【誉めて伸ばす!】明利学舎 西葛西本校が支持される理由を徹底解説

【誉めて伸ばす!】明利学舎 西葛西本校が支持される理由を徹底解説
対象学年 未就学児、小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 個人塾
東京都江東区・江戸川区の中学受験・高校受験に特化した個別指導塾「明利学舎 西葛西本校」は、難関校への合格者を毎年輩出している学習塾として有名と言えます。

「中学受験」、「高校受験」と人生の重要な別れ道に「明利学舎あり」とも言えるその実績は他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などから明利学舎の強さを分析したいと思います。

明利学舎の特徴

まず、明利学舎が合格者を毎年輩出できる理由を分析するために特徴から確認をしてみましょう。

明利学舎3つのポイント
  1. 徹底して誉めて伸ばす指導方針
  2. 勉強とは授業を聞いて理解することではない
  3. 国語力が全ての土台となる

徹底して誉めて伸ばす指導方針

お子様の学習意欲を引き出すために有効な方法は、誉めて育てることです。明利学舎では、入会時に「長所ノート」というお子様の長所をまとめたものを保護者の方が作成することを、義務付けています。そうすることにより、お子様の欠点やできないところよりも、長所や得意な部分に気づく機会が増えるため、子育ての方法も誉めて伸ばすように変わります。

自分の存在や行動を親に認めてもらうことが、子どもの喜びや自信に繋がるため、お子様のやる気を引き出すには最適な指導を行なっていると言えるでしょう。

勉強とは授業を聞いて理解することではない

授業を受け、理解するだけでは「解く」という力は養われません。そこで明利学舎では、演習中心の授業を行い、生徒が自分自身で考える力を育みます。わからない問題があるからといって、講師はすぐに答えを教えるようなことはしません。

このことから明利学舎では、演習中心の授業で「解く」力を育み、すぐに講師に頼ることがない「自立した学習習慣」を身に付けさせていると言えます。

国語力が全ての土台となる

算数や理科など色々な科目がありますが、学習において、「文章を読む」というのはどの科目も同じです。そこで明利学舎では、土台として国語力を身に付ける指導をしています。それにより、速く的確に文章を読む力を養い、国語をはじめとした他の科目の成績もアップさせています。

学習をする上で重要な「文章を読む力」に注目し、しっかりと土台作りをしているため、お子様の成績は飛躍的に向上するのではないでしょうか。

明利学舎の教育方針

明利学舎は教育方針として「やる気はどうすればつくのか?」を掲げています。

「子どもの欠点を指摘し叱る」という子育ての方法は、子どもを追い込むだけで成績向上には繋がりません。そのため保護者参加型の授業を実施することにより、保護者の方にも指導を行なっています。徹底して誉めて伸ばす指導は、子どもの「もっと誉められたい」という感情を引き出すことで、やる気が上がり、自発的に勉強するようにもなるのです。

このことから明利学舎は、教育方針を実現させるために努力を惜しまない塾であると言えます。

明利学舎の合格実績

ここまで明利学舎の強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか中学受験、高校受験別に合格者を確認してみましょう。なお、高校受験の合格実績に関しては最新のものが公表されていないため、学校名のみとなっています。

2018年最新|明利学舎 中学受験の合格実績

学校名合格者数
海城中2名
栄光学園中1名
早稲田大高等学院中等部1名
広尾学園中1名
明大明治中1名
明大中野中1名
開智日本橋(LC特待)中2名
共立女子中1名
成城中1名
創価中1名
順天中(2教科)1名
順天中(他面受験・2科+プレゼン)1名
山脇学園中1名
日大豊山中1名
日大一中2名
学校名合格者数
藤村女子中1名
栄東中2名
開智中2名
獨協埼玉中3名
市川中1名
八千代松陰1名
千葉日大一4名
東海大浦安中1名
和洋国府台中1名
かえつ有明中1名
京華女子中1名
神田女学園中1名
浦和実業中1名
二松学舎大付属柏中1名
昭和学院中1名

明利学舎 過去の高校受験の合格実績

過去の主な高校受験の合格実績を学校種別に記載しています。詳しい合格実績や合格者数が知りたい方は、お近くの校舎にお問い合わせください。

公立:日比谷、両国、小石川、戸山、西、国際、青山、三田、白鳳、城東、小松川、江戸川、上野、晴海総合、東

私立共学:早稲田大学本庄高等学院、早稲田実業、渋谷幕張、渋々、青山学院、國學院、中大付属、中大杉並

私立男子校:筑波大学附属駒場、早稲田大学高等学院、明治大学附属中野

私立女子校:慶應女子、豊島岡、共立、大妻中野

明利学舎のコース

さて、明利学舎が難関校への合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。では、実際に明利学舎では、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。

