【小学生向け】 デキタス、スマイルゼミを徹底比較|共通点、相違点

人気のタブレット通信教材の中で「どんな特徴があるの?」「違いは何?」など、詳しく知りたい方は多いでしょう。

そこで今回は、小学生向けの人気タブレット通信教材サービス「デキタス」と「スマイルゼミ」の特徴や違いを紹介しています。

この記事を読めば、それぞれのサービスへの理解が深まり、お子様に合った通信教材サービスを選びやすくなるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

【できるから楽しい!】デキタスが学習習慣を確立できる3つの理由

【できるから楽しい!】デキタスが学習習慣を確立できる3つの理由

【1講座15分】スマイルゼミのタブレット学習で成績が伸びる理由

【1講座15分】スマイルゼミのタブレット学習で成績が伸びる理由

各サービスの概要

まずはデキタスとスマイルゼミ、2つのサービスの概要・特徴について紹介します。

デキタス

デキタスは、豊富な実績を持つ城南予備校や城南コベッツの講師陣が監修している小学生〜中学生向けのタブレット通信教材です。

学校で学んだことを確実に理解することを目指しているので、教科書の内容に合った授業や問題演習、テストを行います。そのため、基礎・基本をしっかりと身につけることが可能です。

デキタスには、演習問題の他に5分程度の映像授業があります。ポップなキャラクターがアニメのような世界観で授業をするので、お子様は楽しみながら勉強に取り組むことができます。

関連単元であれば1年前の内容を遡って勉強したり、先取り学習ができるので、自分のペースで勉強することができます。

学年 月額 受講科目
小学1・2年生
3,000円 国語、算数、英語、生活
小学3〜6年生
3,000円 国語、算数、英語、理科、社会

※税抜き表記
※入会金は0円です。
※学年ごとの申し込みが必要になります。 


スマイルゼミ

スマイルゼミは、幼児・小学生・中学生向けにタブレット通信教材を提供しています。穴埋め式の文章やイラストが表示されたり、キャラクターが登場するので楽しく勉強が進められます

お子様の学習を1番に考えて開発された学習専用タブレットで、新学習指導要領対応で5教科を標準配信します。学習習慣を定着させる標準クラスと、教科書の範囲を超えた問題を解く力を身につける発展クラスの2クラスから選択できます。

タブレットの電源を入れると、今日やるべき講座をおすすめしてくれるので、迷うことなくすぐに着手できます。お子様の学習状況に合わせて偏りない学習プログラムを提案するので、バランスよく勉強できるでしょう。

標準クラス 発展クラス
小学1年生 2,980円 3,480円
小学2年生 3,200円 4,000円
小学3年生 3,800円 4,700円
小学4年生 4,400円 5,300円
小学5年生 5,200円 6,100円
小学6年生 5,700円 6,600円

※税抜き
※専用タブレット代が初回のみ9,980円かかります。
※上記は「12か月一括払い」の月あたりの会費です。

各サービスの共通点

ここからは、各サービスを比較して共通している部分を紹介していきます。

個別学習が可能

デキタスとスマイルゼミに共通していることは、自分に合った学習プログラムで勉強ができることです。

それぞれの教材が個別学習できる理由や仕組みは次のとおりです。

デキタス 教科書に合った授業や問題演習ができて、遡り学習や先取り学習ができる。いつでもどこでも自分のペースでの勉強が可能。
スマイルゼミ 学習状況に合わせたカリキュラムを自動提案してくれる。得意を伸ばし、不得意を克服するバランスの良い学習プログラムを提供。

このように、デキタスとスマイルゼミは個別学習が可能なタブレット通信教材です。

苦手を残さない仕組み

苦手な内容に対して、重点的な解説や解き直しなどのサポートがないオンライン教材も多いですが、デキタスとスマイルゼミは苦手を克服するための仕組みが用意されています。

以下は、デキタスとスマイルゼミの苦手を残さない仕組みです。

デキタス 間違えると「キミ問ピックアップ」として自動で蓄積されるため、間違った問題に何度でもチャレンジできる。
遡り学習により、過去の問題について勉強できる。
城南予備校や城南コベッツ講師陣が監修し、つまずきやすい問題をわかりやすく解説している。
スマイルゼミ ・自動丸付けと丁寧な解説で、間違えたその場で考え方や解き方がわかる。
・間違えた問題を優先的に出題する学習プログラムを生成。
・間違えた問題はすぐに解き直しができる。

