馬渕個別の料金や特徴を徹底解説|合格実績と指導方針も紹介

ABOUT US
スタスタ編集部
当社のインターン生である、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、東京理科大学、東京学芸大学、筑波大学・・・の現役大学生たちが、自身の小中高大受験・通塾・塾講師経験をベースに、各塾の教育方針や学習システム等の特徴を独自に分析し、編集・執筆しています。

「馬渕個別ではどんな指導が行われているの?」
「馬渕個別で用意されているコースの内容や料金について知りたい」

このようにお考えではないでしょうか。

本記事では、馬渕個別を検討している人に向け、下記を紹介・解説していきます。

この記事でわかること
  • 馬渕個別の3つの特徴
  • 馬渕個別の教育方針とカリキュラム
  • 馬渕個別のコースと料金設定

東大や京大といった難関大合格者を多数出している「馬渕個別」ではどのような指導が行われているのでしょうか。以下にて詳しく見ていきましょう。

馬渕個別の3つの特徴

馬渕個別の3つの特徴は下記の通りです。

馬渕個別の特徴
  1. 生徒を中心にさまざまなサポートが充実している
  2. PREPを意識した理解しやすい指導を行っている
  3. 生徒のスケジュールに合わせて1週間のプランを作成している

以下では、それぞれの特徴について解説していきます。

生徒を中心にさまざまなサポートが充実している

馬渕個別は、生徒だけではなく、保護者、講師、職員どうしのつながりを大切にしており、授業報告や学習面談の時間などを定期的にとっています。加えて、生徒と講師のマンツーマン面談を多く取り入れることにより、学習プランや進学などに対するアドバイスも欠かさずに行っています。

また、授業を担当している講師と校長の二人体制で行う「ダブルサポ―ト」を実施することで、細かい部分でのサポートを徹底しているという点も馬渕個別の特徴といえるでしょう。

PREPを意識した理解しやすい指導を行っている

馬渕個別は、授業にPREPを取り入れることにより、生徒にとって分かりやすい指導を行っています。

PREPとは、分かりやすい説明を行ううえに役立つモデルの一つで、Point (結論)、Reason(理由)Example(具体例)、Point(結論)の頭文字をとって出ています。

具体的に言うと、馬渕個別では下記のようなステップで授業が展開されています。

馬渕個別で行われる授業のステップ
  1. 授業内容を生徒に提示
  2. 解答のポイントを解説
  3. 実際に問題を解いていみる
  4. 授業内容の確認とおさらい

こういった流れで授業を行うことで、生徒自身がしっかりと理解を深めながら授業を受けることが可能になるのです。

生徒のスケジュールに合わせて1週間のプランを作成している

馬渕個別では、それぞれの生徒が持つ「目標」「成績」をヒアリングしたうえで1週間のプランを作成します。そのため、一律で授業を行う塾などではできない、個別での試験対策を効率的に行うことが可能です。

また、それぞれの生徒が通う学校の方針や、学校ごとの進み具合によって授業を変化させるなど、生徒にとって勉強しやすい環境づくりにも力を入れています。

馬渕個別の教育方針

馬渕個別は「生徒が100人いれば、100の個性があり、100の可能性がある」という教育方針を掲げて授業を行っています。
先ほど紹介した「生徒一人ひとりに合った授業カリキュラムを組み、指導を行っていく」という授業内容からも、教育方針がカリキュラムに反映されていることが分かります。

また、馬渕個別ではリーガルノートという連絡帳を用いて、授業の進み具合や生徒の反応などを共有し、学習方法や授業内容を柔軟に見直すといった工夫も随時行っています。さらに自習室も完備されており、授業の前後で学習できるといった点からも、生徒の自主性に重きを置いていることが伺えます。

馬渕個別の合格実績

馬渕個別の大学実績は下記の通りです。なお下記の大学は、合格者が多かった順となっています。

  • 立命館大学
  • 同志社大学
  • 近畿大学
  • 立命館大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 京都大学
  • 大阪市立大学
  • 東京大学
  • 早稲田大学
  • 慶応義塾大学
  • 上智大学

馬渕個別は、私立・国立の難関大合格者を多数排出していることに加え、医療学部でも多くの合格者を排出しています。

馬渕個別のコースと各料金設定

以下では、馬渕個別で用意されている下記のコースの特徴と料金について解説していきます。

馬渕個別で用意されているコース
  • 小学生コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース

それでは、以下にて詳しく見ていきましょう。

小学生コース

入学費2万2,000円
月間の授業料金(週1授業の場合)およそ1万6,500円
年間の授業料金(週1授業の場合)およそ19万8,000円

小学生コースのカリキュラムは下記の通りです。

小学生コースのカリキュラム
  • 中学生準備
  • 中学受験対策
  • 公立中学進学・私立内部進学

馬渕個別の小学生コースは、それぞれの生徒が持つ特性や進度に合った1週間のスケジュールを作成し、マンツーマンでの個別指導を行います。

生徒自身が苦手な科目の克服や、中学校に進学した後の授業対策など、幅広く学習できるプランが豊富に用意されている点が特徴です。

中学生コース

入学費2万2,000円
月間の授業料金(週1授業の場合)およそ1万9,580円
年間の授業料金(週1授業の場合)およそ23万4,960円

中学生コースのカリキュラムは下記の通りです。

中学生コースのカリキュラム
  • 私立内部進学
  • 定期テスト対策
  • 英数フォローアップ
  • 志望校別入試対策
  • 高校受験対策

馬渕個別の中学生コースでは、高校の受験対策をメインに、学校での授業より少し先の応用問題を解いていきます。私立中学に通う生徒に対しては、授業の復習や理解を深めるための授業をメインに行っています。

生徒の志望校に合わせた特別講座も設けており、それぞれのニーズに合った学習を選択できる点が特徴といえるでしょう。

高校生コース

入学費2万2,000円
月間の授業料金(週1授業の場合)およそ1万9,965円
年間の授業料金(週1授業の場合)およそ23万9,580円

高校生コースのカリキュラムは下記の通りです。

  • 内部進学・学校準拠
  • 過去問の復習と演習
  • 大学受験対策

馬渕個別の高校生コースでは、生徒の志望大学に合った入試対策をメインに行います。基礎的な学習からレベルの高い問題演習を行うことができるため、生徒の希望に合わせて選択することが可能です。

内部進学の生徒に対しては、定期テスト対策をメインに行っており、学校の教科書を使いながら学習を進めていきます。

まとめ

本記事では、馬渕個別の「特徴」「コースと料金」などについて解説してきました。

馬渕個別では、生徒一人ひとりに合った学習カリキュラムを作成し、一律の授業では実施できない細やかな指導を受けることが可能です。

馬渕個別は高い合格実績も持ち合わせているため、「個別指導で学習を進めていきたい」「最初はとにかく苦手科目を徹底的に学習したい」といった人は積極的に検討をしてみるとよいでしょう。