LINE で塾選びを相談する(無料)

全学年対象!「個別指導学院TOCO」にしかない独自の強みを徹底分析

全学年対象!「個別指導学院TOCO」にしかない独自の強みを徹底分析
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上、受験:中堅〜難関校向け
塾の規模 大手塾
東京都や埼玉県に5つの校舎を展開している「個別指導学院TOCO」は、幅広い学年に対応している個別指導塾です。

数多くの強みを持っているTOCOですが、その中でも他の学習塾にはない独自の強みとは一体何なのでしょうか?

今回は特徴、教育方針、合格実績などから分析していきます。

TOCOの特徴

他の学習塾とは異なるTOCOならではの強みを分析するために、まずは特徴から確認してみましょう。

個別指導学院TOCO3つのポイント
  1. オリジナルの勉強計画表
  2. 効率的な英語学習
  3. 成績向上のための多角的なアプローチ

オリジナルの勉強計画表

TOCOは開塾以来、「勉強の仕方がわからない」といった学習上の問題に向き合ってきました。その取り組みの一つが「魔法の計画表」という学習ノウハウの作成です。

「魔法の計画表」とはTOCOが独自に開発した勉強計画表で、講師が生徒に現在の成績や学習内容の中の分からない箇所などを聞き、多くの時間をかけて手書きで作成するものです。この計画表には、生徒が家で何を勉強すればよいかどのくらいのペースで進めればよいかなどがぎっしり書き込まれています。これまで300枚以上が作成され、同じものは2枚とありません。

「オリジナルカリキュラム」という取り組みは他の個別指導塾でよく耳にしますが、TOCOの特徴は全て手書きで、家庭学習についても丁寧にサポートしてくれるところです。自分にぴったり合った勉強を実現し、効果的に成績を上げられるでしょう。

効率的な英語学習

現在の日本では中学から高校までの6年間、英語を勉強してもあまり身につかないと言われています。

そこでTOCOは、最も効率的な英語習得法を地道に研究してきました。その結果、学校で学ぶよりもより早く正確に英語力が伸びる習得法を独自に開発。2000年に開校して以来、看板授業として英語を掲げて高校・大学受験で確かな実績を出しています。

また英検対策にも力を入れており、検定合格に向けた教材を多数用意しています。いきなり過去問を解かせるのではなく、3ステップに分けて段階的に指導することで、合格率90%を誇っています。

国際化社会において、今後も重要性が増していく「英語力」を習得できるのは大きな魅力です。結果が出ているTOCOの指導を受ければ、これまで苦手意識を感じていた生徒でもぐんぐん伸ばせるでしょう。

成績向上のための多角的なアプローチ

生徒の成績向上のために、TOCOは以下のようなアプローチを試みています。

  • 成績アップ保証:1科目20点アップまたは80点以上を保証します。
  • 先取り学習:学校よりも1〜2週間先の内容を勉強できるようになります。
  • 定期テスト予想問題を作成:各教科の専門講師が作成した予想問題を用いて、定期試験2週間前から学校の試験を模したテストの練習を行います。
  • テスト前の追加授業:普段習っていない科目を、試験直前は追加授業として指導してもらえます。
  • 講師研修:塾長が講師に直接指導法を伝授することで、講師の指導力アップにも取り組んでいます。
  • 入試問題予想:過去20年分の入試問題と近年の傾向を分析し、専門家が予想問題を作成します。
  • 定期通信を発行:生徒の成績向上のために取り組んでいることや他の受験校から直接仕入れた情報を、生徒や保護者の方に共有しています。

TOCOのように一つの指導スタイルにこだわらず、多角的なアプローチが可能であるということは、生徒の性格や学力に合わせて柔軟に対応できることを意味しています。あらゆる生徒の着実な成績アップにつながると言えます。

TOCOの教育方針

TOCOは「子どもたちに、効率学習の先にある自律・自制の力を与える」という教育方針を掲げています。

塾長の信田貴仁さんは「自分の目標に到達するための方法の中から自分に一番合った方法を見つけるには、自分を取り巻く環境をもう一度見直すことからはじめてみましょう。」と話しています。特徴で紹介したTOCOならではの学習計画表や英語学習法、その他のアプローチは生徒自身に目標を達成してもらうために最適な勉強方法を見つける手助けとなっています。

大手名門の集団指導塾が行っている講義形式の一斉授業ではなく、効率性を追求した「生徒主導の授業」を実現していると言えるでしょう。

TOCOの合格実績

ここまでTOCOの強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのでしょうか?2018年最新の合格実績を確認してみましょう。

2018年最新|個別指導学院TOCO 中学受験の合格実績

中学校名
武蔵野女子
西武台新座
目白研心

2018年最新|個別指導学院TOCO 高校受験の合格実績

高校名
都立武蔵野北
都立小金井北
都立駒場
都立石神井
都立清瀬
都立目黒
日大鶴ヶ丘
狭山ヶ丘
大宮
開成
星野
大東文化第一
豊島学院
東亜学院

2018年最新|個別指導学院TOCO 大学受験の合格実績

大学名
横浜国立
芝浦工
立教
学習院
日本女子
関西学院
日本
國學院
駒澤
獨協
武蔵野
清心女子
東京経済
帝京
大正

TOCOのコース

それではここから、TOCOで実際に受講できるコースについて確認しましょう。TOCOのコースは対象学年、指導スタイル、対象科目ごとに分かれています。

コース名 対象学年 指導スタイル 対象科目
公立進学コース 小学1〜6年生 講師1:生徒1 算数・国語・英語
講師1:生徒2
中学受験コース 小学3〜6年生 講師1:生徒1 算数・国語・理科・社会
講師1:生徒2
教科書対策コース 中学1〜3年生 講師1:生徒1 数学・国語・理科・社会・英語
講師1:生徒2
高校受験コース 中学1〜3年生 講師1:生徒1 数学・国語・理科・社会・英語
講師1:生徒2
教科書対策コース 高校1〜3年生 講師1:生徒1 英語・数学・古文・現代文・漢文・小論文・物理・化学・生物・日本史・世界史
講師1:生徒2 英語・数学・物理・化学+その他サポートシステム
大学受験コース 高校1〜3年生 講師1:生徒1 英語・数学・古文・現代文・漢文・小論文・物理・化学・生物・日本史・世界史
講師1:生徒2 英語・数学・物理・化学+その他サポートシステム

TOCOの料金

TOCOは受講するコースの種類と形態によって大きく料金が変わります。

詳しくはホームページからご確認いただけます。

TOCOの分析結果のまとめ

TOCOならではの強さの秘訣とは一体何なのでしょうか?今回は特徴、教育方針、合格実績などから分析を行いました。

結論、「独自に開発された学習計画表と英語習得法によって、生徒の自律・自立的な成績アップをサポートできること」だと分かりました。

TOCOが独自に開発した学習法は、他の学習塾で利用できません。無料体験授業も開催しているので、ぜひ一度その凄さを体感されてみてはいかがでしょうか?

シェアしよう

カテゴリから記事を探す