古文単語315のレベルや使い方を徹底解説

ABOUT US
スタスタ編集部
当社のインターン生である、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、明治大学、立教大学、東京理科大学、東京学芸大学、筑波大学・・・の現役大学生たちが、自身の小中高大受験・通塾・塾講師経験をベースに、各塾の教育方針や学習システム等の特徴を独自に分析し、編集・執筆しています。

古文単語を覚えるのが苦手。そんな悩みを抱えていませんか?古文単語がなかなか覚えられない・古文初学者におすすめなのが、「古文単語315」です。

「古文単語315」はイラストや例文を豊富に掲載。文字だけ見ても覚えられない!という方におすすめの、古文単語帳です。

この記事では、「古文単語315」のレベルや古文の成績を上げるための効率の良い使い方を解説します。ぜひ、参考にしてください。

古文単語315

どういう人向けか

古文初学者。イラストや例文で古文単語を覚えたい方

※自分に合った参考書選びの基準の一つになるのは「見開きで問題が半分以上わかるか」です。

参考書名 古文単語315

古文単語315

現状学力→到達学力初学者→偏差値70
分量315語
目安時間50h

古文単語315の注意点

「古文単語315」は、単語帳であり問題集ではありません。古文単語と意味を覚えることが重要です。

単純に古文単語を覚えるだけではなく、読み方や古文常識を知り演習問題などで実践を繰り返しましょう。

古文単語315の特徴

例文や語源の解説が豊富で初学者にも分かりやすい構成

「古文単語315」は、例文や語源の解説が豊富。ひとつの単語に対して詳細に解説され、例文で知識を深めることができます。

また、シンプルなイラストが載っているのも特徴です。文字だけだとなかなか覚えられない方に、おすすめ。古文が苦手な方や初学者でも、一単語ずつ丁寧に学べる古文単語帳です。

マスターすれば早慶レベル合格も夢じゃない!

古文単語帳なので、古文単語を覚えただけでは実力が付いたと言い難いです。しかし、正しく意味や使い方を覚えれば、早慶レベルの大学に合格するのも夢ではありません!

「古文単語315」を何となく眺めるのではなく、1冊まるごとマスターしましょう。意味や使い方をしっかり覚えることができれば、古文の成績は格段に上がるでしょう。

古文単語315の効果的な使い方

1周目:見出し語の意味を丁寧に覚え15語ずつテストする

効果的な使い方:1周目
  1. 見出し語と意味を覚える
  2. 単語の成り立ちやニュアンスに関する文章を読む
  3. 1と2を15語ずつ繰り返す
  4. 赤シートで隠して覚える
  5. 前日にやった15語をテストする

1周目は、古文単語をひとつひとつ丁寧居覚えていきましょう。

読むだけでは、なかなか覚えられません。 見出し語の意味を覚え単語の成り立ちやニュアンスに関する文章を読み、しっかりと頭に叩き込みましょう。

赤シートで隠して覚えるのも、効果的です。翌日は前日にやった15語をテストし、覚えているかどうかチェックをしてください。間違えた単語は、チェックをつけておきましょう。

2周目:見出し語を30語ずつテストし間違えたらチェックをつける

効果的な使い方:2周目
  1. 30語テストする
  2. 間違えた見出し語の成り立ちやニュアンスに関する文章を読む
  3. 例文を音読する

2周目は1周目とは違い、かなり古文単語を覚えているはずです。1周目では古文単語の意味を丁寧に確認しますが、2周目ではテストから始めます。

30語ずつテストをし、覚えきれていない単語を洗い出しましょう。この時、間違えた単語にはチェックを付けておいてください。

最後に、間違えた問題の例文を音読し、古文単語の意味を頭の中でイメージできるようにしましょう。

3周目:チェックが付いた単語をテストし完璧にする


効果的な使い方:3周目
  1. チェックが付いている単語をテストする
  2. 間違えた見出し語の成り立ちやニュアンスに関する文章を読む
  3. 例文を音読する

3周目では、1周目・2周目に間違えた問題のみをテストします。

3周目ともなるとかなり覚えていると思いますが、それでも間違えた単語は要注意。見出し語の成り立ちやニュアンスに関する文章をよく読み、ここでしっかりと覚えましょう。

また、例題を音読することも忘れないでください。

まとめ

この記事では、「古文単語315」のレベルや使い方を解説しました。

古文単語は、ひたすら単語とその意味を覚える地道な作業が必要です。シンプルな勉強法ですが、毎日少しずつ取り組めば、確実に古文の成績は上がるでしょう。

古文の成績を上げたいなら、「古文単語315」を使って勉強してくださいね。