LINE で塾選びを相談する(無料)

個人塾だからできる!「恵比寿教育」が掲げる生徒第一の指導とは?

個人塾だからできる!「恵比寿教育」が掲げる生徒第一の指導とは?
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 個人塾
恵比寿駅から徒歩2分の位置にある「恵比寿教育」は個別指導塾です。

恵比寿教育が、多くの生徒に利用されているのはなぜか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから恵比寿教育の強さを分析したいと思います。

恵比寿教育の特徴

まず、恵比寿教育が多くの生徒に利用されている理由を分析するために特徴から確認してみましょう。

恵比寿教育3つのポイント
  1. 幅広い学習内容に対応
  2. 柔軟な時間割が組める
  3. 入塾テストがない

幅広い学習内容に対応

恵比寿教育は小学生から高校生まで対応している個別指導塾です。定期テスト対策として5教科どれでも選択することができます。公立より進みが速い私立のテスト対策も可能です。このように、どのような学習内容であっても対応が可能であることが恵比寿教育の強みと言えます。

また、大学受験や高校受験の対策として5教科の他に小論文の指導も行っています。小論文は受験校によって出題傾向が変わるため、集団指導塾の講座では対応しきれません。恵比寿教育は個人指導なので、生徒に合わせた添削指導ができ、効率的に小論文の成績が上がります。AO入試や指定校推薦、一般入試と多様化している大学受験対策としても有効だと言えるでしょう。

柔軟な時間割が組める

恵比寿教育の授業時間は13:45~20:30となっています。最後のコマは19:00~20:30なので、忙しい部活生でも部活動後に通塾することができます。

また、授業時間が90分か60分かと1人の講師に対する生徒数が1人か2人から選べます。そのため、集中力の落ちやすい小学生は60分1人で集中して、受験を控えている中学生は90分2人で切磋琢磨し合うというようにそれぞれの生徒の状態によって集中しやすい時間割を組むことが可能です。

入塾テストがない

塾に入る前に実力を測るために入塾テストがある学習塾は決して珍しくありません。むしろ、初めて入ってくる生徒の学力を知るという点で理にかなった方法と言えます。ところが、恵比寿教育では入塾テストを実施していません。これはなぜなのでしょうか?

答えは生徒を成績というバイアスがかかっていない状態で見たいからです。講師はテスト結果だけでは分からない生徒の性格も考慮に入れた指導を行います。生徒と向き合っていく姿勢により、信頼関係が作られ、質問しやすい雰囲気を作り出していると言えます。

恵比寿教育の教育方針

恵比寿教育は「生徒第一」という方針のもと、塾運営を行っています。

どのような学習内容でも対応可能となっている点や柔軟な時間割が組める制度はこの教育方針を表していると言えるでしょう。

また入塾テストがないことも、生徒を学力だけで測らないという恵比寿教育の生徒を大事にしている姿勢が窺えます。

恵比寿教育の合格実績

恵比寿教育では合格実績を公開していないため、詳細を知りたい場合はお近くの教室にお問い合わせください。

恵比寿教育のコース

恵比寿教育では一人ひとりにあったカリキュラムが組まれるため、学びたい内容によって学習プランが変わってきます。詳しく知りたい方は直接お問い合わせください。基本のコースは以下の4つを組み合わせる形になります。

  • 講師1人に生徒1人の授業
  • 講師1人に生徒2人の授業
  • 60分授業
  • 90分授業

 

恵比寿教育の料金

恵比寿教育の個別指導の料金は一般的な個別指導塾と比較すると平均的な傾向にあります。授業時間と授業形態によって料金が異なります。

コース 料金(月4回分、税込)
講師1人に生徒1人の授業 60分 11,900円
90分 17,850円
講師1人に生徒2人の授業 60分 16,800円
90分 25,200円
その他 料金(初期費用)
入塾金 通常 21,600円
紹介 10,800円
教材費(1授業1年分) 5,400円
諸費 5,400円

 

恵比寿教育の分析結果のまとめ

恵比寿教育の個別指導がなぜ多くの生徒に利用されているのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「どのような要望でも対応できる点が強さの秘訣と言えます。定期テストから小論文対策までさまざまな内容に対応できるため、多くの生徒が自分の目的に合わせて利用しやすい塾になっています。

料金面においても一般の個別指導塾と比べて「平均的」な傾向にあります。子どもの将来を考えるならば、恵比寿教育への入塾は非常にオススメの選択肢と言えるでしょう。

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す