英検

英検

フィリピン留学で英語力アップ!40万円以下で行ける国と親子留学情報

子どもの夏休み留学で英語力をアップさせるなら、フィリピンがオススメです。フィリピンは英語が公用語の一つであり、留学費用が欧米圏に比べて安く抑えられます。特にセブ島のキッズ・ジュニアキャンプは、英語学習とマリンスポーツなどのアクティビティを組み合わせたプログラムが充実しており、子どもたちが楽しみながら英語を学べる環境が整っています。親子留学も可能で、親子で一緒に異文化体験を楽しむことができます。

英検

2024年度第2回英検申込開始!試験日程と新キャンペーン情報

2024年度第2回英検の申込が開始されました。申込は2024年7月1日から9月9日までで、インターネットやコンビニ、特約書店で手続きが可能です。一次試験は10月6日、準会場では9月27日から10月6日の間に実施されます。また、英検4級・5級チャレンジキャンペーンも実施され、不合格の場合でも次回の受験料が無料になります。詳細は英検公式サイトで確認してください。

英検

2024年度第2回英検申込開始!準会場のメリットと特典情報

2024年度第2回英検の申込が開始されました。個人申込は7月1日から9月9日までで、インターネットやコンビニなどから申し込めます。準会場での受験は検定料が安く、例えば2級は本会場で9,100円、準会場で6,900円です。また、英検4級・5級チャレンジキャンペーンでは、不合格の場合次回の受験料が無料になります。詳細は英検協会のWebサイトをご確認ください。

英検

大学受験で親が避けるべきサポートと効果的な励まし方

大学受験は子どもにとって重要なイベントであり、親のサポートが大きな役割を果たします。心理的なサポートや励まし、食事の準備や栄養管理が効果的です。一方で、過度な期待やプレッシャー、勉強方法や進路の強要は避けるべきです。夏休み前には、子どもが勉強に集中できる環境を整え、負担にならないサポートを心掛けましょう。親の適切なサポートが、子どもの自信とモチベーションを高めます。

英検

豊島岡女子学園が英語資格入試導入!中学受験の新潮流とは?

豊島岡女子学園が2025年から「算数・英語資格入試」を新設します。この入試は、算数の得点を2倍にし、英検取得級による「みなし得点」を加える形式です。英語の重要性が一層高まる中、保護者の皆様はお子さんの将来を見据えた英語学習の戦略を考える必要があります。英語を学ぶ楽しさを忘れずに、長期的な視点でサポートしていきましょう。

英検

慶應義塾大学2025年度入試の大改革:英検利用と試験内容の変更点

慶應義塾大学は2025年度入試で大きな変更を発表しました。文学部では英検スコア2500点以上で外国語試験が免除され、法学部では試験内容と時間が変更されます。また、歴史総合が新たに出題範囲に含まれる学部もあります。これにより、英語力や歴史知識がより重要視されることになります。英検のスコアが高いと他の受験生と差をつけることができ、他大学でも同様の動きが広がる可能性があります。

英検

成城学園初等学校でのMonoxer導入が英検取得率を向上

東京都世田谷区の成城学園初等学校では、学習アプリ「Monoxer」を導入し、英検取得率が向上しています。AIが記憶状況を分析し、個々の学習者に最適な問題を提供することで、効率的な学習が可能となります。これにより、令和5年度の英検取得率は約75%に達し、前年度の約60%から大幅に上昇しました。Monoxerは、教師の負担軽減にも寄与し、今後も多くの教育現場での活用が期待されています。

英検

高1で英検準1級合格!ラジオ・音読・オンライン英会話の活用法

高校1年生で英検準1級に合格したはるたまさんの勉強法をご紹介します。ラジオで基礎を固め、英単語は音読しながら書くことで記憶を強化。さらに、オンライン英会話を毎日続け、過去問で得意・苦手分野を分析しました。親御さんもお子さんと一緒に楽しめる勉強法を見つけることで、学習意欲を高めることができます。

英検

偏差値70の高校生が教える!英単語暗記のコツと『DUO 3.0』活用法

偏差値70の高校生が実践する英単語暗記法を紹介します。例文を読むことで単語の使い方を理解しやすくなり、『DUO 3.0』を活用することで楽しく学べます。また、イラストを使った記憶法や家族・友達と一緒に学ぶ方法も効果的です。オリジナル単語帳を作成することで、自分に合った単語を効率的に覚えることができます。これらの方法を取り入れて、英単語の暗記を楽しく効果的に進めましょう。

英検

物価高でも楽しめる!丸山晴美さんの低コスト趣味特集

物価高の中でも楽しめる低コストの趣味について、節約アドバイザーの丸山晴美さんが提案する方法をご紹介します。ウォーキングやストレッチなどの運動系趣味は特別な道具が不要で、健康にも良い影響を与えます。また、編み物や図書館を活用した読書もおすすめです。さらに、資格勉強でスキルアップを目指すことも可能です。これらの趣味を取り入れて、家計に優しい楽しみ方を見つけてみてください。

英検

中学生の英語力向上、文科省調査とさいたま市の事例

最近の文部科学省の調査によると、中学3年生の半数が英検3級相当以上の英語力を持っていることが明らかになりました。この結果は、英語教育の質の向上が伺えます。特に、さいたま市では英語の授業時間を増やし、教員の質を向上させる研修を積極的に行っており、生徒たちの英語力が大幅に向上しています。これにより、全国でもトップクラスの成績を収めています。

英検

井川治久講師の英語個別指導:高校生の学習法と保護者連携

高校生の英語学習において、個別指導の重要性が増しています。井川治久講師は、生徒一人ひとりの理解度を確認しながら指導を進め、特に分詞構文の理解を深めるための演習を重視しています。また、保護者との連携を通じて、家庭での学習サポートを促進し、生徒のモチベーション維持にも努めています。これにより、生徒は英語の文法だけでなく、実際の使用能力も向上させることができます。

英検

ChatGPTの教育利用拡大!英検1級道場での活躍と評価

ChatGPTが英検1級道場で活躍しています。このAIツールは、受講生の英語学習をサポートし、言葉の意味や使用例を即座に提供することが可能です。特に、「demean」と「deface」のような似ているが異なる意味を持つ単語の違いを明確に説明し、学習者が迅速かつ正確に知識を吸収するのを助けています。また、ChatGPTは24時間いつでも質問に答えることができ、学習者のペースに合わせた柔軟な学習が可能です。

英検

英検1級の真実:合格率と教育現場での影響

英検1級は日本で最も認知されている英語能力試験の一つで、特に高度な英語力が求められます。合格率は非常に低く、その難易度は高い語彙力や文法知識、自然な英語使用能力が必要です。英語教師がこの資格を持つことは、教育の質を向上させる重要な指標となります。また、子どもの英語教育において英検1級を目指すかは、個々の目的や能力に依存しますが、適切な目標設定がモチベーション向上につながります。