REO個別指導塾の合格実績や特徴、教育方針を解説【あなたの居場所に】

REO個別指導塾の合格実績や特徴、教育方針を解説【あなたの居場所に】
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1〜3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 受験:中堅〜難関校向け、学校成績向上
塾の規模 個人塾

横浜駅から徒歩5分に位置する「REO個別指導塾(以下、REO)」は、周辺に数多くの塾が乱立しているにも関わらず、遠くからわざわざ通っている塾生もいるほど人気な個別指導塾です。

近年個別指導塾を志向するご家庭が増えている中、一体なぜ人気を博しているのでしょうか?REOについてよく調べてみると、「教育方針を忠実に再現した授業運営」がその秘訣であることがわかりました。

そこで今回は、REOの特徴や教育方針を紹介した後、合格実績・コース・費用の観点からどのように教育方針が実現されているのか解説していきます。

REOの特徴

REOの教育方針を紹介する前に、そもそもREOとはどのような塾なのでしょうか?まずは特徴から抑えていきましょう。

REO個別指導塾3つのポイント
  1. 集中できる学習環境
  2. 生徒一人ひとりに対する手厚い指導
  3. 余計な費用をかけずに学習

集中できる学習環境

「進学塾」と聞くと、どうしても殺風景で無造作な教室をイメージしてしまう方が多いのではないでしょうか?

集団指導塾ですと、そのような教室で勉強しないといけないケースもありますが、個別指導を行っているREOでは授業スペースを個別に仕切り、他の講師や生徒が視界に入らないようにしています。しっかりと目の前の問題に向き合えるように完全個室になっていて、各室内のスペースも十分に確保されています。

「教材や講師よりも場所が大事」「家で集中して勉強できない」という方には、非常にオススメな環境が整っています。

生徒一人ひとりに対する手厚い指導

みなさんがイメージしている個別指導と、実際に行われている個別指導のイメージは意外と違うかもしれません。実は、個別指導にも2つのパターンがあり、講師が生徒数人を見回る「巡回型」とつきっきりで指導する「密着型」が存在しています。

REOは後者を採用しているので、生徒は今何を考え、どのように答えようとしているのか、このままいくとどこでつまづくのかなど、手厚く粘り強く指導できるのです。

「我が子をしっかり見て欲しい」「確実に成績アップしたい」という方にとっては、イメージ通りの個別指導塾だと言えるでしょう。

余計な費用をかけずに学習

REOは入塾直前と入塾後に、以下のような無料サービスを提供しています。

  • 無料体験授業 – 「百聞は一見に如かず」というのは、まさに塾選びのために生まれた言葉なのかと勘違いしてしまうくらい、実際に塾に通うことで様々な生の情報を手に入れられます。気になる方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
  • 無料の自習室 – 受験生で意外と多いのが「勉強する場所がない」という悩みです。家だと集中できないから、図書館に行ったら席が埋まっているということはよくあります。REOでは、そのような余計な悩みをかけずに済むでしょう。

塾側が「無料」でサービスを提供するということは、「それだけ重要なものだからぜひ利用して欲しい」という意味合いが込められているとも言えます。ぜひ、入塾前や入塾後に使用してみてください。

REOの教育方針

REOは「生徒一人ひとりの居場所であり続けること」を指導方針として掲げています。

個々と徹底的に向き合い、この塾に自分の居場所があることを感じてもらい、自らの意思や自主性を伸ばしていくことを目指しています。生徒一人ひとりにとって最適な学習環境が整って初めて、日々の勉強や知識のインプットに対して前向きになれるのでしょう。REOは生徒のココロに寄り添うことを最も大切にしていると言えます。

ここまでREOの特徴や教育方針を紹介してきたので、いよいよ分析に入りましょう。

REOの合格実績

まずは、合格実績からです。残念ながら、中学受験の合格実績以外公開されていませんが、下記の表はREO個別指導塾の教育方針を象徴していると言っても過言ではありません。では、どのように反映されているのか、詳しく解説していきます。

累計|REO個別指導塾 中学受験の合格実績

学校名
浅野
江戸川取手
神奈川学園
神奈川大学付属
鎌倉学園
関東学院
関東学院六浦
公文国際
渋谷教育学園渋谷
渋谷教育学園幕張
淑徳与野
逗子開成
洗足学園
学校名
捜神女学校
創価
中央大学横浜山手
東邦大東邦
藤嶺藤沢
日本大学
森村学院
山手学院
横浜英和女学院
横浜共立
横浜女学院
横浜隼人

個別指導塾のなかには、受験生を指導する際に「私たちはXXX学校を目指す生徒のみ担当しています。」と、あらかじめスタンスを決めてしまっている塾も少なくありません。これ自体は全く悪いことではありませんが、REOの教育方針とは乖離しています。

