LINE で塾選びを相談する(無料)

神奈川県で圧倒的に支持される「臨海セミナー小中学部」を徹底解説!

神奈川県で圧倒的に支持される「臨海セミナー小中学部」を徹底解説!
対象学年 小学3年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 受験:難関校向け
塾の規模 大手塾
1974年に横浜で街の小さな個人塾として出発した「臨海セミナー」。今では関東を中心に「臨海グループ」全体として400校近くを展開する神奈川県を代表した学習塾のひとつとも言われ、難関校への合格者を多数輩出している学習塾として非常に有名と言えます。

「中学受験」、「高校受験」と人生の重要な別れ道に「臨海セミナー小中学部あり」とも言えるその実績は他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから臨海セミナー小中学部の強さを分析したいと思います。

臨海セミナー大学受験科で行きたい難関大に合格できる理由とは?

臨海セミナー大学受験科で行きたい難関大に合格できる理由とは?

わかるをできるに変える!「臨海セレクト」の個別指導3つのポイント

わかるをできるに変える!「臨海セレクト」の個別指導3つのポイント

臨海セミナー小中学部の特徴

まず、臨海セミナー小中学部が多数の合格者を輩出できる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

臨海セミナー小中学部3つのポイント
  1. 臨海ならではの成績向上システム
  2. いつ当てられるか分からない緊張感のある授業
  3. 小学生のうちから高校受験を意識した語彙力・計算力のトレーニング

臨海ならではの成績向上システム

臨海セミナーでは「授業」→「宿題」→「小テスト」→「早出補習&居残り補習」を繰り返すことによって学力の定着を測り、成績を向上させます。

宿題カレンダーによって学習習慣を身に付けさせたり、小テストでできなかった部分はそのままにせず、次回の早出補習や居残り補習によって苦手を克服してくれます。

また、集団授業でありテストの順位も公開されるので、周りの生徒と競い合い刺激を受け、自ら学習する意欲を生み出します

いつ当てられるか分からない緊張感のある授業

臨海セミナーでは、講師が話し生徒が黙々と黒板を写すというような、受け身の授業は行っていません。講師から生徒全体に向けて質問をし、指名された生徒が答える、ということが授業中に何度も行われます。

いつ当てられるか分からないので、常に緊張感が生まれ授業に集中できるようになります。また、質問と指名の間は考える時間が用意されているので、自然と考える習慣も身につきます。

小学生のうちから高校受験を意識した語彙力・計算力のトレーニング

臨海セミナーでは、小学生のうちから高校入試で活きる「語彙力」と「計算力」を身につけるためのトレーニングを行います

毎回、授業の最初に30題の計算プリントが配布され、4分間で何問解けるか、正答数はいくつか、を記録し、速さと正確さを鍛えていきます(計算力)。

また授業中に登場する言葉について、毎回講師が口頭で説明します。授業の最後に、それら言葉を確認するためのプリントが配られ、改めて学んだ言葉の意味を確認する時間が用意されています(語彙力)。

臨海セミナー小中学部の教育方針

臨海セミナー小中学部は「わかるまで教える、できるまで学べる」を重視しています。

毎回の小テストでわからないところを明らかにし、無料の早出補習や居残り補習によって、できるようになるまでサポートしてくれる取り組みは、臨海セミナーの教育方針を正に体現している特徴だと言えるでしょう。

また、まず問題の意味が理解できないとそもそも問題を解くことはできません。問題の意味を適切に理解するのに欠かせない語彙力を鍛えることは「わかる・できる」に直結します。

このように臨海セミナー小中学部では教育方針を実現させるために万全な体制が用意された学習塾と言えます。

臨海セミナー小中学部の合格実績

ここまで臨海セミナー小中学部の強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか中学受験、高校受験別に2019年最新の合格者を確認してみましょう。

2019年最新|臨海セミナー小中学部中学受験の合格実績

学校名 合格者数
聖光 11名
栄光 18名
浅野 21名
フェリス 5名
洗足 13名
横浜共立 26名
学校名 合格者数
横浜雙葉 4名
開成
麻布
駒場東邦
桜蔭
豊島岡女子

2019年最新|臨海セミナー小中学部高校受験の合格実績

学校名 合格者数
県立横須賀 107名
横浜翠嵐 97名
光陵 97名
早大学院 79名
法政第二 78名
多摩 83名
新城 81名
早大本庄 63名
慶應義塾 59名
小松川 63名
法政国際 63名
早稲田実業 51名
湘南 53名
秦野 54名
青山 42名
学校名 合格者数
中大杉並 39名
町田 38名
小山台 41名
城東 33名
厚木 45名
希望ケ丘 38名
大和 34名
立教新座 39名
川和 31名
柏陽 25名
神奈川総合 29名
国分寺 8名
三田 23名
江戸川 42名
城東 33名

