【高校生向け】スタサプ、河合塾ONE、東進、学研プライムゼミ比較

多くの映像授業サービスの中で、「どれを選んだらいいの?」「苦手分野を克服したい場合は、どのオンライン学習がおすすめ?」など、多くのオンライン学習サービスがあるなかで疑問を感じている方は多いでしょう。

今回は、高校生向けの映像授業サービス「スタディサプリ」「河合塾ONE」「東進ハイスクール(在宅受講コース)」「学研プライムゼミ」の特徴や違いを解説しています。

この記事を読むことで、各映像授業サービスの違いを理解でき、オンライン学習サービスを選びやすくなるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

各サービスの概要

まずは、4社のサービス概要と一般的な個別指導のオンライン塾について、見ていきましょう。

スタディサプリ

授業形態 映像授業
合格実績 東大、慶應、早稲田、他
必要機器 スマホ、又はタブレットやPC
無料体験 

スタディサプリは、2011年にスタートしたオンライン学習サービスでリクルートが運営しています。小学講座、中学講座、高校講座など小学生〜社会人を対象にオンライン講座を提要しています。

月額1,980円(税抜)で、大手塾や予備校で実績のある人気講師の授業を受けられるのが特徴です。

トップレベル、ハイレベル、スタンダードレベル、ベーシックレベルと4つのレベルから、理解度や目標に合った講座を選択可能です。1回15分で復習ができるので、つまずきやわからない問題を残しません。

5教科18科目4万本もの豊富な授業動画が用意されていて、志望校に応じた学習プランが提供されるので無駄なく学べます。勉強に関する悩みや不安は、現役難関大のコーチに相談できるので安心です。

コース 料金
高校講座 1,980円/月

※税抜き表記
※上記料金はベーシック講座の場合です。

河合塾ONE

対象学年 高校1~3年生
授業形態 映像授業 AIによる最的確学習管理
必要機器 スマホ、又はタブレットやPC
無料体験 あり

河合塾ONEは、河合塾の指導をいつでもどこでも受けられるオンライン学習サービスです。

英語、数学、物理、化学、古文の5つの教科で総コンテンツ数は15,000以上あります。また、2020年9月30日からは日本史と世界史も追加予定です。1レッスン5分からでスマホを使って勉強できるため、時間を有効活用でき、わからないことは担当の先生やトレーナーがサポートをしてくれます。

一般的なe-Learningは問題の正解・不正解で理解度を判定しますが、河合塾ONEは問題を解いたり、解説を視聴する行動の度にAIがリアルタイムで理解度を算出するため、精度の高い判定結果を導き出します。

他にも理解度判定や学習履歴などのビッグデータ分析して、レベルチェックテストや基本事項解説、練習問題、練習問題解説から何を学ぶべきか瞬時に判断して提供します。

プラン 料金
12ヶ月プラン 12ヶ月で42,980円
(1ヶ月あたり3,581円)
6ヶ月プラン 6ヶ月で22,680円
(1ヶ月あたり3,780円)
1ヶ月プラン 月額3,980円

※税抜き表記
※トレーナーを利用する場合は1,000円/月かかります。
※先生への質問は月3回まで無料で4回目以降は500円/回かかります。

東進ハイスクール在宅受講コース

授業形態 映像授業
合格実績 東京大学、京都大学、早稲田大学
必要機器 スマホ、もしくはタブレット
無料体験 

東進ハイスクール在宅受講コースは、中学3年生〜高校生を対象に、圧倒的合格実績を誇る東進の実力派講師陣の授業を自宅で受けられるオンライン学習サービスです。

東進の高い合格率を支える、授業や確認テスト、講座修了判定テスト、高速マスター講座などの全コンテンツを活用できるd-PODシステムも利用可能です。iPhoneやiPadで学習ができるので、場所を選ばずに勉強ができます。

朝5時〜夜中1時半まで受講可能なため、学校や部活との両立が可能です。映像授業数はおよそ1万種類でわかるまで何度も見直しができ、1科目から受講ができます。

在宅受講コースの先生による学習進捗の定期的な電話確認、わからないことを電話やFAXで質問・相談できるバックアップサービスがあるので安心です。

コース 料金
t-POD 受講 通期講座(20回以上の講座) 83,000円

※税込み表記
※別途、入学金が33,000円(税込み)かかります。

学研プライムゼミ

授業形態 映像授業
合格実績 東大、早稲田、慶應、他
必要機器 PC、スマホ、タブレット
無料体験 

学研プライムゼミは、難関大学を目指す高校1年生〜3年生を対象とした映像授業サービスです。経験豊富で多くのノウハウを持つ講師陣による、入試分析に裏付けられた授業を提供しています。

