LINE で塾選びを相談する(無料)

【徹底解説】おすすめ英語民間試験「TOEFL Primary」は小学生に最適!?

181-elem-eng-exam-toeflprm
キーポイント

✔難易度が小学生に合わせてある。

✔将来必要になるTOEFLの準備ができる。

✔合否ではなく点数形式のため、現状と伸びを把握しやすい。

2020年度から小学校での新学習指導要領の運用がスタートします。その中で大きく変更されるのが英語教育。国際化に対応できる人材の育成のために、小学校において英語教育が拡充されます。

これからは小学校、中学や高校、大学受験、そして社会に出ても英語力が試される場面が増えていきます。そのため、基礎を作る小学校での英語学習は肝心です。

そこで現在の力を測定し、課題を明確にするのに使いたいのが検定試験です。様々な種類の試験があり、その中でも世界的に広く使われているのがTOEFLと言えるでしょう。小中学生を対象としたTOEFL Primaryは、英語学習の導入としても人気があります。

この記事ではTOEFL Primaryの特徴やメリットなどを詳しく解説します。テストを上手に使って、お子さんのモチベーションを上げたい方は参考にしてください。

新学習指導要領で英語教育はどう変わる?

2020年度から小学校では新学習指導要領が実施され、科目の中でも扱いが大きく変わるのが英語。これまでは小学5・6年生が週に1コマ程度の英語の授業を受けていました。

ですが新学習指導要領では、小学3・4年生から週に1コマ程度、小学5・6年生になると週に2コマ程度の英語の授業が行われます。3・4年生時では「外国語活動」になりますが、5・6年生時には「教科」となり成績がつけられます。

また新学習指導要領で重要視されるということは、受験などの場面でも英語の比重が増えてくることにつながります。学校での英語教育だけではなく、時に各家庭での対応も必要になってくるのです。

英語を学ぶために学習塾を利用する家庭が増えることが予想されます。また、民間の英語試験を活用して英語力を定期的に測定することも有効な手段になってきますね。

TOEFL とは!世界で使われる英語テスト

日本で英語試験というと、受験者数が多い英検や就職活動などで使われるTOEICが有名です。しかし世界的に見て、英語を母国語としない人を対象としたテストとして広く使われているのは、TOEFLと言えるでしょう。

TOEFLスコアは、世界150か国以上で、1万を超える機関が評価に使っているとされ、これまでのトータル受験者数は3500万人を超えています。1964年から開始したテストで歴史があり、規模も大きいだけに信頼感はとても高いと言えるでしょう。また海外進学や留学の際には、TOEFLもしくはIELTSのスコアが使われる場合がほとんどです。

TOEFLには、大学教養レベルの英語力を測定するTOEFL iBTやTOEFL ITP以外に、中高生向けのTOEFL Juniorと小中学生向けのTOEFL Primaryがあります。

TOEFL Primaryの目的と特徴

TOEFL Primaryの対象は主に小学生と中学生で、英語初級者から少しコミュニケーションを取れる程度の人を対象にしています。いわばTOEFLの入門編であり、これから英語学習を本格的にスタートしていく人の最初のステップとして最適です。

TOEFL Primaryの主な目的は、英語力の現状と伸びを客観的なスコアで理解すること。英語学習を進める中での心強いパートナーになると考えるといいですね。また学校の試験のように、単語や文法、構文の知識などを測るだけではなくコミュニケーション能力の測定に特化しているのも特徴です。

しかしTOEFL Primaryで測れるのは、リーディングとリスニングになります。スピーキングはTOEFL Primary Speakingがありますが、ライティングの試験はありません。

結果は得点で表示!成長がわかりやすい

TOEFL Primaryでは、日本の英語検定のように合否で判断されることはありません。得点はスコアの表示と、Step1のテストだと4段階、Step2のテストだと5段階での評価の両方で行われます。

テストの難易度は毎回同じくらいになるように調整されているので、自分の英語力がどれくらい向上したかを測るために使えます。

外国語能力の評価に使われることの多いヨーロッパ言語共通参照枠、通称CEFRに換算した時のレべルも表示されるので、子どもの頃から世界を意識した学習を進められるのも魅力です。