2018年|臨海セミナー小中学部中学受験の合格実績

学校名 合格者数
南高付属中 49名
相模原中等 33名
川崎高付属中 41名
横浜サイエンスフロンティア 10名
平塚中等 13名
聖光 9名
学校名 合格者数
浅野 23名
フェリス 10名
洗足 14名
横浜共立 38名
横浜雙葉 7名
東邦大東邦 25名

2018年|臨海セミナー小中学部高校受験の合格実績

学校名 合格者数
県立横須賀 124名
横浜翠嵐 120名
光陵 102名
早大学院 102名
法政第二 96名
多摩 92名
新城 91名
早大本庄 83名
慶應義塾 65名
小松川 63名
法政国際 61名
早稲田実業 57名
湘南 54名
秦野 52名
青山 48名
学校名 合格者数
中大杉並 47名
町田 46名
小山台 45名
城東 45名
厚木 41名
希望ケ丘 41名
大和 40名
立教新座 40名
川和 39名
柏陽 39名
中大横浜 39名
西湘 38名
狛江 38名
茅ヶ崎北陵 37名
相模原 35名
スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

臨海セミナー小中学部のコース

さて、臨海セミナー小中学部が難関校へ数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。では、実際に臨海セミナー小中学部では、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。

臨海セミナー小中学部小学生向けのコース

まずは臨海セミナー小中学部の小学生向けコースは、中学受験をせず公立中学進学を目指す「総合進学コース(小学部)」と、中学受験を目指す「中学受験科」「公立中高一貫プロジェクト」の3つに大別されます。

それでは、臨海セミナー小中学部の小学生向けコースについて確認してみましょう。

総合進学コース(小学部)
小3~小6
公立中学進学を目指す生徒向けのコース。

高校受験の際に、志望高校への進学を実現するために、ふさわしい学力を身につけることが臨海セミナーの総合進学コースの指導目的です。小学校での学習を基礎として中学校での学習は進んでいきますので、苦手を残しておかないようにしっかりと小学校の教科書内容を高いレベルで習得することを目標としています。

中学受験科
小2~小6
国私立中学進学を目指す生徒向けのコース。

受験科の専門講師による少人数指導を行っています。本格的な受験勉強に入るための準備クラス(小2~小4)、難関国私立中学校合格を目指すクラス(小5~6)、御三家に特化したクラス(小2~小6)が用意されています。

  • 難関国私立選抜クラス 小2~小6

四谷大塚のカリキュラムに完全対応しており、四谷大塚のオリジナル教材「新予習シリーズ」を使用して指導を行っています。

1週間で1つの単元を学習し、土曜日の週テストあるいは翌週の確認テストで学習の定着度合いを確認します。解けなかったところを補習で克服することになります。5週目には1ヶ月間の復習として、今まで学習した内容を再度復習します。

春期夏期冬期講習では前学期内容の復習と次学期内容の予習を行い、何度もくり返し学習することで内容を定着させ、合格に必要な力を身に付けていきます。

また通常授業とは別に、様々な講座が用意されています。

  • 御三家選抜クラス 小2~小6

筑駒・御三家受験を熟知した御三家専門指導講師とT.A.(Teaching Assistant)によって結成されたチームが、合格のために設計されたカリキュラムを基に、全力で指導し合格へと導きます。

御三家合格のためには、生徒自身が高い目的意識を持ち自らを律する必要があります。このクラスでは、スケジュール管理や生活態度の指導を通じて、生徒の精神的な成長も促してくれます。

対象校は、開成・麻布・駒場東邦・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉・聖光・栄光・浅野・フェリス・横浜共立・横浜雙葉、洗足学園・渋谷幕張・市川・東邦大東邦です。

公立中高一貫プロジェクト
小5~小6
国立中高一貫校進学を目指す生徒向けのコース。

適性検査問題の傾向を知り尽くした専門講師が授業を担当します。適性検査突破に必要な知識がきちんと定着しているかチェックを行った上で、厳選された単元を学習していきます。単元学習で身に付けた基礎学力を基に、資料を読み取る力・試行錯誤する力を養成していきます。またテーマ別の作文指導で、書けるようになるまで根気強く指導してくれます。