このように遡り学習や解き直し、後日の優先出題などの仕組みにより、デキタスとスマイルゼミは苦手を残さない学習ができます。

学習習慣を身につけやすい

小中学生のうちに学習習慣を身につけることは重要です。学習習慣が身につけば、勉強の楽しさに気づけて、効率よく学習アップを狙うことができます。

デキタスとスマイルゼミは、学習習慣を身につけるために以下のような仕組み・機能を採用しています。

デキタス ・ユニークなキャラクターが出演するアニメのような世界観での授業。
・1動画5分以内なので飽きずに勉強できる。
・ランキング公表や全国イベントの実施で仲間と一緒に競い合える。
・努力の成果がわかる成長記録帳や学習時間表。
・勉強をするとポイントが貯まり景品やアバターと交換できる。
スマイルゼミ ・学習プログラムの自動提供で迷うことなく学習を始められる。
・アニメーション教材によって、立体の展開図や理科の実験は図を動かしながら学べる。
・自動丸付けにより答えがすぐにわかる。解説付きなので理解する楽しさが身につく。

このように、デキタスとスマイルゼミは学習習慣を身につける仕組みや機能が充実したタブレット通信教材です。

各サービスの相違点

ここまではデキタスとスマイルゼミの共通点について紹介しました。

しかし、サービスを選ぶには異なる点も知っておく必要があります。

ここからは、デキタスとスマイルゼミの相違点についてまとめていますので、参考にしてみてください。

プログラミングの有無

学校では小学生からプログラミングの授業が行われるため、プログラミングを学べるタブレット通信教材を探している人は多いのではないでしょうか。

スマイルゼミは小学1年生の内からプログラミングを学ぶことができます。

デキタス ・小学1・2年生:国語、算数、英語、生活
・小学3〜6年生:国語、算数、英語、理科、社会
スマイルゼミ ・小学1・2年生:国語、算数、英語、プログラミング
・小学3〜6年生:国語、算数、英語、理科、社会、プログラミング

タブレット通信教材でプログラミングを学び、論理的思考力を養いたい場合はスマイルゼミがおすすめです。

対象学年とは違う学年の勉強ができる

スマイルゼミは対象学年の勉強のみになりますが、デキタスは一部対象学年とは違う学年の勉強ができます。

関連分野の遡り学習や先取り学習の仕組みがあるからです。

これらの仕組みにより、1年前の勉強内容に遡って苦手を克服したり、得意分野を伸ばすために先取りして勉強を進めることが可能です。

学習機器の違い

タブレット通信教材を利用する上で気になるのが学習機器です。専用機器の有無によって、用意する物や予算が変わってきます。

デキタスは専用機器がないため、デキタスは自宅のパソコンやタブレット、スマホを使って勉強することが可能です。

一方、スマイルゼミは専用タブレット(9,980円)を購入して勉強をします。自宅のパソコンやタブレット、スマホには対応していません。

自宅の環境や予算によってどちらが合うか変わってくるため、タブレット通信教材を選ぶ上での1つのポイントになります。

あなたにおすすめのサービス

ここからは、デキタスとスマイルゼミ、それぞれのサービスに合うおすすめの方を紹介します。

受講サービスを検討する際の材料にしてみてください。

デキタス

  • 自宅のパソコンやスマホを使って勉強したい方
  • 集中力に自信がなく学習習慣を身につけたい方
  • 自分のペースで勉強したい方

デキタスは専用機器不要で、アニメのような世界観の1本2分〜5分の動画を見ながら勉強ができます。また勉強をするとポイントが貯まるなど、学習習慣を身につける仕組みが充実しています。

ゲーム感覚で勉強ができるので、飽きずに自分のペースで勉強したい生徒にもおすすめです。

スマイルゼミ

  • 自分の学習状況に合わせて勉強したい方
  • 早くからプログラミングを学習したい方
  • 展開図などのアニメーションを動かしながら学びたい方
  • 学習の基礎をしっかりと身につけたい方

スマイルゼミでは、生徒の学習状況に合った学習プログラムを自動で提案しています。偏りがないように、解き直しや丁寧な解説によって苦手を残さず進めることが可能です。

根気よく苦手を克服したい方や、自分の学習状況に合った勉強をしていきたい生徒におすすめです。またプログラミングを学びたい方や、アニメーション機能を使いながら展開図などを学びたい方にもおすすめです。

まとめ

ここでは、小学生向けの人気タブレット通信教材「デキタス」と「スマイルゼミ」の特徴や違いを紹介しました。

どちらも多くの生徒が利用している魅力的な通信教材です。それぞれのサービスの特徴を把握し、お子様に合う方を選ぶといいでしょう。

どちらか決めかねている場合は、それぞれ無料体験を実施していますので、まずは体験してみてはいかがでしょうか。

【徹底比較】小学生向けのオンライン塾・ネット塾12選|中学受験塾との併用も

この記事を家族に共有する

カテゴリから記事を探す