TOEFLの準備としても最適

将来的に海外の大学に留学しようと考えている場合、TOEFLのスコアが必要になるケースは。レベルが高く、日本の高校で行われるテストとは形式が違うので戸惑う人も少なくありません。

小学生の頃からTOEFL Primaryを受験しておけば、いざTOEFLを受けるとなった時にも心構えができているのもいいですね。英語力を伸ばせるのはもちろん、テスト形式に慣れておくことにより本番で緊張することもないでしょう。

TOEFL Primaryには2種類のテストがある

TOEFL Primaryには、TOEFL PrimaryStep1・Step2とTOEFL Primary Speaking の2種類のテストが用意されています。それぞれどのような特徴を持ったテストか見ていきましょう。

TOEFL PrimaryStep1・Step2

TOEFL PrimaryStep1・Step2は、TOEFLテストの中で最も難易度が低く、英語学習を始めたばかりの人でも受けることができるテストです。主に小中学生を対象としています。

テストはリーディングとリスニングの2分野から構成されていて、テスト時間は60分。大学生活やアカデミックな内容がメインとなるTOEFL iBTとは違い、小中学生の学校生活などがテーマとなっていて回答しやすいのも特徴です。

回答方法は3択で、問題数はStep1がリーディング39問、リスニング41問の合計80問。Step2がリーディング37問、リスニング39問の合計76問です。

TOEFL PrimaryStep1・Step2は3,880円(税込)で受験できます。本格的な英語学習の第一歩を踏み出す時に、受験料などが抑えられているのは嬉しいポイントですね。

Step1とStep2の違い

TOEFL PrimaryStep1とStep2は、どちらも英語学習の最初の一歩として使うテストに最適だと言えるでしょう。2つの違いは難易度です。試験時間は両方ともリーディングが約30分、リスニングが約30分の合計60分程度なので変わりません。

Step1は英語初級学習者が受けるように作られていて、よりハードルが低くなっています。英語学習を始めたばかりの小学生が受験する場合にはStep1から挑戦するのがおすすめです。

CEFRに換算するとA1未満~A2程度のレベル。CEFRはA1、A2、B1、B2、C1、C2の順に英語レベルが高くなっていくので、Step1が初級者を対象としているのがわかりますね。日本の実用英語技能検定で換算すると、3級~4級程度のレベルと言われることもあります。

Step2は英語を用いて少しならコミュニケーション可能な英語学習者が対象者となっています。CEFRだとA1未満~B1に換算されて、より英語になじんだ人が受験するのに適しているでしょう。日本の実用英語技能検定だと準2級~3級程度とされることもあり、問題の難易度が上がります。

まずはStep1からスタートして、慣れてきたらStep2に進んでいくのがおすすめです。英語力の伸びを見ながら受験するテストを判断してください。

TOEFL Primary Speaking

TOEFL Primary Speakingは、TOEFL PrimaryStep1・Step2では測定できない「話す力」を測定するテストです。英語で話すことができない日本人は多いと言われています。学校で習得する読み・書きは確かに重要ですが、それは話すための手段で、英語教育の目的ではありません。ですので小学生のうちから、スピーキングの練習をすることは非常に重要なのです。

試験時間は約20分、問題数は7問~10問、解答をパソコンに吹き込む形式です。テスト内容も日常生活でのコミュニケーションや簡単な依頼、人や動物の描写など、英語学習初級者を対象としています。 スピーキングの問題は解答時間が限られているので、日頃から英語で考え、話す練習が欠かせません。家族や友達に向かって話をするのも、いい訓練になります。

実際に使える英語力を身につけるためには、間違いを恐れずにどんどん話していくことがカギを握るでしょう。受験料は6,600円(税込)になっています。

まとめ

2020年度の小学校での新学習指導要領の実施に伴って、英語教育がさらに重視されるようになります。

学校での授業に集中することも大切ですが、TOEFL Primaryなどの試験を活用して英語力をさらに高めていきたいところです。小学校からTOEFL Primaryを受験することで、将来的に海外の大学や大学院に留学する際にも使えるTOEFL に慣れておくこともできますね。

世界的に普及しているTOEFL Primaryは信頼性の高い英語試験です。上手に使って、英語力をアップしていきましょう。

また英語力を向上させてくれる塾をお探しでしたら、スタスタの塾コンシェルジュにご相談ください。お子様にぴったり合った塾をご紹介します。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す