必要とする単元を自由に選択・組み合わせができるユニット方式を採用しており、効率的に学ぶことができます。教材は完全オリジナルで講師が執筆しているため、動画とリンクしたものになります。

講師の授業エッセンスが凝縮されており、志望校合格に近づく内容です。パソコンだけでなく、スマホやタブレットにも最適化されているので、いつでもどこでも勉強ができます。

コース 料金
45分×5回 8,250円
60分×5回 10,780円
90分×4回 12,870円
90分×5回 15,950円
90分×5回
(添削指導付き)
19,250円

※税込み表記
※ユニット単位の料金です。
※入会金は0円でテキスト代は上記費用に含まれています。

各サービスの共通点

ここからは、各サービスを比較して共通している部分を紹介していきます。

スマホで手軽に勉強ができる

手軽に勉強できるかどうかは、学習継続に強い影響を与えます。

スタディサプリ、河合塾ONE、東進ハイスクール、学研プライムゼミは、どのサービスもスマホで手軽に勉強することが可能です。

そのため自宅だけでなく、通学時間の電車やバスの中、カフェや図書館、学校の休み時間など、いつでもどこでも映像授業を見て勉強することができます。重い参考書を持ち歩く必要がなく、スマホ1つで予習や復習、苦手分野の克服などをできる点が、これら4つのサービスの共通点と言えます。

個別学習が可能

ここで紹介した4つのオンライン学習サービスは、個別学習が可能です。

各教材の特徴や個別学習ができる理由は、以下のとおりです。

スタディサプリ 5教科18科目4万本もの映像授業が見放題なので、生徒に必要な単元の学習に力を入れることができる。
河合塾ONE
英語・数学・物理・化学・古文の15,000以上ある問題や解説の中から、生徒の学習状況に合わせてAIが教材を自動選択する。
東進ハイスクール
1万種類もの映像授業があり、確認テストや講座修了判定テストなどを受けて、できる部分とできない部分を確認しながら進められる。
学研プライムゼミ
志望大学や学習段階に合わせて組み合わせができるカリキュラム。苦手な科目を集中演習するなど自分のペースで勉強ができる。

このように、これら4つのサービスは個別学習で成果を残せる環境が用意されています。

学習質問や相談ができる

オンライン学習サービスで困るのが、勉強でわからないことがあった場合や、勉強法、進路に迷った場合に相談ができないことです。疑問や不安が多くなると、モチベーションが維持できず学習効果が落ちてしまいます

しかし、今回紹介する4つのサービスでは、学習質問や相談サービスがあります。

スタディサプリ 現役難関大コーチによる学習アドバイスサポート。各教科に精通したサポーターが勉強の苦手やつまずきの質問に回答。
※合格特訓コースの場合
河合塾ONE
月3回まで無料で専任担当のトレーナーに学習質問や進路相談ができる。
東進ハイスクール
電話やFAXで気軽に学習質問ができるバックアップサービスで、疑問を解決できる。
学研プライムゼミ
マイページ内から学習質問や相談ができる。

気軽に質問・相談ができるので、安心して学習を進めることができます。

各サービスの相違点

ここまでは、4つのオンライン学習サービスの共通点について紹介しました。

しかし、利用するサービスを選ぶには相違点も知っておくことが大事です。ここでは、4つのサービスの相違点についてまとめていますので、参考にしてみてください。

自動選択か自分で選ぶか

オンライン学習サービスは、学習状況に合った内容をAIが自動選択するものと、多くの映像授業の中から必要な内容を自分で選べるサービスがあります。

スタディサプリ 手動 豊富な授業動画から自分で選べる。講師監修の学習プランの提供もあるので、参考にしながら勉強できる。
河合塾ONE
自動 15,000以上ある問題や解説の中から自動で選択。
東進ハイスクール
手動  勉強する単元・授業動画を自分で選べる。
学研プライムゼミ
手動  必要な単元を自分で選べる。

自分に合った問題が自動で出てくれば、得意問題と苦手問題をバランス良く勉強できます。そのためバランス良く学びたい方は自動で出題してくれるサービスを選ぶと良いでしょう。