一方、REOの合格実績によると、神奈川で有名な中学校から東京の名門校まで、幅広く合格者を輩出していることがわかります。偏差値が最も高い学校と最も低い学校の偏差値の差が20以上あり、あらゆる学力の生徒が過去に在籍していたと言えるでしょう。学習塾として、少しでも偏差値の高い学校に進学させるのは使命なのかもしれません。しかし、一人ひとりが入学後も輝けるのであれば、無理して自分の実力以上の学校に合格するよりも、自分の実力に見合った学校に進学した方が良いに決まっています。だからこそ、この合格実績は個々に対して配慮することを意識した、REOの教育方針の象徴であると言えるのです。

REOのコース

REOは通塾目的に合わせて大きく4つのコースを設けています。それぞれのコースを詳しく分析していくと、指導している内容や授業の進め方は違いますが、その根底にある指導方針はしっかりと教育方針に結びついていました。

REO 中学受験コース

年々中学受験者数が増加しており、毎年競争は激化しています。小学6年生というまだ精神的にも幼い時期に、塾や親から「合格しろ」と圧力をかけられた子ども達は、その反動で入学後に勉強しなくなってしまえば、「入学後の学力ダウン」という悲しい学生生活を送ることになるかもしれません。また、せっかく中学受験に向けて頑張ったのにも関わらず、入学した学校の授業についていけず、友達もできないまま不登校になってしまうケースもあるそうです。

REOはこのような事態を引き起こさないように、将来を見据えた中学受験をサポートし、受験のために受験させないように心がけています。人間力も身につけられるように指導してもらえるので、生徒一人ひとりが人として成長でき、REOが自分の居場所となるのでしょう。

REO 私立中高一貫校生向けのコース

まだ精神的に未熟な生徒は、一体どのような時に「ここが自分の居場所だ!」と感じるのでしょうか?この問いに対する答えは数多くありますが、その中の一つに「自分のことをよくわかってくれる」と感じる人が身の回りにいれば、その人への親近感や信頼が増し、まるで自分の居場所のように感じられます。

この原理に基づき、REOはこのコースを全て私立中高一貫校の出身者や指導経験者に担当させています。公立中学に進学した講師よりも、私立中高一貫校生ならではの悩みや勉強面でのハードルをよく心得ている講師が指導してくれるので、学習面での相談はもちろん、生活面でも非常に頼りになるはずです。

REO 小中学生補習・高校受験コース

学校の勉強でつまづく原因の多くは、「基礎がしっかり固まっていないこと」だと言われています。そこまで発展的な学習を促す学校は少ないので、まずは地道にコツコツ頑張っていくしかないのです。

しかし、この過程で多くの生徒が脱落してしまいます。クラスの担任の先生に心無い言葉をかけられたり、周りの友達にからかわれたりしたことがある人も少なくないでしょう。REOはいきなり勉強をさせるように煽るのではなく、無理をしない程度に勉強の楽しさを少しずつ感じてもらい、その地道な積み重ねを蓄積していくことで、最終的にはあらゆる問題に挑戦できるだけの学力と意欲を身につけさせます。自分の居場所に身を置き、安心して学べるでしょう。

REO 不登校コース

不登校になってしまう理由は人それぞれですし、不登校を克服できた後に進もうと思っている目標や進路も生徒ごとに異なります。だからこそ、REOは決してマニュアルを作らず、その場の判断で最適な解決策を提示し、目標に向かって一緒に歩んでいきます。ただし、ノウハウはしっかりと蓄積し、スタッフの専門性やサポート体制の構築に役立てています。

不登校になるほどの悩みや不安を抱えている生徒達に対し、ゆっくりとじっくりと向き合うことが、自分の居場所を見つけてさらに成長していくための大きな一歩となるに違いありません。

REOの料金

REOは授業頻度ごとに料金設定が行なっており、受講すればするだけ費用がかかる体制になっています。一般的な塾でここまで授業頻度を細かく分類している塾は非常に少なく、あらゆる生徒によって通いやすい条件を提示してくれていると受け取れます。

ただし、料金は他の大手塾と比べると高額になっています。教育方針を忠実に再現し、かつ結果を残しているREOに通うためには、必要な軍資金とも言えるでしょう。

授業頻度 月謝(税込)
週1 16,416円
週2 32,832円
週3 49,248円
週4 65,664円
週5 82,080円

REOの分析結果のまとめ

今回は、「教育方針を忠実に再現した授業運営」がREOの人気の秘訣なのではないかと仮説を立て、合格実績やコースなどのあらゆる面から分析してきました。

結論、「やはりREOの教育方針は忠実に再現されている」と分かりました。特にコース設計に関しては、各コースの方針を明文化しており、その方針が教育方針に紐づいていることから、本当に生徒の居場所になるような授業運営がなされていると考えられます。

REOの教育方針に共感した方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

カテゴリから記事を探す