各学校の適性検査に沿った対策が用意されており、グループワークが必要な学校はその対策もしてくれます。

臨海セミナー小中学部中学生向けのコース

臨海セミナー小中学部の中学生向けコースは、公立上位校・中堅学校の合格を目指す「総合進学コース(中学部)」と、地域の国立最難校を目指す「神奈川公立トップ校コース」、都立・公立・国私立難関高校の合格を目指す「ESC難関高校受験科」の3つに大別されます。

それでは、臨海セミナー小中学部の中学生向けコースについて確認してみましょう。

総合進学コース(中学部) 公立上位校・中堅学校の合格を目指すコース。

  • 中学1年生

「時間の使い方を意識」「定期テスト重要性の理解」をテーマに掲げています。

小学校から中学校に上がり、生徒が1番実感するのは生活リズムの大きな変化でしょう。定期テストに加え、部活動や文化祭や委員会などの学校活動も始まり、中学生は小学生に比べて自由に使える時間が格段に少なくなります。この限られた時間の中で、やるべきことをやれるようにするための、時間の使い方を指導してくれます。

高校受験での出題範囲は、中学校で学ぶ全ての学習内容です。当然、1年生で習ったものが入試でも数多く出題されます。臨海セミナーでは、定期テスト対策がそのまま高校入試対策になる、と捉えており、定期テスト対策を非常に重視しています。

  • 中学2年生

「得意科目を作る」「入試につながる学習」をテーマに掲げています。

2年生になると学力の差が開き始めます。1年生の学習内容がベースになっている英語や数学などでこの傾向が特に顕著です。高校受験では、苦手な単元を作らず、きちんと弱点を克服して得意科目にして学習を進めていくことをサポートしています。

国語などでは、単なる暗記だけでなく「読み方」「答え方」の訓練が必須です。練習を積み重ねることで徐々に身につく力で、臨海セミナーでは継続的な指導が受けられます。

  • 中学3年生

「分かる、から、できるへ」「モチベーション作り」「内申アップ」をテーマに掲げています。

臨海セミナーでは夏には中学3年生までの内容は学習し終わりますので、9月からは受験校の過去問演習が始まります。学んだ知識は実際に使わなければ、「わかる」だけで「できる」にはなりません。最短ルートで正答に至る方法を養成してくれます。

受験生のモチベーションを高めるのに大事なのは、目標があり、それを達成するための手順・手段が明確で、その過程での成長や進捗度合いがきちんと確認でき、その結果を認めてくれる大人の存在です。臨海セミナーではその全ての環境が整えられています。

高校入試では、入試の得点だけでなく、内申点を取ることがとても大事です。臨海セミナーでは、地域の中学校の定期テストを熟知した講師陣が、通常授業とは別に無料の定期テスト補習を行ってくれます。

神奈川公立トップ校コース 地域の公立最難関校の合格を目指すコース。

臨海セミナーではクラス分けテストでクラスが分けられ、それぞれの指導内容、授業スピードなどを調整し、実力に合った指導が行われます。宿題の量や質も、クラスに準じたものが出されます。

ESC難関高校受験科 都立・公立・国私立難関高校の合格・進学を目指すコース。

難関校の入試では、中学校の教科書レベルを遥かに超えた出題内容となっており、中学校の学習指導要領にとらわれない高度の学力養成が必須です。ESC難関高校受験科は独自カリキュラムで授業を行われており、難関国私立高校に合格できると同時に公立高校にも合格できるように構成されています。

臨海セミナー小中学部の料金

臨海セミナー小中学部は「学年」や「通学頻度」「コース」によって料金が変動する仕組みになっています。そのため詳しい料金を知りたい方は、お近くの教室にお問い合わせいただき面談することをおすすめしたいと思います。

臨海セミナー小中学部の分析結果のまとめ

臨海セミナー小中学部がなぜ難関校に多数の合格者を輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、「第一志望に合格させる」ために環境、講師陣、フォロー体制をしっかりと築いていることだと言えます。学習塾では当たり前と言えるかもしれませんが「当たり前のことをしっかりとやる」という姿勢が強さの秘訣と言えます。

子どもの将来を決める難関校への合格を目指すならば臨海セミナー小中学部に入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。

また中学受験について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

中学受験にかかる小学生の塾費用は?|私立中学にかかる費用まで徹底解説

162-chuju-cramschool-1

中学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生300人の口コミ・評価

089-whatischuju-1

『二月の勝者』-【凡人こそ中学受験をすべき】今知りたい”中学受験とは”がここにある

シェアしよう

カテゴリから記事を探す