LINE で塾選びを相談する(無料)

口コミランキング第1位「エポック総合教育研究所」が支持される理由

口コミランキング第1位「エポック総合教育研究所」が支持される理由
対象学年 小学1~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生、既卒生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅校~難関校向け
塾の規模 個人塾

首都圏を中心に3校舎を展開する「エポック総合教育研究所」は、学校の補習・受験対策・各種検定など幅広いニーズに対応している個別指導塾です。

エキテン口コミランキングでは中目黒駅と不動前駅の塾部門で第一位を獲得するなど、実際に子どもを通わせた保護者から高い評価を得ています。

エポックが支持される理由は何なのか?今回は特徴や教育方針、コースなどから分析したいと思います。

エポックの特徴

エポックが支持される理由を分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

エポック総合教育研究所3つのポイント
  1. バランスの良い理解と演習
  2. 科目にとらわれない指導
  3. スポーツ・健康学部専門コース「スポヨビ」

バランスの良い理解と演習

一般的な集団指導や1対1の個別指導では、解説中心になり演習が不足する傾向にあります。一方1対3を超える生徒数の多い個別指導では、演習に多くの時間を割くため知識が不足しがちです。

このような理解と演習のアンバランスを解消するために、エポックは1対2の個別指導を行っています。講師は担当する生徒が2人のみであるため、一人ひとりに対してきめ細かく指導できます。生徒一人だけを担当するわけでもないので、十分な演習時間の確保も可能です。

ただ苦手分野に関しては、通常授業の演習のみでは足りなくなってしまいます。そのためエポックは、演習中心の「自立型学習マイトレ」という授業を用意しています。段階別のオリジナルテキストにより、生徒は苦手分野を効率よく学習できます。

科目にとらわれない指導

エポックは、英語や国語といった学校の科目にとらわれない授業を行っています。一体どのような授業が展開されているのか、以下でその授業の一例について紹介していきます。

  • 時事問題 – 各年代で合ったトピックを分かりやすく解説しています。小学生には時事問題に興味や関心を持つように指導し、中学生・高校生には生徒が自分の意見や考えを述べられるように指導しています。
  • 速読講座 – 読書スピードの向上や集中力・記憶力の強化を目的とするコースです。ただ文章を読むだけでなく、ゲームも交えて学習できます。

このように学校の授業で受ける科目から一歩離れた内容を指導するため、生徒は関心を持って楽しみながら学習できるでしょう。

スポーツ・健康学部専門コース「スポヨビ」

エポックには、スポーツ・健康学部受験に特化した「スポヨビ」というコースがあります。

スポヨビでは、AO・推薦入試で重視される小論文への対策に力を入れています。一般的な塾が行う詰め込み型授業では養いきれない「自分の考えを主張する力」を伸ばすため、「考える・理解する授業」を中心に行います。具体例としては、子どもの体力低下や医療費の増大など現代社会の問題を扱っています。

大学に入ってから学ぶ内容と重なる部分もあるため、大学入学後や将来まで見据えた指導であるとも言えるでしょう。

エポックの教育方針

エポックは「得点アップ×学ぶ楽しさ」をテーマとして掲げています。

理解と演習のバランスを意識した授業や授業の科目にとらわれない指導は、まさにこのテーマを体現していると言えます。

つまらないと思いながら勉強しても、成績の伸びは悪いものです。得点力を鍛える授業と楽しく学べる指導が相乗効果を生み出すことで、大幅な成績アップが期待できるでしょう。

エポックの合格実績

残念ながら、エポックは2018年最新の合格実績を公表していませんが、これまでに以下の学校に合格者を輩出してきました。

中学受験:大宮開成中学、立教女学院中学、成城中学、他
高校受験:早稲田実業高校、都立青山高校、都立三田高校、他
大学受験:慶應義塾大学、早稲田大学、筑波大学、他

2018年最新の詳しい合格実績について知りたい方は、塾までお問い合わせください。

スタスタ塾コンシェルジュ

本当にその塾で大丈夫?
塾選びのプロがぴったりの塾見つけます

(無料)
LINE で聞いてみる

エポックのコース

ここまでエポックの強さの秘訣について分析してきましたが、実際にどのようなコースを受講できるのでしょうか?エポックではコース設計が発達段階ごとに異なっているので、それぞれ確認していきましょう。

