校生向けのコース

個別指導キャンパスの高校生向けコースは、各生徒ごとの志望に合わせた個別カリキュラムとなっています。大きく分けて難関国立大学進学コース、関関同立進学コース、産近甲龍進学コース、学校内容準拠コースがあります。

それでは、以下で個別指導キャンパスの高校生向けコースについて確認してみましょう。

難関国立大学進学コース 難関国立大学に合格するためには、センター試験で高得点を取るための基礎力と二次試験を通るための応用力が必要となっています。

難関国立大学進学コースでは、それぞれの試験ごとに適切なカリキュラムが用意され、また二次試験対策として志望大学ごとのみに必要な知識を中心に個別指導を受けることができます。そのため、難関国立大学合格に向かって、無駄なく効率が良い勉強できるでしょう。

関関同立進学コース これら二つのコースは生徒が志望している私立大学のタイプに合わせてカリキュラムが組まれています。

関関同立進学コースは、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学への進学を目指すコースです。また産近甲龍進学コースは、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学への進学を目指すコースです。

それぞれのカリキュラムは長年の講師らの経験をもとに作成されているため、安心して受講できるコースだと言えます。

産近甲龍進学コース
学校内容準拠コース 大学への進学を決める際、指定校推薦といった大学から決められた高校からの推薦も大事なものとなってきます。

そのため、高校での勉強は決しておろそかにしていいものではなく、学習範囲が広がるたびにしっかりと基礎を抑えていくことも必要です。

この学校内容準拠コースでは、学校内の授業での不明点を徹底的に解消していくことができます。最近学校の授業が難しくなり、ついていけるか不安、という方にはおすすめのコースです。

 

個別指導キャンパスの料金

個別指導キャンパスは学年によって料金が変動する仕組みになっており、基本的には入塾金、授業料、諸経費、教材費の4つが必要です。(全て税抜き価格)

以下の料金表にある通り、他の個別指導と比べて安価であり、お手頃であると言えます。

  1. 入塾金 16,670円
  2. 授業料(4回 / 月)
    小1〜小4 小5〜小6 中学受験 中1〜中2 中3 高1 高2〜高3
    8,300円 8,320円 9,170円 11,580円 13,430円
  3. 諸経費 11,060円 / 6ヶ月
  4. 教材費 1,500〜3,500円 / 冊

 

個別指導キャンパスの分析結果のまとめ

個別指導キャンパスがなぜ低価格高品質を実現でき、また難関校への合格者を多数輩出できるかについて「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、経済差による教育格差をなくしたいという理念のもとにコスト管理を行い、講師育成にも力を入れているからと理由付けることができました。

料金が比較的安いのにもかかわらず、多数用意されたコースのもとに子どもの有意義な教育をすることができる個別指導キャンパスは、教育に力を入れている保護者様に非常にオススメな個別指導塾でしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す