【映像授業×サポート】代ゼミサテライン予備校の強さの秘訣を分析

【映像授業×サポート】代ゼミサテライン予備校の強さの秘訣を分析
対象学年 高校1年生〜高校3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 大学受験
塾の規模 大手塾
「代ゼミサテライン予備校」は受験生の幅広いニーズに答える学習塾としての評価を受けています。

部活も勉強も忙しい受講生から支持される代ゼミサテライン予備校の指導は、他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針から代ゼミサテライン予備校の強さを分析したいと思います。

代ゼミサテライン予備校の特徴

「なぜ代ゼミではなく開成教育グループの代ゼミなのか?」

それは、開成教育グループと代ゼミの強みを合わせた新たなシステムがあるからです。まず、代ゼミサテライン予備校の強みを理解するために特徴から確認をしてみましょう。

開成教育グループ 代ゼミサテライン予備校3つのポイント
  1. 代ゼミで定評のある講師陣による映像授業
  2. 能力に合わせた幅広い講座内容
  3. 開成教育グループのスケジューリングシステム

代ゼミで定評のある講師陣による映像授業

『講師の代ゼミ』といわれるほどに講師の人気が高い代ゼミサテライン予備校では、選りすぐりの講師陣の授業を受講することができます。受講者にただ暗記させるだけでなく学ぶことを楽しく、知的好奇心を刺激させるような授業が豊富です。基礎力だけでなく自分で難しい問題にチャレンジする力や応用力を身に付けられる映像授業が揃えられています。

また、受講する生徒がただ何となく見ることにならないようにするために、迫力があり、理解していく実感を得られる映像授業が展開されています。そのため、飽きない授業を受けることができるでしょう。

代ゼミサテライン予備校が、この良質な映像授業を強力なスケジューリングシステムを有する開成教育グループに提供することによって誕生したのが開成教育グループ 代ゼミサテライン予備校です。

能力に合わせた幅広い講座内容

代ゼミサテライン予備校には受講者のニーズに対応するために約2,000という膨大な数の講座が用意されています。講座のラインナップは大手塾である代ゼミの情報量が生かされたものであるといえるでしょう。もちろん、学習プランナーとの相談によって受講者に最適な講座が割り振られることになっています。

基礎の学習から受験対策として克服しなければならない箇所といったような伸ばさなければいけない学習や、もっとチャレンジしたい箇所の学習といったものまで幅広く対応できる体制が整っています。

また、代ゼミサテライン予備校には1年間の授業を1~2か月という短期間で仕上げる「速習講座」があります。毎日でも連続して受講できるので、受験勉強に良いスタートダッシュを成功できるでしょう。基礎力の養成講座から分野別の対策講座まであり、苦手分野の発見・克服にも利用できます。

開成教育グループのスケジューリングシステム

開成教育グループならではの強みが、徹底したスケジューリングサポート体制です。専属の『学習プランナー』と『フェローと言われる学習アドバイザー』の二重サポートによって生徒一人ひとりの受講スケジュールが調整されます。このサポート体制により、学習効率の向上が素早く望めるでしょう。

また受験までのスケジュールを立てる合格プログラムシートを作成し、月ごとの計画までも練ります。

これらのスケジュール管理支援は、いつ、何をするべきかが明確に分かるので、モチベーションの維持にもつながります。何より、学習以外の負担を減らせるのが最大のメリットです。充実したサポート体制で、大学受験まで効率の良い勉強ができるでしょう。

代ゼミサテライン予備校の教育方針

代ゼミサテライン予備校の教育方針は「予備校界屈指の講師陣の映像授業による基礎力の向上と難関志望校合格」を掲げており、講師をはじめとしたサポート体制で受講者の第一志望合格を支援します。

勉強をどのように進めるべきかわからないという不安はやる気を削ぐ原因になりますが、代ゼミサテライン予備校は、見て即効性のある実力派映像授業と、開成教育グループだからこそできるスケジュール管理のサポートによって、受講者の学習習慣の維持がしやすい環境作りが徹底されています

学習に取り組む段階からのサポート体制はとても心強いシステムであるといえるでしょう。

他の映像授業予備校との比較

ここまで代ゼミサテライン予備校の特徴について解説してきました。ここからは、同じ「映像授業」の指導形態である東進衛星予備校と河合塾マナビスを含めて、授業時間や配信方法などを比較したいと思います。

代ゼミサテライン東進河合塾マナビス
対象高校1年生~3年生、既卒生高校1年生~3年生、既卒生高校1年生~3年生
大学受験
授業時間90分90分45~90分
配信方法校舎の授業を録画事前録画(カメラに向かって)事前録画(カメラに向かって)
受講場所どこでも校舎/自宅校舎
質問
授業振替
担任制