明利学舎小学生向けのコース

明利学舎の小学生向けコースは、学年や目的によって分かれています。また、この他にも特別コースがあるため、詳しくはお近くの校舎にお問い合わせください。

それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

読書くらぶ
(未就学児・小学1・2年生)
他の塾の場合、未就学児から小学生の低学年では、計算問題をひたすら解くといったパターン学習がほとんどです。しかし、パターン学習だけでは、イメージ力が必要な文章題は解けるようにはなりません。そこでこのコースでは、計算式ではなくことばの式を立てるトレーニングや、読書を通して低学年の頭の柔らかい時期に、イメージ力を養うことを図ります。
中学受験準備コース
(小学3年生)
コースの内容としては、国語の読み書きや基本的な算数の計算を学びますが、小学3年生では、学習習慣や学習意欲などが定まっていないため、学習態度などの意識づけを中心とする指導を受けられます。
国私立中学受験コース
(小学4年生)
高学年と比べて受けられる科目の数が少ないですが、小学4年生という早い時期だからこそ国語と算数という一番基礎の科目を集中して学習できます。高学年になったとき、理科や社会といった科目を学習するための余裕を生み出すことを目的としています。
国私立中学受験コース
(小学5・6年生)
小学4年生時と比べ、人間力養成講座の受講が必須となります。この講座は速読などのインプット学習による語彙力の鍛錬と、授業での「100字要約」などのアウトプット学習による論理的読解力を通して「大人が書いた文章を読む」能力を身につけます。高学年となり、受験全範囲を学習しなければならないので、効率的な学習を目指すコースです。
公立中高一貫校受験コース
(小学5・6年生)
公立・都立中高一貫校の出題傾向から、オリジナルや市販のなど関係なく必要なタイミングで最適なテキストを用いる柔軟なカリキュラムのもと、じっくり時間をかけて「合格するための基礎力」の養成を目指します。
飛び級進学コース
(小学4・5・6年生)
中学受験はしないものの、難関高校合格に向けて小学生のうちから準備をしておく特別なコースです。準備がしっかりしていれば、お子様が部活や趣味で忙しくなったとしても、余裕を持って学習ができるため安心できます。

明利学舎中学生向けのコース

明利学舎の中学生向けコースは、学年や目的によって分かれています。また、この他にも特別コースがあるため、詳しくはお近くの校舎にお問い合わせください。
それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

高校受験コース
(中学1・2・3年生)
小学校と比べ、急激にレベルが上がった中学校の授業に置いていかれてしまう子も少なくありません。そこで、中学1・2年生時は、学校の定期テストで高得点を狙うとともに高校受験のための基礎力も身に付けることを狙います。高校受験に向けて早い時期から準備しておくことは、お子様にとって、とても大切なことでしょう。中学3年生になると、受験の追い込み時期となるため、中学1・2年生で養った基礎力や人間力を土台として、難関校を合格できる力を養成します。
英語検定受験コース
(中学1・2・3年生)
推薦入試において、英検で高水準の資格を持っておくことが、合格条件となっている高校も少なくありません。そこで、PC上で英検を学習するためのソフトを使用した自立学習により英検3級以上を狙います。
進学指導重点校コース
(中学1・2・3年生)
都立高校トップレベル、日比谷高校、戸山高校、西高校といった難関校を目指すお子様向けのコースです。ハイレベルな内容を重点的に行い、学校別対策を行うことで、トップ校の合格をグッと引き寄せます。

明利学舎の料金

明利学舎は「学年」や「コース」によって料金が変動する仕組みになっています。そのため、詳しい料金を知りたい方は資料請求を行い各教室と面談し見積もることをおすすめしたいと思います。

明利学舎の分析結果のまとめ

明利学舎 西葛西本校がなぜ難関校受験合格者を毎年輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、生徒のやる気を最大限に引き出す指導方法と文章を速く的確に読むための国語力の養成のためだと言えます。

また他の塾にはない独自のメソッドや保護者への指導など、やる気を引き出すための努力を惜しみません。このことから、子どもの将来を決める難関校への合格を目指すならば、明利学舎に入塾させることは的確な一手だと言えるでしょう。

カテゴリから記事を探す