エポック 小学生向けのコース

内容
小学生コース
  • 学校補習
    新学習指導要領で目指される「言語活動の充実」を軸にし、語句や漢字などの基礎学力を養います。
  • テスト対策
    近年小学校でも増えている定期試験での得点力アップをサポートするため、苦手科目対策や勉強法・ケアレスミスを減らす方法の指導を行っています。
  • 受験対策
    基礎から応用まで扱うオリジナルテキストによって、中堅校から難関校まで生徒の目的に合わせた指導を行います。
  • 時事問題
    中学受験において必須になる時事問題を、年代に合わせて分かりやすく解説しています。
  • 速読講座
    テレビや雑誌でも紹介されている速読システムによって、どのような科目でも応用できる読解力を伸ばしていきます。
  • 自立型学習マイトレ
    段階別のテキストによって、苦手分野を効率的に定着できるようにします。
  • 不登校コース
    生徒一人ひとりの目的に合わせて、無理のないカリキュラムを組んで指導しています。

エポック 中学生向けのコース

内容
中学生コース
  • 学校補習
    オリジナルテキストと学校の教材を併用して、思考力や判断力を養っています。
  • テスト対策
    各学校、各先生に合わせた対策を行っています。
  • 受験対策
    受験に影響する学校での内申の向上と、応用問題まで解ける力を養うことを目的としたコースです。
  • 時事問題
    入試での出題が多い時事問題を、生徒が自分の考えを述べられるように指導しています。
  • 速読講座
    テレビや雑誌でも紹介されている速読システムを用いて、どの科目にも応用できる読解力を養っています。
  • 自立型学習マイトレ
    段階別のテキストによって、苦手分野を効率的に定着できるようにします。
  • 不登校コース
    生徒一人ひとりへ無理のないカリキュラムを組んで指導しています。

エポック 高校生向けのコース

内容
高校生コース
  • 学校補習
    学校ごとの授業進度や難易度に合わせて無駄のカリキュラムを組み指導します。
  • テスト対策
    AO・推薦入試に向けて学校・先生ごとの傾向に合わせ、きめ細かな対策が行われています。
  • 受験対策
    センター試験から私立大学テスト、国公立二次試験まで幅広い目的に対応しています。
  • 時事問題
    入試問題で出題頻度の高い内容を中心に取り扱い、自身の意見や考えを論理的に展開できるように指導しています。
  • 速読講座
    テレビや雑誌でも紹介されている速読システムを用いて、どの科目でも通用する読解力を養います。
  • 自立型学習マイトレ
    段階別のテキストによって、苦手分野を効率的に定着できるようにします。
  • 不登校コース
    生徒一人ひとりに無理のないカリキュラムを組んでいます。

エポックの料金

エポックの料金は一般的な学習塾すると「平均的」な傾向にあります。

月謝に加え入会金21,000円、事務費700円(月間)、光熱費(年間)が必要になります。
詳しい月謝については以下の表をご確認ください。また回数割引制度があり、60分授業では週2回から1500円ずつ、80分授業では2000円ずつ合計金額から割り引かれます。

対象学年 授業時間 週1回 週2回 週3回
小学1年生~小学4年生 60分 11,970円 22,680円 32,130円
80分 15,960円 30,400円 42,840円
小学5年生~高校1年生 80分 16,800円 31,920円 45,360円
高校2年生 80分 17,640円 33,600円 47,880円
高校3年生 80分 18,480円 35,280円 50,400円
※表中の料金は全て税抜き価格です。

エポックの分析結果のまとめ

ここまでエポックについて紹介してきましたが、多くの保護者から支持される理由は何なのでしょうか?

特徴、教育方針、コースなどから分析した結果、生徒が楽しみながら得点力を鍛えられる授業と、様々なニーズに対応するための豊富なコースがその秘訣だと分かりました。

料金も平均的なので、集団指導や1対1の個別指導で成績が伸び悩んだお子様にオススメの選択肢と言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す