他の講座・コンテンツの充実度

これら4つのサービスは、授業講義とは別に様々な講座・コンテンツを提供しています。各サービスで、以下のように内容が異なります。

スタディサプリ  東京大学、京都大学、一橋大学、早稲田大学など「志望校対策講座」や「共通テスト対策講座」も提供
河合塾ONE 定期テスト前に「教科・単元選択学習」モードでテスト範囲を学習可。
東進ハイスクール 音声が音飛びしない状態で1.5倍速再生を行い、脳を活性化させ集中力を高める「高速学習」、絶対評価と相対評価から成績を検証し、合格指導解説授業もある「東進模試」なども提供。
学研プライムゼミ 「難関国公立大英語基礎力完成セット」「京大現代文実践力完成セット」「東大理系演習セット」など、志望大学に合わせたさまざまセット講座を提供。

※別途料金がかかる場合があります。

このように、サービスによって提供されている対策講座やコンテンツが異なります。講座やコンテンツが、志望校や学習状況と合っているか確認するようにしましょう。

オリジナルテキストの有無

オンライン学習サービスによっては、教科や単元ごとにオリジナルテキストを用意しています。講師監修のテキストになるので、講義との相性が良く理解度を深めることが可能です。

スタディサプリ すべての講義に講師監修オリジナルテキストあり。
河合塾ONE
なし
東進ハイスクール
学費納入後に受講テキストが届く。
学研プライムゼミ
予習・復習にも使えるオリジナルテキストあり。

あなたにおすすめのサービス

ここからは、それぞれのサービスに合うおすすめの方を紹介します。

受講サービスを検討する際の材料にしてみてください。

 

スタディサプリ

  • 人気講師による講義を受けたい方
  • 学校の授業でわからない部分を短時間で復習したい方
  • 幅広い単元の映像学習をしたい方
  • オリジナルテキストを使って勉強したい方
  • 自分のペースで勉強したい方

スタディサプリは「神授業」とも呼ばれる一流プロ講師陣のわかりやすい授業が魅力です。多くの合格実績がある講師が、難解な問題も丁寧に解説をしてくれます。

1回約15分の授業動画で、学校の授業でわからなかった部分を復習・理解することが可能です。豊富な単元の映像授業があり、講師が監修したオリジナルテキストを使って勉強できます。

何度も繰り返し動画を見て得意を伸ばしたり苦手を克服するなど、自分のペースで勉強したい生徒にもおすすめです。

河合塾ONE

  • 自動で「わたし専用」の学習メニューを作りたい方
  • お子様の学習状況を都度確認したい保護者の方
  • スキマ時間を有効活用したい方

河合塾ONEは独自開発したAIによって、生徒の理解度や学習状況に合わせた学習内容を自動で提供します。そのため「わたし専用」の学習ができ、効率よく学力を高めることが可能です。

動画は1回5分〜と短いので、空き時間を有効活用して予習・復習や試験対策を行うことができます。

また、河合塾ONEでは保護者専用のIDを発行していて、お子様の学習状況や理解度を簡単に確認できるようになっているので「勉強が進んでいるか確認したい」という保護者にもおすすめです。

東進ハイスクール

  • 実力派講師の授業を受けたい方
  • 学校や部活との両立が心配な方
  • 苦手科目を短期間で克服したい方
  • 講義の数が多いオンライン学習で勉強したい方

東進ハイスクール在宅受講コースは、今年東大に800名以上もの現役合格者を輩出している東進が手掛けるオンライン学習サービスです。

人気講師をはじめとした実力派講師陣の映像授業が、およそ1万種類も用意されています。受講できる時間は朝5時〜夜中1時半までなので、部活で忙しい方でも安心です。

講義は全教科12段階のレベルに分かれていて、1科目から受講できるので苦手科目を集中的に学習することもできます。

学研プライムゼミ

  • 難関大学を目指している方
  • 志望校や学習状況に合った勉強をしたい方
  • 実力講師陣の指導を受けたい方
  • 苦手な科目・単元を集中的に学習したい方

学研プライムゼミは、実力講師陣による授業で難関大学対策に力を入れています。経験豊富な講師が入試分析に裏付けられた授業を行います。

志望校などに応じて、必要な単元だけを組み合わせて学習もできるので、効率よく苦手分野を克服することが可能です。

人気講師から教えてもらい方や難関大学を目指している生徒におすすめです。

まとめ

ここまで、高校生向けの映像授業サービス「スタディサプリ」「河合塾ONE」「東進ハイスクール(在宅受講コース)」「学研プライムゼミ」の特徴や違いを紹介しました。

ここで紹介した4つのサービスは、いずれも魅力的で人気があります。無料体験も実施されているので、気になるサービスがあればまずは試してみてはいかがでしょうか。

この記事は、これからの学習サービス選びや進路に役立てれば幸いです。

【徹底比較】大学受験に使えるオンライン塾・家庭教師・個別指導16選

この記事を家族に共有する

カテゴリから記事を探す