配信方法において、東進と河合塾マナビスはカメラ目線で録画をしているので、受講者に向かって話しかけているような気持ちになります。一方代ゼミサテラインは、本部校タワー校舎の実際の授業を録画しており、臨場感・緊張感が溢れています。また代ゼミサテラインは、どこでも受講できるという点が一番の強みだと言えます。

代ゼミサテライン予備校の合格実績

合格実績は、開成教育グループ(開成ベガ、開成教育セミナー、開成教育グループ 代ゼミサテライン予備校、ハイグレード個人指導ソフィア、代ゼミサテライン予備校、エール進学教室、中学受験・大学受験専門個別指導アルスポート)の合計数だけが公開されております。
代ゼミサテライン予備校での志望校の合格実績については開示されていないため、お近くの教室にお問い合わせいただくことをおすすめします。

2019年最新|代ゼミサテライン予備校大学受験の合格実績

学校名合格者数
京都大学5名
東京理科大学2名
早稲田大学4名
慶應義塾大学2名
立教大学11名
法政大学11名
明治大学6名
中央大学5名
関西大学514名
立命館大学397名
同志社大学136名
関西学院大学200名
神戸大学22名
大阪大学12名
京都工芸繊維大学10名
神戸市外国語大学5名
学校名合格者数
大阪市立大学18名
大阪府立大学13名
大阪教育大学15名
京都教育大学7名
奈良教育大学9名
愛知教育大学1名
兵庫県立大学17名
滋賀県立大学30名
奈良県立大学4名
京都府立大学9名
滋賀医科大学4名
和歌山大学17名
滋賀大学20名
岐阜大学2名
静岡大学4名
長崎大学2名

代ゼミサテライン予備校のコース

さて、代ゼミサテライン予備校が数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも確認できます。では、実際に代ゼミサテライン予備校では、どのような授業を提供しているのでしょうか。

代ゼミサテライン予備校は個別指導ですので、授業は生徒ごとにオーダーメイドのカリキュラムが組まれていますが、学年別に大まかなカリキュラム設定があるので紹介したいと思います。

定期テスト対策コース
【高校1・2年生対応】
定額制により映像授業が見放題のコースになります。
センター試験対策・難関大学対策コース
【高校2年生対応】
いち早く大学受験対策をするためのコースです。
センター試験の良問を解くことによって教科書内容の理解を深めることができます。
加えて、難関大学を受験する生徒にも対応できるコースです。
志望校対策コース
【高校3年生・卒業生対応】
「速習講座」によって学びたい部分を一気に習得することができるコースです。
授業の種類が豊富で、全科目対応なので行きたい大学を目指して効率よく学習することができます。

代ゼミサテライン予備校の料金

講座名料金(税抜き)
単元別基礎力完成講座10,000円/1講座
Trinity 総合英語
高校教科書完全マスター講座(基本編)
高校教科書完全マスター講座(章末問題攻略編)
大学別過去問演習講座25,000円
速習学期講座(英数国理地歴・公民)75,555円
速習学期講座(理科、地歴・公民)123,333円
高1•2対象学期講座(英数国理地歴)88,148円

*一部の講座を紹介しています。支払い方法に関して年間申し込み、前期申し込み、後期申し込みが可能な講座もございます。詳しくはお近くの校舎にお問い合わせください。
*税抜き価格表示です。

代ゼミサテライン予備校の分析結果のまとめ

代ゼミサテライン予備校がなぜ学校の成績をアップさせられるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論として、「開成教育グループの専属アドバイザーによるスケジュール管理代ゼミの良質な映像授業という良さが合わさり、生徒へ柔軟な対応ができること」が強みだと考えられます。

代ゼミサテライン予備校は基礎からでも応用からでも、受講者に最適な講座と受験までの計画を講師とともに考え学習習慣を整備することができます。そのため、学校の成績を向上させながら合格から逆算した計画によって第一志望合格への確実な道筋を提示してくれる学習塾といえるでしょう。学習環境から構成したい生徒にとって最良の学習塾であるという事ができます。

オンライン塾・家庭教師えらびに困ったら

色々調べてみたけれど、結局うちの子にはどの塾・先生が合うの??

その悩み、スタスタLIVEが解決します!

スタスタLIVE

簡単登録であとは待つだけ!
お子様の学力や勉強の悩みに合った、ぴったりの先生が見つかります。
紹介料は一切かかりません。完全無料です。(授業料は必要です)

忘れないうちにシェア